スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

M-1グランプリ2009決勝終了

M-1グランプリ2009の決勝戦が終了。終わってみればパンクブーブーの圧勝でしたね。実は僕、彼らの決勝戦ネタの試運転を今月初めの「フラットファイヴLIVE vol.6」で見ています(ゲストとして出ていました)。やる前にサンドウィッチマンに「決勝でやるネタやるって言ってましたよ」「めちゃくちゃ面白いでしょうねえ」などと無茶苦茶ハードル上げられてましたけど(笑)、実際面白かったしかなりウケてて「ほな、これ決勝でやりますわー」と言ってました。今日の本番は本当に最高の出来だったと思います。納得の優勝ですね。
笑い飯は、1本目のネタは本当に神だったと思うし、正直この時点では「ついに笑い飯が優勝するか?」と思ったのですが、最終決戦のネタがあまりよくなかったような。終盤下ネタに走りすぎだったし。あと、テンポがどんどん走ってせわしなくなってしまうという悪い癖も出ていたような気がします。1本目が神だっただけに本当にもったいなかったですね。
敗者復活から上がってきたNON STYLEは、安定はしているのですが、なまじ技術的に非常に高いレベルで完成してしまっているだけに、かえって過去の自分たちを超えるのが難しくなっているような気が。敵は自分たち自身ということで、これは結構しんどい状況ではあります。

ようやく表舞台に出てきたパンクブーブー、これで一気にブレイクして欲しいですね。

関連記事
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : お笑い 芸人 M-1グランプリ

comment

Secret

No title

自分のブログで鳥居が好きと書いた後、新着でこちらに
同じニオイを感じお邪魔しましたが、失礼しました!

全然同じじゃなかった・・・
足元にも及びません・・・

今日は遅いので、また後日お伺いします!

私が一番好きなのは竹山との面談のヤツですね・・・

No title

笑い飯については、
松本さんと紳介さんが嬉しそうに話してたままの結果になってつい、
さすが2人良く分かっていたのだなと思ってしまいました。

審査員の話を聞いていると、漫才というものは、
ネタの良し悪しよりも、表現力の方に重きを置かれているみたいですね。
決勝に残っているのだから、
ネタはある程度のレベルには達しているということかもしれませんけど。

No title

笑い飯は8年連続決勝で良質なネタを消費してしまい
最後のネタはネタが切れてなんとか作ったという感じを
うけました。(松っちゃんと紳助さんはリラックスさせようと
思って笑い飯はもうネタがないと言ったと思うのですが、
本当にそうなってしまいましたね)でも鳥人のネタ、ものすごく
おもしろかったです。
パンクブーブーは2本とも、とてもよくできてて
笑い飯の2本目とくらべるとやっぱりパンクブーブーのほうが
良かったですね。
NON STYLEは去年の漫才はとにかくボケの数で勝負してましたが
今年のネタはボケの数を減らしてボケ一つ一つの質を上げてきた
という感じで去年の手数勝負の太ももたたきネタよりも
僕は良かったと思いました。
南海キャンディーズの漫才はしっかり見たことが
なかったのですが山ちゃんのツッコミが
言葉の選び方がよくて、おもしろかったです。
個人的に8位は低いなとおもいました。
ハライチはかなり新しいスタイルの漫才で、技術をつけていけば
かなりおもしろくなると思います。
初めてコメントしますが僕も鳥居ファンの中学生です。

No title

笑い飯の「鳥人」はほんとに神が降りてきたのに、残念でしたねえ。お笑いで神が降りた瞬間って、ほんとにすごいです。

ニーチェ風に言うと、お笑いってかなり「ディオニソス的」芸術ですよね。

No title

>>taka-taka様
いらっしゃいませ。いえいえ、僕はただ好きでやっているだけですよ。
カンニング竹山との「芸人面接」はもはや伝説ですね。僕もあれで鳥居さんの存在に気づきました。そういう人はかなり多いと思います。
またいらしてくださいね。

>>tyouji様
まあ、クオリティの高いネタを2つ用意するということ自体、本当に難しいんだと思います。
ネタの作りそのものは、今はNSCとかJCAなどスクール出身者が多いせいか全体的にレベルが上がっていると思いますが、それを人前で実際にやって笑いを取れるかどうかというのはまた別の話なんでしょうね。

>>indo様
いらっしゃいませ。
笑い飯は、2本目のネタはまあ過去と同じようなネタでしたが、「鳥人」は一皮剥けたかと思わせる神ネタでしたね。
南海キャンディーズの山ちゃんは、おっしゃるとおりツッコミとして凄い才能があると思います。昨年、鳥居さんとラジオで一度共演しましたが、そのときも凄かったですよ。
ハライチも澤部さんのアクロバティックなツッコミが素晴らしかったです。
またぜひいらしてくださいね。

>>ふみおさん
昨年のオードリー、一昨年のサンドウィッチマンもある意味「何かが降りてきた」状態でしたよね。
お笑いに限らず、人前稼業はすべてディオニソス的だと思います。絵画や彫刻も、人前で作る、というライブ的な要素が入ってきた途端にディオニソス的になると思いますね。

No title

笑い飯の二本目のチンポジは別に下ネタではなく2003の二本目の脱脂綿のくだりと同じタイプの笑いだと思います。
個人的には馬鹿らしさの笑いが好きなので笑い飯に優勝してほしかったのですが、パンクブーブーが素晴らしかったですね。
ノンスタは去年とちがって技術より発想で勝負してきましたが、二本目はいまいちでしたね。
さて鳥人ですがあれはすごかったですね。
まずすごいと思ったのが設定が異質なんですよね、
普通、漫才は日常によくあるような設定から入るものですが、
鳥人というありえない設定なんですよ。
だから普通の漫才で笑いのおこるはずのない設定の説明の部分でもう笑いが起こってるんです、つまり設定自体がボケになってるんですよ。哲夫があるいてきて西田がオドオドする、それだけで笑いが起きる、なぜなら哲夫の設定が鳥人なのでただ歩いてくるという行動がボケになるんですそれに対するツッコミがオドオドです、だから、まだ二人がしゃべりだす前からボケとツッコミが成り立ってるんですよね。
そこから存在自体がボケである鳥人がボケ出す、つまり二重のボケになってるんです。
その二重のボケのシステムのなかでWボケにのせて西田の大喜利などでみせる高い発想力のボケを熱く馬鹿らしくいいあう、これが鳥人のすごさなんです。
あと哲夫がたまにみせる独特のボケがまたいいんですよね、
今回の鳥人でのネギまのネギの部分だけをあげるというボケへの肉しか食べへんのかいというツッコミのあとにいった「手前のネギはたべたんだよ」とか08の四方向からぶつけられるというボケ自体はいまいちなんですがそのあとぼそっと言った「四面楚歌やでとかが面白いんですよ。」
哲夫は大喜利の力では西田に劣るんですけどそういうとこが僕が笑い飯が好きな理由の一つなんですよね。

No title

>>天空×字拳様
まさにおっしゃるとおりで、鳥人ネタはもうこの設定を生み出した時点でもう成功でしたね。この発想は凄いです。
哲夫は、テンパって喋りが走り出す癖を抑えるだけでだいぶ違うと思うんですが、まあこの舞台で緊張するなというほうが無理ではありますよね。
プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。