スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

鳥居みゆき、「PON!」でドーリーみゆき

鳥居みゆきが「PON!」にレギュラー出演。スタジオではしょっぱなから仕掛けてきてますね。週末星座占いでもいい結果が出てオタケビが轟いてますし。しかも中山エミリにも早くも伝染しているような気が(笑)。
インタビューではDolly Wink新商品発表会場で益若つばさ石田純一に突撃。二人ともボケにどんどん乗ってくるので、むちゃくちゃテンポ良く快調に進みましたね。石田純一に至っては振られてないのにいきなりブッ込んで来たりもするし。しかし何だかんだで石田純一とは共演が多いですね。
また、今回は「スタア秘宝館」のゲストが鈴木砂羽ということで、好き好き光線を発射しまくる鳥居みゆきという貴重な姿も見られました。いやあ、本当に大ファンなんだなあ。


MIYUKI TORII PON! 20101126
アップロード者 taro1982. - もっとお笑い動画を見る。

スポンサーサイト
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 PON!

鳥居みゆき、「新世紀ネタキング決定戦」で圧倒的なネタ

鳥居みゆきがMXテレビの「新世紀ネタキング決定戦」に登場しました。今やすっかり数少なくなった貴重なネタ番組です。もうすぐDVDが発売される「大久保×鳥居×ブリトニー 3P」もこの局でしたし、キー局が軒並み元気がなくなっている中、MXテレビはいま一番目が離せないテレビ局かも。
大トリで出てきた鳥居みゆきが披露したのは、僕が見たことのないネタ。途中に以前「爆笑レッドカーペット」でやったショートネタ(ユーキャンのやつ)の一部が組み込まれてますが、どうやら新ネタっぽいですね。ただ、僕は今年、GETライブでの彼女の新ネタをいくつか見逃しているので、もしかしたらGETではやったことがあるものかも。しっかりした構成、言葉遊び、物真似、毒、思想、そして最後で全部ぶっ壊してしまう破壊力満点のオチが揃った、堂々たる正統派の一人コントでした。それを圧倒的な演技力でやり切った彼女は凄かった。テレビで見ていてちょっと震えましたね。
どうやらそう感じたのは僕だけではなかったようで、初めて彼女のネタを生で見たというMCの恵俊彰が、ネタ終了後「感動しました」「凄い」と大絶賛。完全にノックアウトされてましたね。いやあ、これは僕も生で見たいなあ。GETライブで再演してくれないかしらん。


MIYUKI TORII 新世紀ネタキング決定戦 20101125
アップロード者 taro1982. - もっと爆笑動画を見る。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 新世紀ネタキング決定戦

鳥居みゆき単独ライブ・狂宴封鎖的世界「再生」DVD入手

鳥居みゆき「再生」DVD今年の7月に開催された鳥居みゆき単独ライブ、狂宴封鎖的世界「再生」のDVDが発売されました。いろんなところで発売日早々に売り切れていたとの報告がちらほら上がってきてますが、僕はなんとか無事に入手することができました。
さっそく一回通して見ましたが、いやあ、あのときの感動がよみがえりますね。まだ入手できてない人がけっこういそうなので、ここで内容を詳細に書くことはしません。というか、本編の内容に関しては、ライブ直後のエントリー(「鳥居みゆき単独ライブ・狂宴封鎖的世界「再生」を振り返る」)ですでに大まかな感想を書いてしまっているので、そちらをご覧ください。もちろん、細かいレベルでは今回あらためて見直して気づいたことがいくつかあるのですが、そのへんは皆さん各自で思い出したりいろいろ想像してみたりして楽しむ、ということにしましょう。
あと、本編の素晴らしさは言うまでもないのですが、特典映像がけっこう意外というか、おそらく初めて公開される映像でレア度が非常に高いです。何せ彼女の(以下29文字自主規制)。しかも(以下12文字自主規制)。でもスタッフがちょっと羨ましいような気も(笑)。あ、あとラ(以下14文字自主規制←あ、でもこれはこないだライブで言ってたかな?)。
内容以外で気づいたことは、佐方マネージャーの下の名前を漢字でどう書くのかということと(笑)、制作に電子公園とズラサン神戸さんがメインでがっつり携わっていたことですね。ズラサン、最近表立った動きが見えないので心配していたのですが、ちゃんとこういうところに関わっているのを見るとほっとします。ちなみに、ちょっと話はズレるかも知れませんが、昨日の筒井康隆さんのイベントの会場となったTOKYO CULTURE CULTUREのアンケートで「今後どんな人に出てほしいか、どのようなイベントをしてほしいか」という主旨の項目があったので、「鳥居みゆきのトークライブ、進行役は飛石連休の藤井さん」と書いておきました。
いずれにせよこのDVDは、鳥居みゆきのファンはもちろん、お笑いファンを自認する人なら迷うことなく「買い」です。たぶんいま品切れの店でも数日すればまた入荷すると思います。ぜひ買いましょう。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 DVD 狂宴封鎖的世界

