スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

あの音楽はどこへ行ったのだろう?

 平日は仕事が終わると疲れているので、夕食は外食で済ませてしまうことが多いのですが、都心にときどき会社帰りに立ち寄る中華料理屋があります。
 ここは完全に日本化した大衆料理としての中華料理屋ではなく(いや、そういうところも嫌いじゃないんですけど)そこそこ中国の部分を残しているような店なのですが、ここで夜に流れているBGMが、どういうわけか徹底して日本の演歌と歌謡曲ばかりなのです。
 歌謡曲でも昭和40年代ぐらいのものが多く、いちばん新しいのでアン・ルイスの「六本木心中」あたり。これ、ハードなギター・サウンドでロックっぽく仕上げてるけど、いま聴くとやっぱりコテコテの歌謡曲ですね。
 それでふと思ったのですが、いま、こういう演歌や歌謡曲っていったいどこに行ってしまったんでしょう?
 僕自身は演歌も歌謡曲も別に好きじゃないし、はっきり言うとむしろ嫌いなのですが、でもまったく日常から消え去ってしまうと、これはこれでなんだか妙な気分なのです。
 僕が子供の頃、TVでは「ザ・ベストテン」のような生放送の歌番組がいくつもあり、そういう番組にはジャニーズ系や堀越学園系のアイドルたちに混じって演歌や歌謡曲の歌手が普通に出演していました。売上チャートでも、トップ10以内にけっこう当たり前のようにど演歌が入っていたように記憶しています。バラエティ番組には生のビッグ・バンドが入っており(その代表が「8時だョ!全員集合」)出演する演歌や歌謡曲の歌手の伴奏をしていたという時代です。僕らの年代は、あるいはそういう時代をリアルタイムで経験したほとんど最後の年代なのかも知れません。
 しかしまあ、僕も嫌いとか言いながらも、90年代にはカラオケで(ウケ狙いもあったとは言え)そういう歌もがんがん歌っていたのです。「六本木心中」なんかでも思いっきり合いの手を入れていたし。ううううむ。

 あの音楽はいったいどこへ行ってしまったんだろう?
関連記事
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

comment

Secret

プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。