スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

悲しいことが多すぎる

 ヴァージニア工科大学(Virginia Tech)でアジア系の留学生と思われる男が銃を乱射し、合計32人を射殺して自殺したという。
 「またか」というのが正直な感想だ。誰でも自由に銃を買うことができるアメリカでは、このような事件はいつ起こっても不思議ではない。何しろ、WAL-MARTのような普通のスーパーマーケットでも、「スポーツ用品」扱いで普通にライフルを売っているのだから。僕も20年近く前にアメリカの大学に留学していたとき、地元のWAL-MARTで実際に見かけて思わず「うううううむ」と唸ってしまったものだ。Columbine High Schoolでのあの惨劇や、それをきっかけに制作されたドキュメンタリー映画『Bowling for Columbine』を思い出した人も多いのではないだろうか。
 せめて銃の保持を免許制にできるよう改憲し(現行の合衆国憲法のもとでは、国民が武器を所有し携帯する権利は損なうことができない、とされている)きちんとしかるべき機関でコントロールできるようにしないと、同じような事件はまた起きるに違いない。
 ところで、日本のマスコミのインタビューに答えている日本人の留学生や講師が、口を揃えて「こんな平和な街で、まさか」「こんな田舎なのに」という類のコメントをしているが、実はアメリカで起きている乱射事件や連続殺人のほとんどは「田舎」で起きているのだ。殺人事件そのものはもちろん都市部でも数多く発生しているのだが、あっと驚く大量殺人はほぼすべて、一見のどかで平和そうな田舎町で起きている。田舎だからといって安心はできないのである。

 などと言っていたら、日本でも現職の長崎市長が狙撃されて心肺停止状態だという。ああ。悲しいことが多すぎる。
スポンサーサイト
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

美容室

 熱は下がったもののまだお腹の調子が変だったので、大事を取って今日は仕事を休みました。おかげでほぼ復調。明日は仕事に行けるかな。

 そういえば、いいかげん髪を切らなきゃいけないんだよなあ。前に住んでたところでは、家から歩いて行ける距離に夜9時までやってて男ひとりでも入りやすくて値段も手頃な店があったので重宝していたんだけど、いま住んでるところはそもそも近所に美容室が一軒も見当たらない。渋谷か三軒茶屋あたりにどこかいい店はないものか。
 あ、そういえば以前、神保町の新刊書店や古書店に入りびたっていた頃、神保町交差点のあたりの歩道でメンズ専門の美容室の割引券(だと思う。実際にもらったことはないけど、男にだけ声かけてたからたぶんそうだろう)を配っているあんちゃん(ときどきねーちゃん)を必ず見かけたけれど、まだいるのかな。 にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

また発熱

 昨日の昼過ぎあたりから気分が悪くなってきて、会社の健康管理室に行ったら熱が出てました。またかよー。
 それで昨日は薬もらって定時で帰宅。かなりふらふらの状態で家にたどり着き、着替えるなり薬飲んでベッドにもぐり込みそのまま爆睡。朝一度目覚めてまたうつらうつら。お昼になっていいかげん寝ているのに疲れたので無理矢理起きました。
 今日はいいかげんソファ決めに渋谷に行きたかったんだけど、ちょっとこの体調じゃ厳しいかなあ。資格試験の勉強もしなきゃいけないし(あと約一週間。準備ぜんぜんできてないっすw)。ううううう。 にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

Cute Knut

9a97b5c7.jpg 気分が殺伐としてきたので、Knutでも見てなごむことにしよう。ベルリンの動物園にいるシロクマの子供だ。
 いっしょに写っているのはKnutの飼育係のThomas Dörflein氏。Knutが生まれてすぐ母グマが育児放棄してしまったので、彼が親代わりとなり、ずっとつきっきりで育ててきたのだとか。
 動物園の公式サイトもあるのだが、死ぬほど重いので、SPIEGEL INTERNATIONALのサイトのほうをお勧めする。

http://www.spiegel.de/international/0,1518,k-7098,00.html
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

