スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

北九州市立大学の公開講座で講師をつとめました

小倉駅昨日おこなわれた、北九州市立大学の公開講座「20世紀の光芒2 - 21世紀への流れ」の第4回「お笑い最前線:鳥居みゆきに見る革新性と伝統」にて、不肖わたくしが講師をつとめさせていただきました。
自分としては、鳥居みゆきを知らない方々に対し、映像資料も駆使してさまざまな角度から彼女の芸を解説し、その魅力を伝える、ということが主な目的でしたが、受講生の方々の年齢層がふだんライブの場で見かけるファンの面々と比べて圧倒的に高く(80代の方も何人かおられました)、果たして鳥居みゆきの黒い笑いが受け入れられるのか、ドン引きされて終わりなのではないか、と内心ちょっと心配していました。
でも幸いなことに、初っ端からぶちかました「芸人面接」で早くも笑い声が上がるなど好感触で、終盤ちょっと時間が足りなくなって若干端折りましたが、なんとかうまくまとめることができました。途中退席者もゼロで(こんなことはとても珍しいそうです)アンケートの結果もおおむね好評。とりあえず成功と言ってよい結果となり、講師としての責任を果たすことができました。いやあ、心底ほっとしました。
もちろん、鳥居みゆきがその芸の力で受講生の方々を惹きつけたことこそが成功の最大の理由であるのは言うまでもありません。これで少しでも彼女のファンが増えることを願ってやみません。

関連記事
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人

comment

Secret

念のため

大学の公開講座とは、地域貢献と生涯学習のため、一般の人々を対象に行われる授業のことで、法律によって規定があり、場合によっては単位を出すこともことも可能なものです。
さて著作権法には、公共の利益のために、著作権が発生しない例外規定がいくつかあります。例えば、本を点字化する場合は、著作権が発生しません。
公的な学校、つまり小・中・高・高専・短大・大学の授業の場合もそうで、放送されたものやDVDを授業で使用しても、著作権は発生しません。
なお、この例外規定はあくまで営利を目的としない公的な学校を対象としたものであり、それ以外の営利を目的とした学校、例えば、英会話学校の場合は、著作権が適用されます。

お疲れ様でした(^O^)

成功したようで
嬉しいです!!

うちも公演聞きに
行きたかったです(^^)

No title

40代半ばの男です。
青春時代には、太宰治と中原中也に耽溺していました。その後、遠藤周作、大江健三郎、村上春樹と乗り継いで、2年ほど前から、鳥居みゆきにハマっています。
今、40代以上の人たちの中で、その精神の目覚めの時代にたっぷりと毒をあおった人間にとって、鳥居みゆきの存在には、むしろ懐かしさすら感じるのではないでしょうか。ですから、年齢が上の人の方が、免疫がある分だけ、受け入れやすいのかもしれませんね。
それと、「革新性と伝統」というのは、彼女の芸を考える上でのキーワードですね。(伝統を掘り下げれば掘り下げるほどアバンギャルドになると言ったのは、4月が残酷な月であることを暴露したTSエリオットでした。)

ご苦労様でした!

ほんと! ご苦労様!

No title

講師のおつとめおつかれさまでした。
まさか鳥居さんが大学講座の教材になる日が来るとは(笑)
僕も受講したかったです(´∀`)

No title

お久しぶりです(パソコン壊れてしばらくここで動画が見れない状態でした)
すばらしい試みですね。
鳥居みゆきのファンって、お笑いにとくに関心は無いが文化的関心は高い人(僕もそうです)や、お笑い意外にもいろんな文化に触れている人が結構多いような気がします。それって鳥居みゆきが知性と感性で、既成の文脈をおちょくるやり方が際立って高度で絶妙だからなんじゃないかな、って思います。
鳥居みゆきは前代未聞な感覚も含んでいるけど、でもやっぱりこれぞまさに真にトリックスター的な存在なのだ、って思ってしまいます。凝り固まった観念を言葉と体で突撃しておちょくる、こういう大胆な人が必要だ、って思うんですよね。

No title

そうそう、書き忘れてました。
もうひとつ重要なのは、鳥居みゆきがチャーミングな存在である、って点かな、って思います。
ズレてるし、シニカルに奇天烈にズラしてくるけど、だけどなんかすごくチャーミングでおもしろい、そういう絶妙な存在感ですね、僕にとっての鳥居みゆきの良さって。

No title

ぶるさんは、プロのジャズ批評論家として確立した立派な地位を持っておられますが、可能ならば、同時にプロのお笑い評論家としてもお仕事をなさって下されば、そして評論家として鳥居さんをプッシュして下さればと願っております。
プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。