スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

鳥居みゆき@「スコラ」2009年8月号

スコラ2009年8月号「鳥居みゆきの妄想劇場HIT&RUN」連載中の「スコラ」2009年8月号が発売されました。
今回のテーマは「海・プールの代わりに開くもの」。写真の「ニヤリ」顔がとってもワルいですね(笑)。グロもありガイキチもあり、最後はやはり開くのはアレ。でもなぜか生贄の儀式にしか見えないのはなんでなーん(笑)。文章のほうも鳥居みゆきならではの言葉遊びが炸裂していて最高です。
しかし冷やし中華ってなんで終わっちゃうんでしょうね。…という疑問から30年以上前に「全日本冷し中華愛好会」を作って、読売ホールで「第一回冷し中華祭り」までやってしまったのが山下洋輔だったわけですが(笑)。いい機会なので、そんな山下洋輔がさらに昔、中村誠一(ss, ts)および森山威男(ds)と自己のトリオを結成した直後の貴重な映像を貼っておきます(このメンバーが他でもない、福岡でタモリを「発見」した張本人です)。これは前にも触れた、田原総一朗がディレクターをつとめていた番組「ドキュメンタリー青春」の一部です。時は1969年、全共闘運動のピークど真ん中の時代ですね。3人とも若いなあ。演奏は後の時代に比べれば荒削りですが、それだけ熱いものがダイレクトに伝わってきます。ちなみに、山下さんの奥様も映ってます。
ところで、山下トリオが出たこないだの「題名のない音楽会」、誰かコピーしてくれないかしらん(自爆)。いや、レコーダーがぶっ壊れてしまったもので…。



スポンサーサイト
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 山下洋輔 中村誠一 森山威男 田原総一朗

「テディです!」日本版DVDで鳥居みゆきが音声実況解説

テディです!映画配給会社アルバトロスのブログによると、2009年10月9日発売予定のイギリス映画「テディです!」日本版DVDで、鳥居みゆきが音声実況解説を担当するそうです。
なんでも、この作品は「テディベアのぬいぐるみを使って残酷極まりない実験(いじめ)を繰り返すDVD」なんだそうで、ブラックユーモアが目いっぱい炸裂しているヤバい作品のようです。さすがはモンティ・パイソンを生んだ国の作品ですね。日本だったら企画段階で間違いなく潰されると思います(笑)。
実況解説の相手役は小島よしお。また、他に鳥居みゆきバージョンの「テディです!」や多毛症の包帯の巻き方などを収めた特典映像も収録されるようです。さらに、初回限定特典として「鳥居みゆきフォトカード」まで付いてくる模様。…なんか、主役のテディベアよりも鳥居みゆきの方が目立っているような気が(爆)。さすがは、彼女がブレイクする直前に「倉庫の二階」までライブを見に行ったというマニアが関わっているだけのことはあります。
ちなみにこの作品、原題は「TEDDY DEATH」だそうです。うまいこと言っちゃって~(笑)。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 テディです! 小島よしお

鳥居みゆき、「白黒アンジャッシュ」でアンジャッシュを翻弄

先日の「白黒アンジャッシュ」に鳥居みゆきが出たときの映像が聖域に上がっていました。ありがたいことです。僕の家に入っているケーブルTVは、TVKは見られるのになぜか千葉テレビが入らないので本当に助かります。
さて、アンジャッシュに紹介されて登場した鳥居みゆき、まずは挨拶代わりに「米のよしだ」を披露。後半がカットされたバージョンでしたね。このネタはアブい部分はないはずなので、たぶん純粋に時間の関係ではないかと。
その後は事前アンケートに基づいたクイズ&トークでしたが(本来はその場で質問して答えてもらう企画みたいですが、鳥居みゆきが相手ということで警戒したのでしょうかw)、見事にアンジャッシュの2人を翻弄(笑)。でも、読み筋がいわゆる「普通」とされているものと違うだけで、やっぱりちゃんと辻褄は合ってるんですよね。アンジャッシュの方もうまく翻弄されて笑いに繋げているあたりはさすがです。もっとも、これ1本の収録で3本分のエネルギーを使ったようですが(笑)。小林マネージャーまで登場し、かなり盛りだくさんの内容で面白かったですね。
もしまたアンジャッシュと共演する機会があったら、ぜひコントをやってもらいたいですね。けっこう鳥居みゆきとは相性がいいんじゃないかという気がするのですが。



にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 白黒アンジャッシュ アンジャッシュ

鳥居みゆきと清水崇監督、新宿で「非女子図鑑」舞台挨拶

K's cinema昨日、鳥居みゆき清水崇監督が新宿のK's cinemaで「非女子図鑑」舞台挨拶をおこないました。
整理券が当日朝10時半から配布されるということでしたが、僕は思いっきり寝坊してしまって現地に着いたのは11時。席数が少ないのでヤバいかな、と思いましたが、幸いなんとか無事に整理券をゲットできました。おまけに、特典としてニナファームの「サヴォン&アクティアージュセット」なるものを貰いました。中に入っていた小さな茶色い石鹸をチョコレートと間違えて係の女性に笑われたのはここだけの秘密です(自爆)。
さて、それから上映時間まで8時間もあったので、近所のジュンク堂をうろうろして出たばかりの「山下洋輔読本」を買ったり、ライオンの上にあるアイリッシュ・パブ「ダブリナーズ」で昼食を取ったりしましたが、ふと思い立って四ツ谷に移動。まだ参拝(笑)していなかった聖地を巡礼してきました。
サンミュージックめん屋いなばまずはサンミュージック。僕の世代だと、やっぱりここは岡田有希子の自殺現場という記憶がいまだにあるわけですが(スポーツ紙や写真週刊誌にでかでかと掲載された飛び降り直後の彼女の遺体写真は衝撃的でした。あの頃はそういうものが普通に雑誌に載っていたものです)、もちろん今ではその面影はまったくありません。ビルの1階に入っている店も、当時弁当屋だったところは今では「めん屋いなば」というラーメン屋になっています。ちなみにここはカンニング竹山髭男爵が常連らしく、看板には彼らのサインが貼り付けてありました。
GRACE鳥居みゆきの単独ライブ「故・鳥居みゆき告別式~狂宴封鎖的世界~」で登場した「GRACE」もすぐ近くで発見。ここで、新宿でお昼食べてこなければよかった、と激しく後悔しました(笑)。もともと予定していた行動ではなく、突発的な思いつきだったので仕方ないのですが、せっかくここに来たのにナポリタンを食べなきゃ意味がありませんよね。そんなわけで今回はやむなく表から写真を撮っただけで、店内には入りませんでした。いずれあらためてちゃんとナポリタンを食べに来ようと思います。
いーぐるここでさらに思いついて、花見のとき以来ご無沙汰していたジャズ喫茶「いーぐる」へ。ここはもともと「ディスク・チャート」というロック喫茶で(店主は「いーぐる」と同じ後藤雅洋さん。当時は「いーぐる」は別の場所にありました)、まだアマチュアだった若き日の山下達郎大貫妙子徳武弘文らが客として来ており、閉店後の店内で彼らが行っていた深夜セッションからシュガーベイブが誕生したという、ある意味伝説的な場所です。サンミュの前からそのまま歩いて行ったのですが、思ったより遠くてちょっと疲れてしまいました(笑)。前にサンミュから歩いて10分ぐらい、と書いた覚えがありますが、実際に歩いたら20分ほどかかりました。どうもサンミュを四ツ谷と四谷三丁目の間にあると勘違いしていたみたいです。実際は四谷三丁目から逆に新宿御苑の方に戻らなきゃいけないんですよね。ともあれ、昨日はちょうど三具保夫さんのイベント「カウント・ベイシー・バンドとヴォーカリストたち」があったので、そのまま夕方までヴォーカル+ビッグバンドの音を大音量で浴び続けました。普段、家ではあまりジャズ・ヴォーカルを聴くことはなく、正直さほど詳しくもないので、まとめてヴォーカルを聴くいい機会になりました。
舞台挨拶掲示イベントの終盤で上映時間が近づいてきたのでやむなく途中で抜け、新宿に引き返してK's cinemaに。午後7時に開場し、7時10分に「非女子図鑑」上映開始。いや、なかなか面白い映画でしたね。個人的な感想としては、いちばん作品としてよくできていると思ったのは「B(ビー)」、いちばん笑ったのは「死ねない女」でした(ただし「死ねない女」のラスト、わざとやったんでしょうけど、あれだけはちょっと首をひねりました)。あと、片桐はいりの画面支配力はやはり凄かったです(笑)。そうそう、鳥居みゆきが主演したオープニング、大画面で見たら、さりげなく多毛症も「出演」していましたね。
上映終了後、マスコミのカメラがどどっと館内に入ってきて、まずMCのTAIZOさんが登場、そして「まさこ」姿の鳥居みゆきと清水監督が仲良く手をつないで出てきて、舞台挨拶が始まりました。今回は、前のシアターTSUTAYAでのイベントの時にも増してふたりの息がぴったりで、鳥居みゆきの自在なボケに清水監督ががんがん乗っかりまくってボケ倒し、しかも明らかに事前にネタ合わせしていたとしか思えない部分もあり、もはやほとんど夫婦漫才の域に達していました(笑)。というか清水監督、上手すぎ(爆)。さすがのMCの達人・TAIZOさんも進行に四苦八苦していました。そうそう、清水監督、鳥居みゆきに対して、救いのまったくない極悪非道の人物の役をやってほしい、というようなことを言っていました。僕もそれはぜひ見てみたいですね。