気分が暗くなる

 前回エントリーのコメントへの返事でも触れたが、「離婚後300日以内に生まれた子は前夫との子とする」という民法規定の改正案、自民党のバカどものせいで葬られたようだ。
 衆議院議員・稲田朋美氏のコメントには特にあきれ返った。

「DNA鑑定という生物学的なものを法制度に持ち込むべきでない。届け出で不貞の子を認めるようなPT案には反対だ」

 前半については本気で言っている意味がわからない。なぜ生物学的なものを法制度に持ち込んではいけないのか。どういう思考回路なのかまったく理解不能である。何か科学的なものに対する致命的な無知と偏見があるのではないか。
 後半も、稲田氏がまるっきりこの改正案の意味を理解できていないことを露呈している。なぜここでいきなり「不貞の子」の話になるのか。夫婦生活が破綻して長く別居した後に離婚した場合とか、前夫が単に嫌がらせで離婚届にいつまでも判を押さないままずるずる引き延ばしていたりとか、そういうケースで離婚成立前に生まれた子供を救済するための改正案なのではないのか。なぜいきなり不貞の話になってしまうのかさっぱりわからない。そもそもそういうものを「不貞」と呼ぶべきなのか。科学だけでなく人間というものも何ひとつわかっていないとしか思えない。それに何よりもそんな台詞が女性から出てきたというのが驚きである。確かに、女性の敵は女性とも言うが…。

 もうひとつ前の回のエントリーであるTBSの捏造問題も、TBS側はいまだに郷原信郎氏からの公開質問状を完全に無視しつづけている状態だ。しかも、他のTV局までもがまるで申しあわせたかのように見事にだんまりを決め込んでいる。非常に気味が悪い。
 さらに驚いたことに、この件も含め取材を申し込んだいくつかのマスコミに対し、TBSがなんと「取材拒否」を発動したというのだ。開いた口がふさがらないとはまさにこのことである。不二家をはじめ獲物を見つければ「知る権利」とか「報道の自由」「言論の自由」などといった大義名分を振りかざし、嫌がるのも構わずハゲタカのように襲いかかっていた(しかも捏造までしていた)その張本人が、いざ自分たちが取材される側になると「取材拒否」というのは、もう何と言うか、はっきり言って正気とは思えない。報道機関として完全に失格である。今後はTBSから取材が来ても、みんな取材拒否すればよいのだ。TBSにはそれに対して文句を言う資格はまったくない。
 他にも、TBSは画面テロップを実際に流れているコメントとはまったく違う内容に捏造したり、サブリミナル手法や類似の方法を用いた印象操作とおぼしき不自然な「演出」を繰り返したり、つい最近でも格闘家の桜庭和志氏を非難する書き込みのあるインターネット掲示板の画面を捏造して映したりしている。もはやデタラメとしか言いようがない。

 日本の民放は総じてレベルが低いが、その中でも悪質さでTBSは突出している。放送事業の公共性と影響の強さを考えると、TBSは放送局免許を与えられるに値しないと思う。不二家に対して「廃業してもらいたい」などと言っている場合ではない。TBSこそ廃業すべきなのではないか? …もちろん、これはTBSに対する「励ましの言葉」である(笑)。

 ちなみに僕は今日、仕事の帰りに不二家のお店に寄り「生クリームINカスタードシュークリーム」を買ってきた。もちろん、これは不二家に対する(本来の意味での)励ましである。 にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

