スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

これはひどい

 ついさっき、マイミクの生方則孝さんの日記で以下の情報を知り「なんじゃこりゃあああああああああ!?」と思わず松田優作しそうになりました。

http://www.amakiblog.com/archives/2007/12/11/#000620

 もともとの出典は雑誌『文藝春秋』のようです。2008年度からスタートするという「特定健康診査・特定保険指導」についてなのですが、これは正直言って僕はまったく知りませんでした。要は「メタボ退治」と称してウエスト、血圧、中性脂肪値、空腹時血糖値などの基準を定め、適正値を達成できない人には「自己責任」として最大10%の医療費アップを課することを官僚はまじめに検討中なのだそうです。指導の理由は「メタボだと早死にするから」だとか。

 理由はまあいいとしても、対策の部分については、何か根本的なところでまるっきりあさっての方向に間違ってるような気がするのですが…。これってどう見ても立派な(?)管理国家であり、それこそGeorge Orwell(懐かしい!)がかつて描いた恐怖の未来図を彷彿とさせるものです。そもそも、日本は「小さな政府」を目指しているはずなのに、どうして国家による統制を(ついでに言うと課税も)強めようとするのでしょう?日本の官僚や政治家たちって、本当にほんとうに頭大丈夫なんでしょうか?

 小泉政権以降、政治家や官僚の知能レベルを本気で疑わざるを得ないような出来事があまりにも多すぎます。日本という国、このままだと冗談抜きで本当に崩壊しますよ。いや、あるいはすでに崩壊の過程にあるのかも知れませんが…。

 これはもう、みんな国外移住(脱出)も視野に入れた人生設計を本気で考えたほうがいいのではないでしょうか。だって、日本という国は国民を幸せにはしないし、それどころか国民の幸福を放棄し、積極的に不幸へと追いやろうとしているのですから。
 ちなみに僕、ずっと若い頃に、アメリカのグリーンカードのLotteryに応募しようと思って弁護士事務所に相談しに行ったことがあります(笑)。
スポンサーサイト
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

老害大国・日本

前回の続き。
URLをさかのぼっていろいろ見ていたら、さらに香ばしいものを発見した。

http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/1report.html

以下の文言を見てひっくり返った。

 私たち人間はすべて生かされて生きている。
 誰があなた達に、炊き立てのご飯を食べられるようにしてくれたか。誰があなた達に冷えたビールを飲める体制を作ってくれたか。そして何よりも、誰が安らかな眠りや、週末の旅行を可能なものにしてくれたか。私たちは誰もが、そのことに感謝を忘れないことだ。


いちばん最初の一文はまあ、いい。間違ってはいない。問題はその後である。
要するにこれって、今の社会を作ったのはすべて年長者、いやもっとはっきり言おう、団塊の世代以上のおれたちなのだ、おれたちは偉いんだから無条件で敬え、若い世代は何もしてないんだから文句を垂れず言うことを聞け、ということじゃないのか?
誰がバブルを誘発し、その崩壊後のえんえん続く不景気を作り出したのか。そのあおりをまともに食らったのは若い世代である。業種や企業にもよるが、若い人は正社員になかなかなれず、なれても給料は上がらずサービス残業の嵐、しかも退職金はどんどん削られていく。数字のまやかしで景気は上向いているというが、圧倒的多数の国民が生活が苦しい、将来に不安があると考える社会を作り出したのはいったい誰なのか。
年寄り連中ががっぽり退職金をもらって退職する一方でまだ若い働き盛りの親がリストラされ、お金がなくて進学を諦めざるを得ない子供が大量生産されている社会にしたのはいったい誰なのか。
社会の富をさんざん吸い尽くしておいて、そのツケを全部若い世代に丸投げして自分たちは安穏とした生活を続けようとしているのはいったい誰なのか。
なるほど、そういう意味ではまさに今の社会を作ったのは彼ら年寄り連中ではある。
いま、若い世代の少なからぬ人たちは、炊きたてのご飯なんか食べられないし、冷えたビールも飲めないし(飲めてもせいぜい発泡酒)、安らかな眠りも取れていないし(睡眠障害含む)、週末の旅行なんかとんでもない、という状況に置かれているのだ。年を取って働けなくなった後の保証も何もない。下手すれば野垂れ死にである。これでいったい何に感謝しろというのか。出生率が下がっていると嘆く前に、こういう根本的な部分を改善しなければ安心して子供も作れないのだという至極簡単なことがどうしてわからないのだろう。
なるほど、たとえばアメリカなどは確かに実力主義であり、格差社会である。しかしそれをカバーし、ケアするための社会の仕組みや精神というものもちゃんとあるのだ。しかし日本にはそれがない。
だいたい、日本のいまの年長の世代には人間的に見ても魅力を感じる者が、皆無とは言わないがきわめて少ない。自分が年をとったときにこんな風にはなりたくないなあ、としか思えない連中が多すぎる。それを強制的に敬えと言われても無理である。だいたい、敬いの心なんてのは自然発生的であるべきで、強制されるべきものではない。
いまの日本の年寄り政治家や有識者のバカさ加減にはほとほと呆れ果てる。こいつらがさっさと消えて世代交代しないと日本という国は本気で腐り果てて滅びるのではないだろうか。 にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

日本政府による「教育改革」の正体

村井康司さんの日記で知って仰天した。首相官邸サイトにある、教育改革国民会議の資料である。委員による発言の概要だということだ。

http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai4/1-4siryou1.html

・団地、マンション等に「床の間」を作る
・遠足でバスを使わせない、お寺で3~5時間座らせる等の「我慢の教育」をする
・地域の偉人の副読本を作成・配布する
・学校に畳の部屋を作る
・簡素な宿舎で約2週間共同生活を行い肉体労働をする
・満18歳で全ての国民に1年ないし2年間の奉仕活動を義務づける
・「ここで時代が変わった」「変わらないと日本が滅びる」というようなことをアナウンスし、ショック療法を行う
・バーチャル・リアリティは悪であるということをハッキリと言う
・警察OBを学校に常駐させる
・名刺に信念を書くなど、大人一人一人が座右の銘、信念を明示する 

上記はその一部を抜粋したものであるが、一目瞭然、ピントずれまくりの時代錯誤のバカ丸出し発言がてんこ盛りになっている。まるで第二次世界大戦前の軍国主義へと突き進んでいた日本か、あるいは現在の北○鮮かと見紛うばかりである。ひとのことを言う前にまずおまえらが変われよ、いつの時代のどこの世界の発想なんだ、おまえらのほうが時代からはるかに取り残されかけ離れてるじゃねえか、と呆れるばかりだ。本当に現代社会の現実がまるっきり何ひとつわかってないのが露呈していて愕然とする。こんな連中が「改革」を語るなんてちゃんちゃらおかしい。
しかしこれで終わりではない。とどめにこのような発言があるのだ。

子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう

こいつら正気か???
子供をいったい何だと思っているのか。
本気で頭が狂っているとしか思えない。
こんな連中がいるから子供の自殺が増えるのだ。
日本を滅ぼすのは今の子供ではない。
こんなキチガイ沙汰をほざいて日本の教育をおかしくし、子供をおかしくし、国民をおかしくしようとしている日本政府である。
いまの政治家と「有識者」と称する連中は全員リストラすべきであろう。 にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。