筒井康隆作家生活五十周年記念~現代語裏辞典ライブ

現代語裏辞典ライブ今回は鳥居みゆき以外の話題。
本日(あ、正確にはもう昨日)、お台場のTOKYO CULTURE CULTUREで開催された「筒井康隆作家生活五十周年記念~現代語裏辞典ライブ」に行って来ました。これは筒井康隆さんの作家生活五十周年と、僕も少し協力させていただいた「現代語裏辞典」の大ヒットを記念して、文藝春秋の主催で行なわれたイベントです。
筒井さんのイベントということでやはりいろいろと仕掛けというか遊びが入っており、例えば特別メニューとして以下のようなものがありました。

(FOOD)
最高級有機質肥料カレー
夢探偵パプリカ(=パプリカのフリット)
串刺し教授(=焼き鳥)
紺野真琴が食べたかったプリン

(DRINK)
タイムリープラベンダー
あるいは海でいっぱいの酒
ウィークエンドシャッフル

分かる人ならニヤニヤするメニューですね。
イベントはまず、Wikipediaの筒井さんの項目の内容が間違いだらけだということで、その場で修正してしまおうという企画からスタート。ただし、ネット環境の関係もあってか、あるいは進行の都合上か、実際に生でWikiに修正をかけるのではなく、Wikiからのコピペを見て筒井さんが修正点を指摘し、それを文春の方が後で反映させるという方法でした。まあいろいろ出ましたが、特に断筆宣言の経緯についてはまったくひどい間違いが書かれていましたね。それも含め、たぶん明日には修正されていると思います。
次はクイズ大会で、「現代語裏辞典」の内容をどれだけ覚えているかを競うもの。まあ皆さんキチガイ揃い(←褒め言葉)で、よくもまあみんなこんなに覚えてるなあと感心しきりでした。ちなみに僕は全然駄目でしたwでも賞品の特製バッヂは欲しかったなあ。
最後は筒井さんによる自作朗読。役者でもあるだけあって、やはり独特の味があっていいですね。むろん作品そのものも素晴らしいのは言うまでもありません。実に贅沢な時を過ごさせていただきました。
なお、このイベントの模様はUstreamで生配信されていたそうで、見ていた人によるとなんでも配信終了寸前に僕のどアップが映ったらしいです(汗)。
終演後、打ち上げにも参加させていただきました。乾杯の前に、まず真っ先に筒井さんの前で土下座。「現代語裏辞典」の出版記念パーティーを自分のミスですっぽかしてしまったお詫びです。幸い筒井さんは鷹揚に笑って何でもないように振舞ってくださいましたが、あの時はほんと血の気が引きましたからね。…その後は飲み食いしながらわあわあ喋りまくり、気がついたらお開きの時間になっていました。いやあ楽しかった。
あ、あと物販のコーナーがあり、僕は英語版(UK版)の「THE MAID(=家族八景)」、あと相方のためにスペイン語版の「ESTOY DESNUDO(=おれは裸だ)」を買ってきました。「家族八景」はむかし講談社インターナショナルから出たバージョン「What the Maid Saw: Eight Psychic Tales」を持っていますが、今回は訳者が違うようなので、果たしてどのような文章になっているのか楽しみです。
しかしまあ、ほんと筒井さん、もう76歳だというのに全く変わりませんね。枯れる気配など微塵もありません。なんでも、特殊な訓練なしに宇宙旅行ができるようになるのがあと30年後ぐらいらしいですが、その時は自分も宇宙に行ってみたいそうです。30年後は106歳ですから、充分に可能な話ですね。本当に実現したら面白いだろうなあ。

