スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

head-butt

 ワールドカップ決勝でのジダン選手の頭突き事件が世界じゅうで喧々諤々の大論争を巻き起こしている。The TimesもNew York TimesもCNNもBBCも、ワールドカップの特設blogのコメント欄やディスカッション・ボードでは各国のサッカー・ファンたちが入り乱れて、ああでもないこうでもないと熱い論戦を繰り広げている。
 僕もどさくさに紛れていろいろ書き込んだのだが(もちろん変名)、参加者の大部分は非常にサッカーをよく知っていて、誰かが「以前にこんなことがあったような」というようなことを書き込むと、すぐに「それは何年のどこそこでの大会でのだれそれのプレイだ」と指摘が入る。しかもそのときの映像がすでにYouTubeに上がっていたりする。これはなかなかに面白い経験ではあった。
 で、肝心の頭突き事件についてだが、何しろ今の時点では一次情報が少なすぎて何を言っても憶測の域を出ない。マテラッツィ選手が口を開きはじめてはいるが、言っている内容はと言えばただ自分が被害者であることをアピールしているだけであって、要するにファウルをもぎ取るための倒れる演技と同じである。したがって、それをそのまま鵜呑みにすることはできない。
 マスコミ各社は読唇術まで駆使して詳細な調査をおこなっているが、おそらく、マテラッツィ選手がジダンに対して、彼の民族的バックグラウンドにかかわる侮辱的な言葉を吐いたのはほぼ間違いないのではないかと思う。これは最初にTVで見たときにすぐにピンときた。僕自身、アメリカにいたときに人種差別を実際に受けた経験があるからかも知れない。また、ジダンの家族にも絡めて侮辱したのではないかという推測もなされているようだ。
 FIFAは最近、正式に人種差別に反対することを宣言した。大会規則も改訂し、ワールドカップの試合中に人種差別的な中傷をおこなうと最悪で失格処分もありうるという厳しい姿勢を打ち出している。その背景には、ヨーロッパのサッカー界に根強く残っている人種差別の問題が存在する。特にイタリアでの、アフリカ出身の選手に対する差別は相当なものらしい。したがって、本当に差別的な侮辱の言葉を吐いていたのだとすれば、マテラッツィ選手も処罰を免れることはできないだろう。
 ジダンの頭突きという行為そのものは、レッドカードを食らっても仕方のないものではある。そのことを否定する気はさらさらない。しかし、たとえ挑発するためであるにせよ、人種差別的な侮辱は最悪である。FIFAは事実をしっかり調査し、しかるべき者にしかるべき処分をくだすべきだろう。

 それにしても、あのジダン選手のヘッドバット、実にきれいに決まったなあ、と思ったのは僕だけだろうか。
スポンサーサイト
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : ワールドカップ ジネディーヌ・ジダン マルコ・マテラッツィ

中田英寿

 中田英寿が現役引退を発表した。仕方ないのかも知れない。彼と同等の頭脳を持った者が他に誰もいなかったのだ。ほとほと疲れ果てたのではないだろうか。
 彼の文章を読んだり、彼の言動を見聞きすればすぐにわかることだが、中田はきわめて知的で、かつきわめてまともな人間である。彼は絶対に思考停止に逃げ込むことはしない。今回のワールドカップでは「気持ちの問題だ」「ハングリーさが足りない」というような意味のことを何度も言っていたが、これとて単なる大日本体育会系の無意味かつヒステリックな根性主義とはまったくの別物だ。彼は日本代表の現状をきちんと分析し、その結果をふまえて、平均的な日本人にも理解しやすいように言葉を選んで言っただけなのである。しかし案の定、多くの日本人はそれを正しく理解しなかった。7月4日付の共同通信のニュースから引用してみよう。

