スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

鳥居みゆき、「PON!」でいま女役

鳥居みゆきが「PON!」にレギュラー出演。「デカワンコ」からのクイズがなんか大喜利状態になってますね。しかしそうか、アレは脱脂綿のことだったのか←謎
インタビューでは「ヴェニスの商人」公開舞台稽古の場にてD-BOYSに突撃。今回も最初っから飛ばしてますね。D-BOYSの方もけっこう返しがうまくて、しっかり彼女のボケにツッコミを入れてくるのでテンポよく転がる転がる。これは本人もやっていて楽しかったのではないかと想像します。しかしスタジオに返ってからの「感心されたくてやってるわけじゃない!」というのは本心かも知れませんね。それより笑ってほしい、という芸人のサガというか。
ところで、シェイクスピアが存命中のイギリスの劇場では、本当に女性の役を含めすべての役を男性俳優がやっていました。というか、当時は女性が舞台に上がることが許されてなかったんですよね。若い女性の役は、変声期前の少年が演じていたらしいです。以上、豆知識でした。


MIYUKI TORII PON! 20110429 投稿者 taro1982

スポンサーサイト
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 PON!

鳥居みゆき@「QuickJapan」95号

QuickJapan95号鳥居みゆきのインタビュー記事が掲載されている「QuickJapan」95号を遅まきながら買ってきました。
内容はドラマ「臨死!!江古田ちゃん」についてですが、いやあ、例によってと言うか何と言うか、話があっちこっちに飛ぶわ飛ぶわ(笑)。でもインタビューの主旨である江古田ちゃん撮影時のエピソードも要所要所できっちり織り込んでるし、毒も潜ませてるし、実にプロの芸人の仕事ですね。しかしジャズがしっくり来るというのは、一応はジャズ評論家の末端にいる自分としては嬉しいです。彼女、芸風はものすごくジャズっぽいですが、ジャズを聴くという印象はあまりないので。まあ、あくまでイメージですが。
ともあれ、カラー写真もあり、ファンなら必読。ぜひ買いましょう。
それにしてもこの江古田ちゃんのドラマ、震災の影響で放映が中断したままですが、結局どうなるんだろう…?

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 QuickJapan

鳥居みゆき、「PON!」でプライベート・ライアン

鳥居みゆきが「PON!」にレギュラー出演。彼女がPVに出演しているシンガマジックがスタジオに登場しましたね。しかし彼女、発売記念イベントには呼ばれなかったのかあ。なぜだw
インタビューでは、TASAKIダイヤモンドプロジェクトの「Timeless Message」発表会場にて秋吉久美子谷村美月に突撃。言葉遊びの連発の間に飛距離の長いボケを突然挟んで絶句させましたね。それをさらっと毒入りで切り返す秋吉さんもさすがの貫禄。スタジオに戻ってからの多段オチも見事でした。…しかし「プライベート・ライアン」という邦題って不親切ですよね。Privateがアメリカ陸軍の階級のことだと知ってる日本人はさほど多くないと思うのですが。
それにしても最後にチラッと映ったヒロシは一体?


MIYUKI TORII PON! 20110422 投稿者 taro1982

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 PON!

鳥居みゆき、「今夜もドル箱S」に登場

鳥居みゆきが「今夜もドル箱S」に出演しました。この番組、先月彼女が出た「今夜もドル箱!!」の後継番組で、MCはサンドウィッチマン及川奈央に変わっています。
内容は変わらずパチンコで、そちらの方は僕はわからないので詳しい人にお任せしますが、やはりサンドウィッチマンとの絡みはいいですね。鳥居みゆきと本当に相性がいい数少ない芸人ですし。そのためもあってか彼女、しょっぱなから好調にボケを連発し、さらに途中から富澤さんを巻き込んで実にフリーダムな振る舞いに及んでいます。いやあいいですね。
パチンコはともかく、サンドウィッチマンとはまたどんどん同じ番組に出てほしいですね。願わくば「潜在異色」のようなネタ番組で。