(追記)
2008年に「ファウスト」に一部が掲載され、そのままの状態になっている「ビアンカ・オーバースタディ」ですが、その「ファウスト」を創刊より一人で手がけている太田克史氏が会場に来ており、筒井さん直々のご指名により本人から釈明(笑)がありました。なんでも、原稿はとっくに太田氏の手元に来ているものの、星海社の立ち上げで忙殺され、それ以外のことまでまったく手が回らなかったのだとか。来年早々には何とかする、らしいですw

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 筒井康隆

鳥居みゆき、「MTV All Access」に登場

鳥居みゆきが先日、MTVの「MTV All Access」という番組に登場しました。彼女がMTVに出る日が来るとは!なんかイメージが合わないような気もするんですけど(笑)。
とは言え内容は、この前ハロウィン・パーティーに出たときの映像で、要は既出映像のアングル違いですね。新たにインタビュー受けてたりコメント言ってたりなどということはしていません。個人的にはちょっと物足りなかったかな、と。どうせならスタジオでVJにがっつり絡むような出方をして欲しかったですね。次の機会に期待しましょう。


MIYUKI TORII MTV All Access�20101120
ã�¢ã��ã��ã�­ã�¼ã��è�� taro1982. - ã��ã�£ã�¨ã��ç¬�ã��å��ç�»ã��è�ã��ã��

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人

鳥居みゆき、「PON!」でウォーターボーイズ

鳥居みゆきが「PON!」にレギュラー出演。週末占いで久々にいい結果が出てオタケビが上がりましたね。しかし徳川埋蔵金って(笑)。糸井重里のことを即座に思い出した僕は三浦友和山口百恵の結婚もリアルタイムで見てますが何か。
インタビューではNECカシオの携帯電話2010年冬モデル新商品発表会の会場で玉木宏に突撃。後でスタジオでも話題になってましたが、ボケに対する玉木宏のツッコミが凄かったですね。スピードもあるし的確だし、確かに下手な若手芸人よりうまいかも知れません。二枚目俳優とか美人女優だとこういうことは滅多にないので意外でした。非常に珍しいケースだと思います。鳥居みゆきの方も嬉々としてボケていたような。ぜひ彼にはサンミュージックGETへ来てほしいものです(笑)。


MIYUKI TORII PON��20101119
ã�¢ã��ã��ã�­ã�¼ã��è�� taro1982. - ã��ã�£ã�¨ç��ç¬�å��ç�»ã��è�ã��ã��

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 PON!

鳥居みゆき@「さんまのまんま」特売号

鳥居みゆきが先日「さんまのまんま」特売号に出演しました。この番組に出るのは確か初めてかな?関西ではだいぶ前に放送されていましたが、こちら関東では1ヶ月以上遅れてようやく放映となりました。
出演したのは3本立て企画のうちのサンミュージック芸人コーナーで、カンニング竹山ダンディ坂野髭男爵小島よしおとともに登場。彼女だけ途中から「乱入」という形で入ってきましたが(やっぱりこうなるのねw)、その場のテンポを重視する明石家さんまとの相性はかなりいいですね。というか、鳥居みゆきのような芸人相手だと、さんまの方もむしろ燃えてアドレナリンが上がるんじゃないかしらん。しっかり彼女のボケに乗っかったりもしてるし。そして彼女の方も期待に応えてボケを連発しつつ、要所要所ではちゃんと先輩のフォローもするなど大活躍。いや面白かったですね。
こういう形での出演だと、カンニング竹山がリーダー、小島よしおが的確なフォロー役というのはかなり前から確立していましたが、だんだん鳥居みゆきが引っかきまわし役だけでなく実はさり気なくフォローもこなす、というフォーメーションになりつつあるような気がします。髭男爵、このままじゃ危ないぞw


MIYUKI TORII ��������売��20101114
ã�¢ã��ã��ã�­ã�¼ã��è�� taro1982. - ã��ã�£ã�¨ã��ç¬�ã��å��ç�»ã��è�ã��ã��

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 さんまのまんま

鳥居みゆき×ラブ守永「月経ライヴ」に行ってきました

月経ライヴ昨夜、鳥居みゆき×ラブ守永による「月経ライヴ」を見に阿佐ヶ谷ロフトAに行って来ました。あいにくの雨模様で、天候は不順でしたが、お月様のほうは幸い(以下自主規制)。あ、でも一度流れたから(以下大自粛
ライブは凝ったオープニング映像に続いて時間どおりに始まりましたが、最初の二人の思い出話からもう抱腹絶倒でした。ほぼ同年代で10年来の付き合い、今も普通によく遊んでいるからか、二人の相性は抜群。お互いのいいところも悪いところも知り尽くした親友、いや戦友といった感じでしたね。過去に「鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ」などで出てきたフレーズにラモンズスクイット時代のネタ由来のものがあったことがわかったのも収穫でした。
企画はまず、「お願い!ランキング」よろしく巻き煙草(つまり、煙草の葉と巻く紙を別々に買い、自分で巻いて吸うというやつですね)にちょい足しし、喫煙者である鳥居みゆきが実際に吸ってみて、さらに観客にも吸わせてランキング付けしてみようというもの。確かに香りが良くて味も悪くないものから、彼女も観客も悶絶する結果となった極悪なものまでありました。なお、ラブ守永は非喫煙者なのに煙草の巻き方を練習させられたとかで、今回も実際に巻くのは全部彼がやっていましたw
二つ目の企画は…これは書けねえ(笑)。申し訳ない、いろいろ訳があって書けません。来月思い出して噴いてしまいそうで怖い。
最後は二人でのコンビネタを披露。ラモンズスクイット時代は下ネタやおふざけばかりだったそうですが、今回やった新ネタは約10分間にわたる、ちょっと捻りの入った堂々たる正統派コントでした。終わったあとで二人は「大人になったねえw」などと言ってましたが、いや、面白かったです。二人のネタはまた見てみたい。
また、これらの企画の間に、ラブ守永の自宅などでiPhoneで撮ったという映像も流されました。少女時代の振り付けとかパントマイムなど、良い意味でグダグダで、しかもところどころ「おっ」と思うような場面もあり、実に凄いものでした。いずれも本当に仲良しじゃないと撮れないよなあ、というような爆笑映像でしたね。
なお、メニューにも「月経ドリンク」(しかも重い・軽いの2種類w)という特別ドリンクがありました。さらにその場で鳥居みゆきが店にリクエスト(無茶振り?)して「月経ポテト」「月経スイーツ」「月経丼」まで登場。無茶振りに乗ってくる店のスタッフも大したものです。
いやあ、本当に面白かったですね。笑いすぎて過呼吸になるかと思いました。終演直後はほんとに息が苦しかったですもん(笑)。場所もこじんまりとしていて出演者と観客の間が物理的にも心理的にも近く、一体感のようなものがハンパなかったです。この「月経ライヴ」、またやりたいということなので、これは是非とも期待したいですね。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 ラブ守永 月経ライヴ

鳥居みゆき、「PON!」でチーズ・スペクター

鳥居みゆきが「PON!」にレギュラー出演。なんか最近スタジオで何か食べるコーナーが定着したんでしょうか。米が苦手なはずの彼女ですが、何食わぬ顔で食べているあたり、さすがプロですね。
インタビューでは、日清食品「カップヌードル」PRイベント会場でデーブ・スペクターとチーズ星人なるキャラクターに突撃。昨年4月にロンドンハーツの「鳥居みゆき24時!! シーズンⅢ」でデーブを粉砕して以来突撃が待たれていましたが、それがついに実現したわけです。彼女、駄洒落キングのデーブを相手に言葉遊びを連発し、しっかりチーズ星人のキメ台詞も織り込んで、実に生き生きとレポーターをつとめていましたね。プロモーションが目的のコーナーでもあり時間に限りがあるため(しかも今回は小倉優子の話題もあり)まだまだ言い足りなかったのではないでしょうか。次の機会には是非もっと長い時間絡んでほしいものです。


MIYUKI TORII PON��20101112
ã�¢ã��ã��ã�­ã�¼ã��è�� taro1982. - ã�·ã��ã��ã�³ã� ã��ã�³ã�³ã��ã��漫æ��ã�³ã�¡ã��ã�£ã�¼å��ç�»ã��

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 PON!