「しかし、国際経験を重ね、引退を思い定めた最後のW杯前に行き着いたのは技術、戦術以前の戦う姿勢や気持ちの問題だった。」

 なぜ技術や戦術「以前」の話になるのか。なぜ技術や戦術の話を勝手に脇に置いてしまうのか。これこそが多くの日本人がいまだに陥っている空疎かつ無意味なカミカゼ的精神至上主義である。これだから日本はいつまで経っても他国と正面からガチでやりあうことができないのだ。情けないを通り越して正直、気持ち悪い。
 中田が言っているのはまったく違うことなのである。つまり、技術や戦術はすでに持っていることが大前提の話なのだ。だいたい、それがなければワールドカップの舞台になど上がることさえできない。中田は、高度な技術や戦術をきちんと身につけた上で、プラスアルファとして戦う姿勢や気持ちが必要だと言っているのだ。もちろん、ジーコが言っているのもまったく同じことである。ジーコの失敗は、おそらくはその点を誤算したことにあった。いや、もっとはっきり言えば、日本の選手を買いかぶりすぎてしまったのだ。中田と同じレベルでものごとを理解している選手がせめてあと2人いれば、チームは数倍ましなものになったかも知れないが、さすがにたったひとりでは無理がある。
 中田はおそらく、今後ビジネスの世界に入っても、すぐ一流になることができるだろう。しかし日本サッカー界は、中田が抜けた穴を埋めるのに10年以上かかるのではないだろうか。オシム氏、もしかしたら今ごろ「しまった!」と思っているかも知れない。 にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 中田英寿 日本人

World Cup

 サッカーのワールドカップで日本は決勝トーナメントに残れず敗退した。そんなもんだろうな、というのが正直な感想だ。前回はホームでのゲームだったので勝てた部分がかなり大きかったと思う。今回の結果が現在の実力を正直に表わしていると見るべきだろう。
 日本のTV中継はとにかく気持ち悪かった。アナウンサーや、解説者と称する元選手たちがいろんなことを言っていたわけだが、必ずと言っていいほど最後は「とにかく~しかない」という思考停止に陥っていた。ポジショニングとか戦術などの詳細な分析は無きに等しかった。
 これはつまりは大日本帝国的ヒステリックかつ無責任な根性主義である。きちんと理性で考えて、明確なイメージをもって意志の力で行動するのではなく、何も考えずただやみくもにやっていれば、そのうちカミカゼが吹いてどうにかなるだろうという甘ったれた考え方である。それがもっとも露骨に出たのが第二次大戦だったわけだが、あいかわらず日本人は何も学んでいないというわけなのだ。
 出張でロンドンに滞在していた時にもBBCだのITNだので長い時間を割いてワールドカップを取り上げていたが、そこでは実に詳細な分析と解説が行われていた。「とにかく~しかない」などという、実際には何も言っていないに等しい馬鹿げた精神主義的な台詞は誰も言っていなかった。
 日本人は過去の失敗から学んで次につなげていくということが決定的に下手である。何か失敗しても、結局は「済んだことは忘れて、気持ちを切り替える」とか「水に流す」とか「禊を済ます」などといったことで終わらせてしまい、積極的に忘れてしまおうとする。スポーツの世界や政治の世界では特に多い。なお悪いことに、無理に相手をとことん打ち負かして勝たなくても、そこそこ行ければいい、というような考え方さえある。だからいつまで経っても同じ間違いを繰り返すし、いつまで経っても世界で対等にやりあうことができない。
 今の日本サッカーでそのような現状を明確に分かっていて、しかもそれを打破すべく実際に行動しているのは中田英寿だけだ。彼は単なる日本的な「根性」と、理性による「意志の力」との違いを判っている。だからジーコは中田に敬意を表したのである。ジーコが口をすっぱくして言っていたのも「意志の力」だからだ。
 ここ数年ほど、陸上競技やスケートなどの個人競技ではまともな選手がかなり出てきたが、団体競技ではまだまだである。日本の団体競技の選手で、そういう真のプロ意識を持っているのは、中田の他にはイチローぐらいしかいないのではないだろうか。
 まだまだ道は遠いと言わざるを得ない。 にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : ワールドカップ 中田英寿 日本人

プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。