MIYUKI TORII 今夜もドル箱S 20110420 投稿者 taro1982

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 今夜もドル箱S

鳥居みゆき×ラブ守永@第3回「月経ライブ」

月経三十路メニュー ステージ上の飾り 月経のれん

4月15日の金曜日、鳥居みゆきとラブ守永による第3回目の「月経ライブ」を見に新宿ロフトプラスワンに行ってきました。これはご存知のとおり、本来は鳥居みゆきの誕生日である3月18日に予定されていたのが、震災のために延期になっていたものです。
内容にもその影響が若干あり、冒頭の歌やトークは震災を意識したものとなっていました。本震発生時の彼女の話がじわじわと面白かったですね。事務所のトイレにいたそうですが、確かにこのエピソード、下手にインタビューなどで言っても真面目に受け取ってもらえないかも。
今回もいろいろな企画がありました。1ヶ月遅れで誕生日企画をゴリ押ししたのには爆笑しましたが、その時の彼女の出で立ちは、DVD「みみずひめ」のジャケットを思わせるものがありましたね。恒例となりつつあるCMのパロディ映像では、自身が出演した「アレルシャット 花粉鼻でブロック」のセルフパロディも飛び出しました。ラストは衝撃のオチでしたが(笑)。飲食メニューも、前回までと同様の「月経」をテーマにしたものに加え、彼女が30歳になったということに引っかけたネタ満載の特別メニューが追加されていました。
あ、そうそう、ライブ当日の午前中の「PON!」での醤油を使ったボケについてもトークで言及していました。どうも本人は自信があったようなのですが、結局まったく通じず誰にも拾ってもらえなかったので一瞬「スンッ」と意識が遠くなったそうです。いや、あれは確かに拾える人はほとんどいないと思う(笑)。
そしてこれまた恒例となっている、ライブを締めくくるネタ披露では、意外にも、SFとしては古典中の古典、大定番と言える「機械にすぎないはずのロボットと感情」というテーマ、そして「家族」というテーマを軸に据えたネタ、それもコントと言うよりは、「イヴの時間」を連想させるような感動の小品といった感じのもの(無論、笑いの要素もちゃんとあるのですが)を繰り出してきました。ラブ守永の熱演が光りましたね。…それにしても、安部公房筒井康隆が好きだという彼女が「ロボットと感情」というテーマがSFでの大定番、かなりベタなテーマであることを知らないはずはありませんから、やはりここはベタを承知で意図的に使ったんだろうなあ。そもそも、このようにはっきりと「SFしている」ネタそのものが彼女にしては珍しいですが。いや、もしかしたらSF的な部分はラブ守永のアイディアなのかな?
いやあ、今回も盛りだくさんの内容で面白かったです。今からもう次回が楽しみでなりません。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 ラブ守永

鳥居みゆきインタビュー@「辞書のほん」

大修館書店から出ているPR誌「辞書のほん」の最新号に鳥居みゆきのインタビュー記事が掲載されました。
記事はカラー写真入りで4ページ。「異能の人、辞書を読む」と題されたこのインタビューは「新漢語林 第二版」刊行記念として行なわれたようですが、彼女の漢字についての妄想が次から次へと膨れ上がって迸り出ているかのようなものすごい内容です。彼女がずっと喋りつづけているような形に再構成されているのでなおさらそう感じます。その意味ではこの構成はGJですね。写真もけっこういいので、ファンならぜひ手に入れましょう。
このPR誌は、紀伊国屋書店など大手の書店に行けば無料で貰えます。僕は月経ライブに行く途中、新宿の紀伊国屋で入手しました。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人

鳥居みゆき、「PON!」でこれで戦争に行かなくてすみます

鳥居みゆきが「PON!」にレギュラー出演。リニューアル以来ますますカオス化が進むスタジオです(笑)。昔から「女三人寄ると姦しい」と言いますが、3人どころかその倍の6人いますからね。いいぞもっとやれw
インタビューでは、映画「豆富小僧」の完成披露試写会場にて武田鉄矢深田恭子に突撃。ネタを山ほど仕込んできてますねー。っつーか昭和ネタに強すぎ。金八先生なんかも、僕の世代はまさにリアルタイム直撃でしたけど、鳥居みゆき、最初の放送の頃はまだ生まれてないはずなのに…。
今回は他にも「スタア秘宝館」のコーナーにも登場。ゲストの溝端淳平にぐいぐい迫ってますね。しかし「これで戦争に行かなくてすみます」は今の時代、わかる人ほとんどいないと思います。というか何でそんなことまで知ってるの(笑)。昭和ネタどころじゃないですよ(昭和は昭和ですが…)。まあ、あとで本人も…っと、これは別のエントリーで書くことにしましょう。
それにしても、鳥居みゆきは絶対に「笹ガール」ではないと思う…w


MIYUKI TORII PON! 20110415 投稿者 taro1982

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 PON!