時代遅れの法律

 民法に「離婚後300日以内に生まれた子は前夫との子とする」という規定があるそうだが、こんど、離婚後に妊娠したことを示す医師の証明書を添付すれば、再婚した夫との子として届け出ることが認められることになるのだそうだ。
 新しい夫との子供であっても、早産で300日経たないうちに子供が生まれるケースでは、これまでの規定では「前夫の子」として扱われてしまっていた。それに対する救済措置なのだという。
 でも、離婚の手続きや裁判が長引いたりして、正式に離婚が成立する前に妊娠した場合は、今までと変わらず「前夫の子」とされてしまうのだそうだ。
 これは明らかにおかしいのではないか。そもそも、なぜ日数で決めなくてはいけないのか理解できない。
 確かにこの法律ができた頃はまだDNA鑑定もなかったし、日数で判断するより他に方法がなかったのだろうが、今ではミトコンドリアDNA鑑定でかなりの精度で母子関係がわかるようになっている。科学的根拠のない、日数による曖昧な判断ではなく、DNA鑑定を導入して「現夫の子」と証明されれば認定するように改めるべきなのではないかと思うのだが。
 これは代理母出産についても同様である。両親のDNAを受け継ぐ子供はその両親の子として認めるべきだ。代理母出産に反対する人たちの意見を聞いていると、曖昧で科学的根拠がなく、現実を見ずにただ机上で表面的に言葉を弄んでいるだけのものばかりで苛々してくる。
 テクノロジーの発達などによって新しい解決方法が見つかり、その結果時代遅れとなった法律は、実情に合わせて適宜改正していくべきだと思う。 にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

TBS、不二家報道で捏造?

 TBSの「みのもんたの朝ズバッ!」で不二家の不祥事について報道した内容が、実はまったくのデタラメで捏造だったという疑惑が出ているようだ。
 発端は、番組の中で流された、不二家の平塚工場の元従業員だと称する人物の「証言」映像だった。その内容は、回収した賞味期限切れのチョコレート製品をふたたびパッケージしなおし再出荷していたとか、賞味期限切れのチョコレートを溶かして牛乳と混ぜ再利用していたというものだった。それを背景に、みのもんた氏は番組内で不二家に対し「廃業しろ」という激烈な発言を行った。
 しかし、その「証言」の内容がどうやらデタラメだったらしい。不二家の信頼回復対策会議の議長である郷原信郎・桐蔭横浜大コンプライアンス研究センター長(同大法科大学院教授)によれば、本当はこの「証言」は同社の別の製品「カントリーマアム」についてのものであったということだ。しかし、実は平塚工場には「カントリーマアム」の製造ラインはない。再パッケージとか何とか言う以前に、そもそも平塚工場では「カントリーマアム」を作っていないのだ。つまりは前提からしてまったくの間違いということになる。ところが、そこで間違いを認め引っ込めればいいものを、TBSは「カントリーマアム」の話をチョコレートの話にすりかえてストーリーをでっち上げ、それを放送してしまったらしいのだ。また、チョコレートを回収し牛乳と混ぜて云々の話も、平塚工場にはやはりそんな設備は存在しないという。
 こうなってくると、問題の「証言」を行った「元従業員」も、本当に不二家の従業員だったのだろうかという疑問が出てくる。折りしも、同じTBSの「サンデージャポン」という番組の街頭インタビューで「やらせ」を行っていたことが発覚した。前もって「仕込み」を行い、時間や場所も打ち合わせておいて、同一人物に偶然を装って複数回の「街頭インタビュー」を行っていたというのだ。不二家の「元従業員」とやらも実は「仕込み」だったということはないのだろうか?
 僕は筒井康隆景山民夫の本を読んできているので、マスコミを盲信するほど無邪気ではないが、それにしても今回の件は悪質だと思う。不二家が企業としての根幹を揺るがされるほどの大打撃を受け、本社ビルも売却する破目になり、それに少なからぬ不二家FCの店舗が廃業に追い込まれたその原因が、無責任なマスコミの捏造報道だったのだとしたら、これは由々しき問題である。
 郷原氏は不二家に対し、TBSに対して法的措置を取ることを勧めているそうだ。当然のことであろう。不二家本体だけでなく、FCの人たちも集団訴訟を起こしてもよいのではないか。
 僕はここ数年、日本の民放テレビのレベルがあまりにも低いのに嫌気が差し、ケーブルテレビやスカパーを見ることが圧倒的に多くなっているのだが、こういうことがあるとますます日本のテレビから遠ざかってしまいそうだ。 にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

asahi.comで連載することになりました

ad94297c.gif お知らせです。
 朝日新聞社のサイトasahi.comの会員制サービス「クラブA&A」で、今日から新コンテンツ「ジャズストリート」が始まりましたが、不肖わたくしも執筆陣に加わることになりました。
 以下、プレスリリースより(一部、機種依存文字をナカグロに置き換えるなどしています)。

