スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

そうだ

寝る前にこれだけは言っておかなければ。
本村洋さん、10年もかかりましたが、ようやくひと段落つきましたね。あの愉快な弁護団は最高裁に上告するかも知れませんが、最高裁は「無期懲役?軽すぎるんじゃボケ。きっちりやらんかい」と言って差し戻したのですから、まず死刑判決が覆ることはないでしょう。
あなたの知性と、それを支える意志の力には尊敬の念を覚えずにはいられません。まずは月並みですが、お疲れさまと言いたいです。それ以外に言葉が思いつきません。

「アドレな!ガレッジ」と「PLATOn」についてはまた明日。

スポンサーサイト
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 本村洋

気分が暗くなる

 前回エントリーのコメントへの返事でも触れたが、「離婚後300日以内に生まれた子は前夫との子とする」という民法規定の改正案、自民党のバカどものせいで葬られたようだ。
 衆議院議員・稲田朋美氏のコメントには特にあきれ返った。

「DNA鑑定という生物学的なものを法制度に持ち込むべきでない。届け出で不貞の子を認めるようなPT案には反対だ」

 前半については本気で言っている意味がわからない。なぜ生物学的なものを法制度に持ち込んではいけないのか。どういう思考回路なのかまったく理解不能である。何か科学的なものに対する致命的な無知と偏見があるのではないか。
 後半も、稲田氏がまるっきりこの改正案の意味を理解できていないことを露呈している。なぜここでいきなり「不貞の子」の話になるのか。夫婦生活が破綻して長く別居した後に離婚した場合とか、前夫が単に嫌がらせで離婚届にいつまでも判を押さないままずるずる引き延ばしていたりとか、そういうケースで離婚成立前に生まれた子供を救済するための改正案なのではないのか。なぜいきなり不貞の話になってしまうのかさっぱりわからない。そもそもそういうものを「不貞」と呼ぶべきなのか。科学だけでなく人間というものも何ひとつわかっていないとしか思えない。それに何よりもそんな台詞が女性から出てきたというのが驚きである。確かに、女性の敵は女性とも言うが…。

 もうひとつ前の回のエントリーであるTBSの捏造問題も、TBS側はいまだに郷原信郎氏からの公開質問状を完全に無視しつづけている状態だ。しかも、他のTV局までもがまるで申しあわせたかのように見事にだんまりを決め込んでいる。非常に気味が悪い。
 さらに驚いたことに、この件も含め取材を申し込んだいくつかのマスコミに対し、TBSがなんと「取材拒否」を発動したというのだ。開いた口がふさがらないとはまさにこのことである。不二家をはじめ獲物を見つければ「知る権利」とか「報道の自由」「言論の自由」などといった大義名分を振りかざし、嫌がるのも構わずハゲタカのように襲いかかっていた(しかも捏造までしていた)その張本人が、いざ自分たちが取材される側になると「取材拒否」というのは、もう何と言うか、はっきり言って正気とは思えない。報道機関として完全に失格である。今後はTBSから取材が来ても、みんな取材拒否すればよいのだ。TBSにはそれに対して文句を言う資格はまったくない。
 他にも、TBSは画面テロップを実際に流れているコメントとはまったく違う内容に捏造したり、サブリミナル手法や類似の方法を用いた印象操作とおぼしき不自然な「演出」を繰り返したり、つい最近でも格闘家の桜庭和志氏を非難する書き込みのあるインターネット掲示板の画面を捏造して映したりしている。もはやデタラメとしか言いようがない。

 日本の民放は総じてレベルが低いが、その中でも悪質さでTBSは突出している。放送事業の公共性と影響の強さを考えると、TBSは放送局免許を与えられるに値しないと思う。不二家に対して「廃業してもらいたい」などと言っている場合ではない。TBSこそ廃業すべきなのではないか? …もちろん、これはTBSに対する「励ましの言葉」である(笑)。

 ちなみに僕は今日、仕事の帰りに不二家のお店に寄り「生クリームINカスタードシュークリーム」を買ってきた。もちろん、これは不二家に対する(本来の意味での)励ましである。 にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

時代遅れの法律

 民法に「離婚後300日以内に生まれた子は前夫との子とする」という規定があるそうだが、こんど、離婚後に妊娠したことを示す医師の証明書を添付すれば、再婚した夫との子として届け出ることが認められることになるのだそうだ。
 新しい夫との子供であっても、早産で300日経たないうちに子供が生まれるケースでは、これまでの規定では「前夫の子」として扱われてしまっていた。それに対する救済措置なのだという。
 でも、離婚の手続きや裁判が長引いたりして、正式に離婚が成立する前に妊娠した場合は、今までと変わらず「前夫の子」とされてしまうのだそうだ。
 これは明らかにおかしいのではないか。そもそも、なぜ日数で決めなくてはいけないのか理解できない。
 確かにこの法律ができた頃はまだDNA鑑定もなかったし、日数で判断するより他に方法がなかったのだろうが、今ではミトコンドリアDNA鑑定でかなりの精度で母子関係がわかるようになっている。科学的根拠のない、日数による曖昧な判断ではなく、DNA鑑定を導入して「現夫の子」と証明されれば認定するように改めるべきなのではないかと思うのだが。
 これは代理母出産についても同様である。両親のDNAを受け継ぐ子供はその両親の子として認めるべきだ。代理母出産に反対する人たちの意見を聞いていると、曖昧で科学的根拠がなく、現実を見ずにただ机上で表面的に言葉を弄んでいるだけのものばかりで苛々してくる。
 テクノロジーの発達などによって新しい解決方法が見つかり、その結果時代遅れとなった法律は、実情に合わせて適宜改正していくべきだと思う。 にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

And now...

 まだパソコン通信の時代にネットを始めて十数年、ネット上で日記を書くということは一度もしたことがなかったのだが(日記そのものも小学生のとき以来ではないだろうか)ふと思い立って久しぶりに書いてみることにした。
 果たしていつまで続くかわからないが、こちらは日々の雑感とでもいうような軽めの感じで、ぼつぼつ書いていこうと思う。

 何やら国会では、例の改正著作権法が衆議院を通過してしまったという話だ。それについては別のところであらためて書くつもりだが、まあ、日本の政治家のほとんどはやっぱり一般の国民のことなんか何も考えてないし何も知らないのだ、ということを再確認した次第である。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。