鳥居みゆき@「こんな街・こんな家に住みたい」人気芸人イエトーク!

鳥居みゆきがMSNの「こんな街・こんな家に住みたい 人気芸人イエトーク!」というコーナーに登場しました。
内容は、過去に「ぷっ」すまなどで既出のものもありますが、実家の部屋とか大家さんのことなど未出の情報もかなりあり、読み応えのある記事となっています。しかしいま彼女が住んでる部屋、昼間はともかく夜に行ったらけっこう怖いだろうなあ。あ、あとやっぱり神保町は好きなんですね。
それにしても名曲喫茶か…。高円寺のその店は知りませんが、新宿の「らんぶる」みたいなところなのかな?昔、何度か行ったことがあります。また、高田馬場にも「らんぶる」があって、そこにも確か学生時代に一回だけ行った記憶が。今はもう営業してないみたいですが…。

「こんな街・こんな家に住みたい」人気芸人イエトーク!

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人

第146回サンミュージックGETライブ2日目(2010/11/10)参戦

火曜日に引き続き、昨日、今月のサンミュージックGETライブ2日目を見に行って来ました。2日間とも見たのはかなり久しぶりですね。
というわけで以下、印象に残った出演者を五十音順で。前日とネタが同じだった出演者は特記すべきことがない限り外してます。

(前説)
・カズレーザー
実に久しぶりの登場。以前出始めた頃に見ていて結構面白かったので期待していたのですが、いつの間にか出なくなってどうしたのかと思っていました。頑張って欲しいですね。

(本編)
・大型連休
基本的に「鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ」の構造を漫才に導入したようなスタイル。先月見たときはネタを途中でブッちぎったような感じだったのでよくわからなかったのですが、今回はきっちりオチをつけていて、ああ、こういうスタイルなのかとようやくわかりました。むちゃくちゃ面白かったです。

ケンキ
ガンダムのキャラでの爆笑自虐ネタですが、キャラがこれまでのシャアからランバ・ラルに変わりさらにマニアックに。本人いわく、ネタ見せの際に「マニアック過ぎませんか?」と真顔で言われたらしい(笑)。

小島よしお
ギャグの宅急便。本当にしょうもないネタなんですが、それでもところどころ爆笑してしまいました。次の一発ギャグをいろいろ試している?

・小林アナ
アナウンサー風の入りだったので、お、元に戻したのかと思ったら後半にゴーストバスターズ。前日やったのはネタの後半部分だけだったんですね。やっと意味がわかったw

ダンディ坂野
出てきて早々、久々の正統派ゲッツ。何だかんだ言ってこれはキレがいいんですよね。あ、なんか妙に日焼けして黒くなってました。どこ行ったんだろう?

飛石連休
ネタは前日と同じだったのですが、岩見さんが(おそらく)アドリブで挟んできた「効かないパンチ」が妙におかしくてツボに入りました。

・モラリスト
引きこもりのアニメオタクと母親のネタ。古今のアニメネタがばんばん入っていました。最近のアニメでまともに知っていると言えるのは「けいおん!」と「涼宮ハルヒの憂鬱」ぐらいなので、一部わからないところがあったのがちょっと悔しい。

・横堀有香
東京アナウンサー学院の生徒。声優ネタ。初めて見ましたが、まだまだ荒削りではありますが、何かありますね。磨けば玉に化ける可能性あり。

どぶろっく
ゲスト出演。例のお下劣ソングを大マジメに歌ってました。しかも実名入り。いいのかこれ(笑)。

福田彩乃
ゲストその2。中国人マッサージ師の一人コント。初めて見ましたが(あらびき等に出ていたらしいけどその回はたぶん見てなかった)、けっこううまいですね。

企画のコーナーはチーム対抗の似顔絵勝負。絵となるとさすがに管直人、いやもとへ、テルさんはうまいですね。しかししろうさん…それほとんど大魔神ですよ…お題は「せんとくん」なのに(笑)。

