スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

Trio of Doomの真実、および山口県光市母子殺害事件

2b4cfdeb.jpg 昨日、やっと待望のTrio of DoomのCDを入手したのでさっそく聴きました。
 まずTony Williamsのソロ。そこから続けて超高速の "Dark Prince" に入ったところで「あれ?」と思いました。明らかに『Havana Jam』に入っているものと違うのです。不審に思いながら聴いていくと、ユニゾンのテーマからJohn McLaughlinがひとりでもう一度テーマを繰り返すとき、最初のほんの1,2音出したところで突然ギターのキーが変わったのです。いや、変わったというか、迷ってキーがふらついたという感じ。僕はメロディ楽器ができず譜面も弱いので具体的にキーが何なのかはわかりませんでしたが、変わったことぐらいは聴けばわかります。Jaco Pastoriusのベースのラインもどこか変です。そして演奏が進むにつれてバンドの音はますますおかしくなっていき、しまいには完全にばらばらに崩壊してしまってほとんど「終われない状態」寸前に。最後はJohn McLaughlinがほとんどヤケクソで無理矢理テーマに突入し、なんとか終わらせたという感じでした。その後に続く曲もいずれも壊滅的に息が合っておらず、散発的な個人技でなんとかしのいで繋いでいる状態。これ、この3人だからぎりぎりのところで何とか持っているけれど、並のミュージシャンなら完全に演奏が止まっていたかも知れません。結局、グダグダのままライヴ・テイクが終わってしまいました。
 頭の中に無数のクエスチョン・マークを浮かべたまま、続けて収録されている "Dark Prince" スタジオ・テイクを聴くと、明らかにこれが『Havana Jam』に収録されている演奏。その他の曲も、音を聴くかぎりこちらの方が『Havana Jam』に入っている音です。
 最後までひととおり聴いてからライナー・ノートを読み、謎が解けました。実は『Havana Jam』に収録された演奏は、スタジオ録音したものに拍手や声援の音をオーバーダブして、ライブ録音であるかのようにミックスしたものだったのです。
 なぜそのようなことになったのかと言うと、要するに実際のライブでの演奏があまりにもひどかったので、あとでスタジオでやりなおしたのだということです。なんだか深く納得。
 さらにいろいろ調べてみると、John McLaughlin本人がその時の様子を詳しく語っている2004年のインタビューを見つけました。以下はその部分の要訳です。

リハーサルの時は最高だった。それでキューバに入り、ステージに立った。1曲目は私の作曲した "Dark Prince" だった。これは基本的にCマイナーのブルースで、途中で何度かキーが変わるという曲だ。ところがステージが始まった途端、Jacoが全部ぶっ壊してしまったんだ。あいつはいきなりAメジャーで、しかも信じられないほどの大音量で弾き始めたんだよ。それでTonyと私は「一体どうなってるんだ?」と顔を見合わせてしまった。Jacoは構わず、Jimi Hendrixみたいに派手なアクションで弾き倒していた。ステージは最後までそんな具合だったよ。演奏がすべて終わったとき、私もTonyも激怒していた。Tonyなどステージから降りるや否やトイレに駆け込んで吐いてしまったぐらいだ。Jacoが私に「おまえらすげえな」などと何事もなかったかのように声をかけてきたので、私は「あんなことしておいてどういう神経してるんだ、もうお前の顔も見たくないし、声も聞きたくない」とわめいてしまったよ。私の気はそれですぐ収まったけれど、Tonyは収まってなかった。
ステージから2週間ぐらいしてCBSから電話があり「じゃあ、あれをレコードにしようか」と言ってきたので、私は「あんなひどい演奏、死んでもリリースしないぞ」と言った。それでCBSの提案で、あの時の曲を52丁目のCBSスタジオで録りなおすことになった。
スタジオに入ったとき、TonyはJacoの方を一瞥もしなかった。Jacoはもう最初からナーヴァスになっていたね。レコーディングが進んで、例の "Dark Prince" を1テイクやったあと、3人でコントロール・ルームに入ってプレイバックを聴いた。そのときJacoが「もっとうまくできると思うなあ」と言った。その途端、Tonyが突然弾かれたように立ち上がって「ああ、もっともっとうまくやれるさ、マザーファッカー!」と叫びながらJacoの胸倉を掴んで壁に押しつけたんだ。それまでTonyが怒るのを見たことは一度もなかったけど、あれはまるで小さな火山が噴火したみたいだったね。Jacoはもう「なあ、ごめんよ、悪かったよ…」としか言えない状態だったよ。Tonyはひとを殴ったりすることはなかったけど、いちど怒ると誰も止められなかった。そのあとTonyはスタジオに入っていき、自分のドラムセットを破壊して、家に帰ってしまった。そういうことだったんだよ。

(原文:http://www.abstractlogix.com/interview_view.php?idno=23

 なるほど、TonyがJacoの胸倉掴んだというのはライブが終わったあとの録りなおしの時だったんですね。
 しかし今回、この3人の中で唯一の生き残りとなってしまったJohn McLaughlinの決断で、すべての記録があるがままの状態で公式リリースされたというのはファンにとっては嬉しいことです。「本当の」ライヴ音源も、噛み合ってないことによって逆に緊張感が増しているところもあり、まさに綱渡りのスリルにも似た興奮を覚えます。この3人のファンならやはり必携のCDでしょう。