いやあ、最近は雷ライブなどに行くとき以外は土日はほとんど引きこもり状態でしたが、久しぶりに濃い土曜日でした。その反動で今日は腑抜け状態ですが(笑)。…あ、原稿書かなきゃいけないんだった…。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 非女子図鑑 清水崇

Michael Jackson, R.I.P.

 【ロサンゼルス25日時事】米ポップス界のスーパースター、マイケル・ジャクソンさんが25日、ロサンゼルスの病院で死去した。50歳だった。米メディアによると、死因は心不全。ジャクソンさんはロサンゼルス市内の自宅で心臓発作を起こし、同日昼(日本時間26日未明)ごろ、呼吸停止状態のまま、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)メディカルセンターに搬送、蘇生(そせい)措置を施されたものの、帰らぬ人となった。

正直、マイケル・ジャクソンが死んだ、ということが、まだ何となくピンと来ないんですよね。彼の全盛期からリアルタイムで見てきてますが、過去にも何度も重病説や死亡説が流れたことがあったし、今回もまたその類かと思っていたらなんと本当に死んでしまったというわけで…。悲しいとか何とか言うより「驚いた」という感情がいちばん強いですね。
彼はショウビズの世界では成功したけれど、決して幸福な人生ではなかったような気がします。だから、むしろ彼にとってはこれで良かったのかも知れません。5歳でデビューして以来、常人の何倍もの濃い人生でしたし。
今となっては彼が苦しみから解放され自由になったのだと信じるばかりです。R.I.P.

以下に、僕が彼のPVの中で最高傑作だと思っている2作を貼っておきます。この2作の間でダンスのスタイルが変わっているのがはっきりとわかりますね。





にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : マイケル・ジャクソン

鳥居みゆき、「おもいッきりDON!」で兄嫁~

鳥居みゆきが「おもいッきりDON!」にレギュラー出演。今回は「ウェディング塾」というイベント絡みで、ロンハー仲間でもある結婚したくてたまらないはるな愛&結婚して間もないはしのえみに突撃しました。
なんと言うか、鳥居みゆきの言葉遊びにますますターボがかかってきましたね。何しろ今回は、彼女のコメントのほとんどすべてに何かしら仕掛けがあるというものすごさです。むろん、事前にある程度準備はしているでしょうが、それにしたって必ずしも相手が想定どおりの返答をするとは限らないわけで、その中でこれだけ連発できるというのはただごとではありません。
これはマジに「笑点」に出てもらいたいですね。ぜひ桂歌丸を昇天させて欲しいものです(笑)。



にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 おもいッきりDON! はるな愛 はしのえみ

サンミュージックGETライブのDVD、計5枚発売の模様

2009年8月21日にDVD『大爆笑!サンミュージックGETライブ「出会い」編』が発売されることは先日書きましたが、アマゾンに追加情報が出ました。以下アマゾンからの引用。

CS放送「日テレプラス」で2005年3月から放送しているお笑い番組。サンミュージック所属芸人が総出演!
毎回チケット瞬殺SOLD OUTのライブ映像がDVDで観れる!
5つのテーマに沿って5本を毎月リリース!今回のテーマはズバリ「出会い」! ヒストリー、ドキュメント性も十分!