朝日新聞社(本社:東京都中央区築地5-3-2)では、2007年4月3日に、朝日新聞社WEBサイト「asahi.com(アサヒ・コム)」の有料会員制サービス クラブA&Aにて 「ジャズストリート」をオープンします。
URL : http://clubaa.asahi.com/jazzstreet/

■「ジャズ ストリート」サイト概要
『マイルスを聴け!』でおなじみのジャズ評論家 中山康樹が贈る、ジャズマニアのための、こだわりのジャズコンテンツサイトです。『マイルスを聴け!』の最新情報が読めるほか、多種にわたる新着CD情報や、ジャズにまつわる得難い情報を、こだわりの執筆陣(井上章一氏、杉田宏樹氏、村井康司氏、後藤雅洋氏、原田和典氏、内山繁氏、林建紀氏、吉井誠一郎氏、他)がお伝えします。
 ジャズに惚れ込んでしまった人たちへ、ありきたりではない、ジャズへの新しいアプローチラインをご紹介します。

■主なコンテンツのご紹介
・『マイルスを聴け!』新発掘音源・新作をいち早く紹介(中山康樹)
・「ジャズ・ビギナー奮闘記」(人文学者:井上章一)
・新旧を越えた「今月のイチオシ盤」(杉田宏樹・村井康司)
・ジャズの指南役による「名盤の聴きかた」(後藤雅洋)
・ジャズの不思議に答える「ジャズのイロハ」(原田和典)
・「ジャズ・ギャラリー」(写真&文:内山繁)
・「楽器別ジャズ・ミュージシャンの系譜」(林建紀)
・「ジャズ英語を読み解く」(吉井誠一郎)
・話題のジャズ新刊洋書紹介
・勝手にレコード・ジャケット(イラスト&文:藤岡宇央)
その他、盛りだくさんの企画続々登場!



 …というわけで、えーと、よろしければ是非お読みくださいませ。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

あついー

a069e7a9.jpg 今日はなんだか温度高すぎ。テレビのニュースによると、静岡ではなんと30℃を超えたとか。やっぱりこれも地球温暖化の影響ってやつですか?
 来週の土曜日に四ツ谷でジャズ関係者の大お花見大会(withジンギスカン鍋)があるのですが、このままではその前にすっかり葉桜になってしまいそうな予感。
 そんないい天気の日曜日なのに(夕方になってちょっと雨がぱらつきましたが)仕事の関係である資格を取らなくてはならなくなった僕は今日一日家に引きこもってお勉強してました。しくしくしく。

 あ、いまテレビで植木等さんの追悼番組をやってるぞ。いやあ、植木さん、どんなに無茶苦茶なことをやっても、本当に品がいいなあ。こういう品の良さを持った芸能人って、もうオヒョイさん(藤村俊二)ぐらいしか残っていないんじゃなかろうか。ほんとに惜しい人を亡くしたと思います。
 それにしても、本来のジャズ・ミュージシャンとしての植木さんの古い音源ってCDで出てないのかなあ。植木さん、クレージーキャッツに加入する前は、一流のジャズ・ギタリストとして自分のバンドを持ち、大活躍していたそうですから。そもそもクレージーキャッツからして名前はジャズ由来だし(catはアメリカの古いジャズ用語で、ジャズのバンドマンのこと)、リーダーのハナ肇は日本の戦後ジャズ黎明期にシーンを牽引したモカンボ・セッションの中心人物だったんですよね。もし出てたら是非欲しい。 にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。