 ところで、実は例の山口県光市母子殺害事件の差し戻し控訴審についてもいろいろと書こうと思っていたのですが、突っ込みどころがあまりにも多すぎてうんざりしてしまい、書く気が失せてしまいました。とりあえずあの安田好弘をはじめとする愉快なキチガイ弁護団、そのお仲間で「私なら、世間に“性暴力ストーリー”と受け取らせず、"母胎回帰ストーリー" と示せた」などと口走っている日本福祉大学の加藤幸雄、「私は犯罪被害者より加害者のほうが辛いと思う。被害者の苦痛なんて交通事故のように一瞬だ」と著書に書き、本村洋氏にもTV番組で暴言を吐いたことのある明治大学の菊田幸一、それについこないだTV番組で少年犯罪被害者の遺族に暴言を吐き、しかもその根拠を求められて何も答えられず逃げた民主党の郡和子と平岡秀夫は、全員絶望的なまでに頭が悪く(刑罰の意味、意義等についてまるで理解していないし理解しようともしていない。職務怠慢であろう。本村氏のほうが百万倍わかっている)、それにそもそも弁護士とか学者とか政治家とか言う以前に人間として重大な欠陥があるとしか思えないので、一刻も早く消え去って欲しいものです。彼らは社会正義の敵であり、凶悪犯罪の発生を助長しようとしている反社会的な輩とさえ言えると思います。
 それから、本職の弁護士も含めて今回の件についての世論の盛り上がりを「感情的だ」の一言で切り捨てている者がいます。なるほど。そんなに感情的なものを排除したければ、情状酌量も一切なくせばよいのではないでしょうか。そして機械的にひとりでも殺せば死刑、などというように決めて、例外を認めず粛々と適用すればいいのです。それが彼らの望む社会なのでしょう。僕は嫌ですけど。
 この事件、図らずも日本の司法の根幹を揺るがす大きなターニング・ポイントとなりつつあるような気がします。
関連記事
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

comment

Secret

キチガイ弁護団かぁ。それにしても自分が被害者やその家族にならぬと、ここまで「行為の結果」を「ねじ曲げた解釈」が出来るものかと驚きますね。

犯罪被害者の家族となった元「死刑廃止論」の弁護士は、今ではかってとは逆の立場になっています。被告弁護士とそれに同調する人たちって、やっぱり自分の家族が血祭りに上げられないと分からないのかなぁ。

そんな「他人の心を思いやる」余裕も無い人たちが幾ら熱弁を振るっても、そちらの方が砂上楼閣なんだけどなぁ。

>それから、本職の弁護士も含めて今回の件についての世論の盛り上がりを「感情的だ」の一言で切り捨てている者がいます。

最近わりとそういう「一歩引いた冷静な見方」みたいなのが流行ってるようですがなんか気に入らないです。感情的だと切り捨てるのが冷静だなんてのは大いなる誤解であると思う次第であります。

感情を勘定に入れないというのであれば裁判で争われるべきことはただひとつ「やったかやってないか」以外には無いと思いますし(私はそれならそれでかまわんのではないかとも思いますが)「感情的になるな」という言葉は気の狂ったメルヘンで刑を軽くしようと算段してる輩どもにこそ向けられるべき言葉であろうと思うのでありました。

ぶるさん

Weather の日記掲載ありがとうございます。

あの映像はワタシ・・・

本当に泣きながら見てました。

うれし涙と、半々位・・・

貴重な作品です。



TRIO OF DOOM

の解説ありがとうございます。

読めない英文の要約・・・有り難かったです。



この頃の Jaco については複雑な思いも絡みますが

ワタシは " Jaco ファン " 。

これも貴重な記録と言うことで

購入です。



しかし最後の5行。

ぶるさんの音楽に対する愛情とフェアな姿勢を感じました。



またぶるさんの " 講義 " を

聴きたくなりました。

>>たまどんさん

元「死刑廃止論」の弁護士、自分の妻が殺されてはじめて「被害者の気持ちが分かった」と語り、今では本村氏を支える主要人物のひとりですね。

想像力があれば実際に経験しなくても分かると思うのですが。

っつーかどう見ても被告の「証言」、ほとんど「捏造」、よくてせいぜい「誘導」にしか見えません。モロ台本ですよ、あれ。

>>重月さん

もしかしたら「自分は他の連中とは違う」ということを誇示したいのかも知れませんね。最近そういうのを「中二病」と呼ぶようですが。

ところであのキチガイ弁護士たち、ほとんどの者の名前がオープンになっていないのはなぜなんでしょうね。まあ裏ではそれらしいものがばんばん流れてますけど。

>>サイトウさん

Jaco、確かにいろいろ問題を抱えてましたが、やっぱり紛れもない天才だったと思います。というか、そういうパーソナリティまで含めて「Jaco」なんでしょうね。

講演ですが、ついこないだ「いーぐる」の後藤さんにも「そろそろやれ」と言われました(笑)。どのネタでやろうかなあ。

プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。