第151回サンミュージックGETライブ1日目(2011/4/12)参戦

ちょっと遅れましたが、火曜日に今月のサンミュージックGETライブ初日に行ってきました。以下に今回印象に残った出演者についての感想を(五十音順)。

・朝倉小松崎
いつものギターを使った漫才。僕はあまりロック・ギタリストには詳しくないのですが、ザック・ワイルド兄貴はわかりましたw

エルシャラカーニ
抜群の安定感。しかしあともう一歩突き抜けてほしいなあ。贅沢な希望ではあるのですが。

・ORIE
最近新しくサンミュに入った女性芸人。フィリピーナの物真似が「ああ、なんかこういう人いそう」という感じで妙にリアリティがありました。

ケンキ
ずっとガンダムのキャラで来ていたのが、今度はエヴァンゲリオンのカヲル君になりました。これもかなり面白いですね。

・小林アナ
歌ネタ。今回はエディット・ピアフの「愛の賛歌」が元ネタでした。初めて元ネタがわかったw たまたま最近、BSだったかでピアフの特集番組を見たばかりだったので、ネタ見ながら頭の片隅でその映像が流れてました。

テル
例の菅直人ネタ。こういう時期なので何かぶちかまして来るかと期待しましたが、うーん、ちょっと不完全燃焼気味か。まあ、確かにそのまんますぎて、やりにくいというか難しい部分はあるんでしょう。すぐ「不謹慎」とか言う奴がいそうだし。

飛石連休
安心のクオリティ。しかしエルシャラ同様、贅沢な希望ですがもう一歩の突き抜けが欲しいです。ほんと、もう一歩のところまでは来ていると思いますから。

・鳥居孝行
イケメンを生かしたキザなキャラのネタ。本当にイケメンなので痛々しさがないですね。その分、突っ込みどころというかイジりどころというか、そういう部分もあまりありませんが。ただ、そういう芸人って他にいないので、ちょっと期待はしています。

鳥居みゆき
教祖ネタの新ネタ。そうか、このネタもキャラと大まかなフォーマットを枠として決めておくことで、中身を変えても成立するように作ってあるんだ。うまく考えられているなあ。彼女が凄いのは、その「枠」が何種類もあることでしょうね。

・ぷち観音
最近、ますます松原さんが体を張るネタが増えてきているような気が。何しろ体重がリアルに安藤なっちゃんの1/3という細さなので、見ていてちょっとハラハラしますw

・わらふぢなるお
あっという間にG1に上がってきましたね。南京錠の時代を知っているだけに、コンビの場合は相方が変わると芸もガラッと変わるんだということが本当によくわかります。

エンディングは、震災の影響もあって短かったですね。というか、ライブ全体もいつもより30分以上短かったです。出演芸人の数はそんなに変わってなかったと思うし、進行を特別に巻いていたという印象もないのですが。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 GETライブ

北九州市立大学の公開講座で再び講師をつとめます

昨年の9月、北九州市立大学の公開講座で「お笑い最前線:鳥居みゆきに見る革新性と伝統」と題し、鳥居みゆきについて話をする機会を与えていただきましたが(2010年9月5日「北九州市立大学の公開講座で講師をつとめました」参照)、ありがたいことに再び声がかかり、来月、また公開講座の講師をつとめることになりました。
今回は「英米文学のふるさとⅦ」というシリーズの中のひとつということで、僕の本来の専門分野であるジャズを取り上げ「アメリカにおける人種間の交流と壁:ジャズとロックに焦点を当てて」と題してお話をする予定です。
最初からジャズに関連する話をして欲しい、ということだったので、スコット・フィッツジェラルドとかジャック・ケルアックじゃ今さらありきたりかなあ、とか、トニ・モリソンだと今から読み返してネタを探すには時間が足りないなあ、だいたいそれやりだすと結局フィッツジェラルドも読み返さないと駄目だし、とか、好評発売中の拙訳「スコット・ラファロ その生涯と音楽 ~翡翠の夢を追って~」をネタにするのはやっぱり露骨すぎるかな、いやそもそもシリーズのテーマと繋がりにくそうだ、などとあーだこーだと悩んだ挙句、こういうことになりました。まあ、こないだ送られてきた全体の予定表を見たら、僕の次の回を担当される方がまさにトニ・モリソンを取り上げることになっていたので、結果的にはカブらなくて良かったなあ、と。
ジャズ喫茶「いーぐる」での講演と違って1時間半しかなくしかも時間厳守なので、本当にサワリ程度のことしか話せないと思いますが、エッセンスの部分をうまく紹介できたらなあ、と思っています。
誰でも受講できるそうなので、興味のある方はぜひどうぞ。