というわけでどうやら、過去にCSで放送された映像を再編集したDVDが、8月から毎月1枚ずつ、計5枚発売されるということのようですね。ううむ、あと4枚のテーマが何なのかとても気になります。そして鳥居みゆきの出演部分がどのくらい収録されるのかもとてもとても気になりますね。
ちなみに、今回のDVD化にあたって音源を提供したらしいDAZEというパンクバンドのリーダーのmixi日記によると、それまで鳥居みゆきのことを「大ッ嫌い!!」と言っていた彼の家族が、完パケサンプルでそのDVDを見たとたん、鳥居みゆきファンになってしまったそうです。これは楽しみですね。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 GETライブ

鳥居みゆき@「白黒アンジャッシュ」予告編

今週木曜日の千葉テレビ「白黒アンジャッシュ」に鳥居みゆきが出演する予定ですが、その予告編が聖域に上がっていました。
さっそく見てみましたが、どうやら「米のよしだ」をやるようですね。このネタはけっこう久しぶりかも。今年に入ってからはもしかしたら初めてじゃないかな?他にトークでもがっつりアンジャッシュと絡むようで、これは楽しみです。過去の例でも、在京キー局より地方局のほうが彼女らしさがよく出ていることが多いので(やっぱり放送コードが緩めだから?)、期待したいですね。



にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 白黒アンジャッシュ

鳥居みゆき、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」で狂犬化

鳥居みゆきが昨夜「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」に登場しました。彼女が出たのは「犬部」という企画(犬ぢゃ!!犬ぢゃ!!)で、サンミュージック軍団のひとりとしての出演でした。
マネージャーとして登場した鳥居みゆき、しょっぱなから浜ちゃんに突撃するわダウンタウンチームのマネージャー役のおばちゃんの胸を揉み倒すわで、もはや狂犬(笑)。ダウンタウンのふたり、一歩引いて見ているという感じでしたね。これがほっしゃん。だったらシバき倒してくれたんじゃないかという気もするんですが。その代わりに彼女を怒鳴り飛ばす役割を担ったのはカンニング竹山でした。なんか、各軍団の中でボケとツッコミが完結しちゃってて、チームをまたいだ本格的な絡みってほとんどなかったですね。ある意味、唯一それをやろうとしていたのが鳥居みゆきだったような気が。まあ、この番組はもともとダウンタウン軍団で完結している番組なので、どうしてもこうなってしまうのかも知れませんね。
なお、ハイライトである四足歩行120mリレーは、普段から体を鍛えている小島よしおの活躍もあり、見事サンミュージック軍団の勝利となりました。あと、ツッコミもあったとおり、平均年齢もサンミュ軍のほうが若かったかも(笑)。



にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!

鳥居みゆき@雷ライブVol.55

雷ライブ55昨夜、浅草東洋館に雷ライブVol.55を見に行きました。60組近くの芸人が出演し、終わったのは10時半過ぎと、今回も盛りだくさんのライブでした。
鳥居みゆきは中入りの後、45番目に登場しました。ネタは「妄想妊婦(=数子)」。濃い目のメイクで鬼気迫る怪演を見せました。そうそう、ネタの途中で頻繁に歓声や笑い声が上がり、それが静まるのを待っているような局面がしばしば見られました。台詞が消されて客席に届かなくなるのを避けるためだったのではないかと思います。これはきちんと言葉を届けたい、という彼女の姿勢のあらわれではないかと思いますね。最後は、東洋館が設備上暗転ができないためか、いつもとはちょっと違う終わり方をして「ばいばーい」と退場して行きました。

他に印象に残った出演者は以下のとおり。

・シンボルタワー
前説3組のひとつ。まったく期待していなかったのですが、意外と良かったです。本編に出てもおかしくないのではないかと。というか、雷ライブの前説で「いい」と思ったのは初めてかも(猛爆)。