(エンディング)
告知コーナーで久々に鳥居みゆきが手を挙げ、前に出て来ました。その時一緒に出てくる者があり、誰かと思ったらなんとラブ守永。あの幻のコンビ、ラモンズスクイットの再現となりました。告知内容はこのコンビで来週やる「月経ライブ」の件。このライブ、チケットが発売後数十秒で完売し、その多くがダフ屋にやられてヤフオクに流れましたけど、「オークションでは絶対に買わないでください!」と二人で声を大にして言っていました。いずれしかるべきところから告知が出ると思いますので、皆さん、ヤフオク等のダフ屋からは絶対に買わないように。あと見つけたらどんどん通報しましょう。

…しかし今回はアニメ関連ネタをやる人が多かったですね。確かにもう「アニメ=ヲタ=マイノリティ」という時代ではないので、そういうネタをやる芸人が増えてもまったくおかしくないです。というか、もっといても不思議ではないような気がします。それも古いアニメではなくて、リアルタイムの新しいやつを普通に織り込んでくる芸人が。エヴァンゲリオンですら登場したのはもう15年前ですからねえ…。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 GETライブ

第146回サンミュージックGETライブ1日目(2010/11/09)参戦

今月のサンミュージックGETライブの初日を見に行きました。以下、五十音順で印象に残った出演者について。

エルシャラカーニ
なぜか今回G2クラスに落ちてましたが、今回も腹筋痛くなるほど笑いました。しばらく前から彼ら流のズレ漫才が少しずつスタイルを変えてますが、本当に面白いです。

・かもめんたる
彼らもG2に落ちていたのですが、これまたなぜ落ちたのかわからないような良いネタ。この狂気は彼らならではですね。しかし彼らがぽろっと下ネタを入れると落差が凄いので破壊力が大きいです。

ケンキ
前にも見たことのあるシャア自虐ネタ。大爆笑。なんか妙にツボに入るんですよね。衣装が手作り感満点でした。

・小林アナ
あの掃除機はいったい何なんでしょうか。これだけでは流れがまったく読めない(笑)。ほとんどシュールの世界。

三拍子
さすがの鉄板。久保さんのツッコミのキレが相変わらず凄すぎる。膝への負担は心配ですが。

・TAIZO
前フリが異様に長い「なんでなーん」。どうやらラブシングル中田と考えたネタ?

・DJきーぽん
いつもの機材を使ったDJスタイルではなくフリップで、事務所の先輩も含め毒舌でがんがん斬りまくるけっこう前のめりなネタ。しかし小林アナとのキャラ被り、やっぱり気にしてた?

飛石連休
ツッコミの叩きに焦点を当てたネタ。岩見さんが挙動不審すぎる(笑)。

鳥居みゆき
新ネタで「臨月漫談」。やはり臨月ネタのショートコントも付け加わっていたけれど、これも含めてワンセットなのかしらん。いずれにせよ、技巧を凝らした言葉遊び+エグい下ネタという、実に彼女らしいネタでした。やっぱり面白いです。

西麻布ヒルズ
サンミュージック「所属」でなくなったせいもあるのか、のびのびと差別ネタをやってますね。かえって良かったのかも。しかし最後のオチに向かうところでふたり揃ってネタが飛ぶというハプニング(笑)。

ぼれろ
転校生」を捻ったようなネタ。出オチ的なところもありますが、面白かったです。しかし渡辺さん最近ハゲヅラ率がずいぶん高いような気が。

・マリア
ちょうど日本版のリメイク映画が公開間近の「ゴースト」のパロディ。感動の名場面が大変なことに(笑)。ふたりの間の攻防が変にリアルで爆笑しました。

エンディングでは鳥居みゆきの姿は見えず。たぶん先に帰ったのだろうと思い、終演後は特に誰を待つでもなくだらだらと外で知り合いと喋っていたら、いきなり普通に鳥居みゆきが登場。あっという間に取り囲まれてビルの出口が大渋滞を起こしてました。僕もどさくさに紛れて握手してもらいました(笑)。握手しながら「新ネタ面白かったです」と言うと、彼女、目をひん剥いて指をビシッと突きつけ「そうだろー!」と絶叫。若干ドヤ顔入ってたような(笑)。久々に言葉を交わせて満足でした。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 GETライブ

プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。