<<英米文学のふるさとⅦ>>第2回
「アメリカにおける人種間の交流と壁:ジャズとロックに焦点を当てて」
5月21日(土)10:00~11:30

(お問い合わせ先)
北九州市立大学 総務課地域貢献担当
TEL: 093-964-4194

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : ジャズ

鳥居みゆき、幻冬舎PR誌「星星峡」で小説の連載開始

幻冬舎のPR誌「星星峡」で、今月から鳥居みゆきの小説の連載が始まりました。
なんとか渋谷の某書店で入手してさっそく読みましたが、連作掌編というか、語り手や手法を変えつつ実は全部繋がっていますね。そして内容も、人間の持つ「業」というか、闇の部分というか、そういった怪物的な部分を描き出していく、実に彼女らしいものだと思います。その意味ではあの「夜にはずっと深い夜を」に通じる部分があるかも知れません。ただ、文体が少し変わったというか、センテンスや段落のリズムが前よりぐっとスパンが長くなったような気がします。もしかして、ついにパソコンを導入したのかしらん?
果たして来月以降も同じ人物の世界を紡いでいくのか、毎月毎月異なる世界を作っていくのか、あるいは混合させてところどころ交差させていくのかはまだ分かりませんが、今後の展開が実に楽しみです。
それにしても、今回の主人公格の登場人物に、「化物語」シリーズに登場する完璧な委員長にして実はもっとも怪物的なキャラクター、羽川翼を連想してしまうのは僕だけでしょうか。

なお、この「星星峡」は大きな書店で無料で配布していますが、もし近所に配布書店がなければ、幻冬舎に定期購読を申し込んだ方がいいでしょう。この場合は有料(2000円/年)となりますが、書店まで行くための交通費を考えればむしろ得かも知れません。

幻冬舎 営業部 電話:03(5411)6222/FAX:03(5411)6233

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人

鳥居みゆき、「ものまねグランプリ」で椎名林檎

鳥居みゆきが先日、日テレの「ものまねグランプリ」に登場しました。「ザ・サバイバル」と題されたものを含めれば4回目の出演かな?
彼女、この番組ではこれまで中島みゆき浜崎あゆみ一青窈の歌を披露してきましたが、ついに椎名林檎の「本能」を持ってきました。今回はものまねの間に漫談ネタを挟むという形で、ネタ部分にもしっかり椎名林檎を絡め、伝統的な言葉遊びでうまくまとめてましたね。もしかしたらこういう形式って、彼女自身のライブでも利用できるんじゃないかしらん。
それにしても、いつの間にか紹介テロップに「実力派」と書かれるようになっていたのが感慨深いです。


MIYUKI TORII ものまねグランプリ 20110407 投稿者 taro1982

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人

鳥居みゆき、「PON!」でジャン・バルジャン

鳥居みゆきが「PON!」にレギュラー出演。もうすっかり通常運転に戻りましたね。
今回のインタビューは帝国劇場の「レ・ミゼラブル」公開稽古の現場で出演者の中山エミリ知念里奈森公美子の3人に突撃。言葉遊びが冴えわたってますね。相手の3人も困惑しつつもしっかり乗ってきてます。っつーか○○○○デラックスには本気で噴きましたw
あと、こういう舞台の現場というのは、彼女自身にとってもいろいろと興味深かったのではないかという気もします。彼女の単独ライブを見てると、どんどん演劇的になってきてますし。


MIYUKI TORII PON! 20110408 投稿者 taro1982

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 PON!

プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。