米粒写経
アニメヲタと軍事ヲタ、もとへ、軍人(笑)による漫才。テンポよし、内容よし、アブさもあって最高。面白いなあ。こういうのを地上波でやれないのはおかしいと思います。

カンカラ
陰陽師のパロディの時代劇コント。あいかわらずうまくて面白いなあ。彼らももっと名が知られていいはずなんだけどなあ。

・スタスタローン
ランボー3」の格好のシルヴェスター・スタローンによるアフガン・ラジオ。現カリフォルニア州知事に異様に敵意を燃やすところが面白かったです。

・こけしたち
なんかむちゃくちゃシュールで死ぬほど面白かったという記憶はあるのですが、どういうわけかネタの内容をまったく覚えていません(自爆)。

・ドラマチック貞
正直、今回もスベってましたが(苦笑)、途中で楽屋の覗き窓(客席から見て左側の壁の上方)から覗いていたきくりんにキレる一幕があり、そこは思わず爆笑しました。

・ツインクル
ポリスじろうと井上よしひろのコンビでアメリカンな警官コント。バッカバカしいんだけど、実はけっこう気に入ってます。舞台上手の常連の人(坊主)も「スティーブ」という名前をつけられてました(笑)。

ニッケルバック
会社員の白昼夢?ネタ。二人それぞれが何役もこなしているのですが、どちらも演技が達者なのであまり違和感がありません。やっぱりコントでは演技力って重要だなあ、と再確認しました。

・虹組キララ
細井ちゃん子とコンビで出てきて漫才。なんかピンよりこっちの方が面白いような気が…。キャラクターの対比がうまく機能しているように思います。

どーよケンキ
GETライブでもやっている嘘話を、スーツ着て普通の漫談風にやってました。こっちでも面白いですね。

田上よしえ
ネタそのものは前にも雷かどっかで見た覚えがあるのですが、小ネタを若干変えており、そのおかげもあってか毒とキレが増してすごく面白かったです。音響でミスがあったようですが、あまり気になりませんでしたね。レッドシアターとか出てくれないかなあ。あれはコント師の番組だし、合うと思うんだけど。

流れ星
ちゅうえいさんがアドリブがんがん入れてきてグダグダ寸前でしたが、逆にそのぎりぎりさがスリリングで面白かったです。しかしちゅうえいさんの変態さをテレビでも押し出して欲しいなあ。

ユリオカ超特Q
いつも通り正統的な漫談。何度聴いても面白いんだよなあ。やっぱりこの人の技術は凄まじいです。

三又又三
これまた正統的な漫談。ユリQとは対照的にレイドバックした感じのゆったりしたテンポですが、やっぱり面白いです。

・クレイジークライマー
踊りも芝居もギャグもこなす多人数グループ。ある意味、80年代以降の踊りや笑いをふんだんに取り入れた演劇の流れを汲んでいるような気もします。もっと長いネタを見てみたいですね。

・今泉稔(18KIN
テレビでもやっている「言ってみてぇー」のネタ。これは生で見ると独特のゆるい空気感が実にいいんですよね。

モエヤン
新ネタだった模様。そのせいか、愛ちゃんが途中でネタが飛んでやりなおすという事態に(笑)。客いじりが意外とうまいですね。

三拍子
久保さんが今度はどんぶりめしの代わりに大根を持って登場。ちょっとグダグダ気味だったかなあ。このバージョンはGETライブでも見た記憶がないので、もしかしたら初演だったのかも。

・KICK☆
いつものムエタイの格好でのネタでしたが、異様に面白かったですね。彼のネタはライブで見ると本当に面白いです。

ポカスカジャン
いつもの音楽ネタはさすがのうまさ。あと、最後に放送できないようなヤバいネタをやってました。こんなアブい一面を持っていたとは知りませんでしたね。「長く芸能界に残りたいので書かないでください」とステージ上から懇願されたので内容は秘密(笑)。

ダンディ坂野
華やかなグリーンのタキシードで登場。いつも通りの漫談ですが、声の張りやテンポ等が微妙にいつもとは違っていて、異様に面白く思わず爆笑。本人も「ここ2,3年でいちばんウケた」と言ってました(笑)。

・ラブセクシーファミリー
いつもの美輪明宏的ドロドロ変態な世界ではなく、彼らにしてはポップなネタ。それでもやっぱり普通じゃなくてなかなかアブいネタでした。

エンディングは芸人がいつもにも増して残っていなくて、ヤングパニック一人だけだったかな?これはちょっと寂しかったですね。忙しい人も多いでしょうが、ここは貴重な告知の場でもあるし、もうちょっと残っていて欲しかったです。

そうそう、ライブの終盤にちょっと抜け出してトイレに行き、ついでに煙草を吸っていたら、鳥居みゆきが坂田マネージャーと一緒に楽屋口から出てくるのに遭遇しました。あの、前にも雷ライブで同様のことがありましたが、いずれも本当に偶然で、決して狙ったわけじゃありません(汗)。でもせっかくなので握手していただきました。彼女、珍しく帽子をかぶっていましたが、よく似合っていましたね。他に2名ほどファンの人がいましたが、ひとりがお香をプレゼントしたら、思いっきり匂いを吸い込んですごくいい表情をしていました。そのあと、もう一人が別のプレゼント(香りとかまったく無関係)を渡した時にも同じように匂いを嗅ごうとしたので、思わず「それ違いますよー」とツッコミを入れてしまいました(笑)。最後は、牛(?)の指人形(田上よしえのブログ「TANOWAVEROOM」の写真参照)でバイバイしながら帰っていきました。

今回は全体にレベルが高かったように思いました。上で触れなかった出演者たちも総じて面白かったです。まあ、ごく数名「これはお金取っちゃいけないだろう」という人もいなかったわけではありませんが。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 雷ライブ

鳥居みゆき、新宿で「非女子図鑑」舞台挨拶決定

6月27日(土)から、新宿にあるK's cinemaというミニシアターで「非女子図鑑」が上映されるようです。上映時間は19:10からのイブニングショーのみ。僕にとっては、いまのシアターTSUTAYAの上映時間よりはこちらのほうが都合がいいかも。
さらに、それを記念して、K's cinemaでの公開初日に鳥居みゆきが舞台挨拶に出るそうです。スケジュールは初日の上映が終わったあととのこと。だいたい9時前後になるのかな?ああ、TSUTAYAでまだ行ってなくてよかったー(←違

先ほど終わった雷ライブの話はまた後ほど…。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 非女子図鑑

『爆笑!サンミュージックGETライブ「出会い」編』DVD、予約開始

先日、サンミュージックGETライブを見に行ったときにDVDの撮影が入っていたというのはここでも書いたとおりですが、ついにアマゾン等の各ショップでDVDの予約受付が開始されました。タイトルは『大爆笑!サンミュージックGETライブ「出会い」編』。発売日は2009年8月21日となっています。
HMVのサイトiconのほうにはさらに詳細な内容説明があります。以下、HMVから引用(誤字脱字や一部表記を修正しています)。

売れる前の小島よしおが住んでいるアパートに、カンニング竹山が突然やってくるロケ映像や、鳥居みゆきがサンミュージックに所属後、初めてカンニング竹山と絡んだトークコーナーなどなど今となってはこのDVDでしか観ることのできない、永久保存版間違いなし!!の貴重映像が目白押し!!!GETライブ名物コーナー「第1回芸は身を助ける大会」など、ファン垂涎の厳選映像の数々。

説明から判断すると、これは新規に撮影されたものではなく、過去にCSで放映されたもののDVD化のようです。以前何度かここでDVD化してほしいと書いた記憶がありますが、それがついに実現されるようで、いや、実にめでたいですね。「鳥居みゆきがサンミュージックに所属後、初めてカンニング竹山と絡んだトークコーナー」というのは、#8の「美しすぎてごめんなさい」のことかなあ。確かこれが彼女の番組初登場だったはずだし。
となると、こないだのGETライブのときの大きなビデオカメラは何だったんだろう?ライブ中にそのカメラを持った人が外に出ていったりもしてましたが、もしかして特典映像として楽屋裏でも撮りに行っていたのかな?
いずれにせよ、これはまさに待望のDVD化ですね。タイトルからして、その後も続編が出ることが期待できます。いやあ、ほんとうに楽しみです。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 GETライブ DVD

プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。