スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

『エンタの神様』は如何にして鳥居みゆきを潰したか

…いや、あれぐらいで潰れるような芸人じゃないとは思いますけど(笑)。まあ、いかにあの番組がクズか、ということです。

一夜明けて、『エンタの神様』に出た鳥居みゆきの映像がYouTubeに上がってきました。
あらためて見直してみて、やっぱりあの番組、つまりは仕切っているプロデューサーの五味一男はどうしようもないクソだと再確認。鳥居みゆきのスタイルが無残に変えられ、毒が見事に抜かれてしまっています。
何と言っても中島みゆきつながりで持ってきた「恨みま~す~」のフレーズと、それに繋げたあるあるネタ。これぞまさに五味プロデューサーの得意技であり、彼が番組付きの構成作家に書かせた臭いがプンプンします。そもそも今の鳥居みゆきの芸風とはまったく違うので、見ていても露骨に浮いています。確かに「まさこ」発狂前の鳥居みゆきのネタにはあるある系のネタもありましたが、それにしてももっともっと不謹慎でブラックな、猛毒を含んだネタ(存命の芸能人をあげつらうなど)だったわけで、つまりは今回の「ネタ改悪」は彼女の過去の焼き直しにすらなっていないということなのです。
当然、ネタがそんな風に変えられてしまっているので、喋り方も発狂した「まさこ」から変えざるを得ず、ある意味「フツー」になってしまっています。服装も、まるでキチガイ病院から脱走してきたようないつもの格好ではなく、ごく普通の服を着ています(昔のライヴで使っていた衣装ではないかと指摘している人もいますが、僕は当時はリアルタイムで見ていないのでわかりません)。くまの多毛症も連れておらず、マラカスも持っていません。辛うじて裸足だけは守り通してましたが。変形「木下さん」ネタも、マラカスがないのでああいう形(植木鉢?庭石?)にせざるを得なかったのだと思われます。
要するに、鳥居みゆきの「得体の知れない異物感」が見事にすべて剥ぎ取られてしまっているわけで、ぱっと見のインパクトが半減どころか9割減になってしまっているのです。これではまったくの別人であり、果たして「鳥居みゆき」の名前でやる意味があるのか、というきわめて根源的な話になってしまうのです。
なかには、キャラクターが「まさこ」で固定してしまうことのリスクを唱える人もいるようですが、まさにこれからブレイクスルーするかしないかという今のタイミングでキャラクターを変えるのは逆におかしいと思います。むしろここはキャラクターを固定して一点突破すべきです。キャラの多様化を図るのはその後でいい。まあ、確かにデビュー時のキャラから抜けられなくなる芸人は少なくないのですが、鳥居みゆきの場合は、たとえ同じネタをやっても自分から少しずつマイナーチェンジを加えていくような芸人なので、その点では僕はあまり心配していません。
結局、五味プロデューサーがしたことは、鳥居みゆきの本来のスタイルを勝手に破壊して、自分が考えた陳腐なワンパターンに押し込めたということなのです。自分に才能があると勘違いしているのでしょうか。そもそもいったい芸人を何だと思っているのでしょう。それに視聴者を馬鹿にしています。「こうしときゃ売れるだろ」みたいな驕りすら感じられます。
まあ、少なくとも芸人を視聴率を取るためのコマとしか見ていないことは確実ですね。視聴率のためなら芸人を潰しても何とも思わないような貧乏臭い小者でなければ、そもそもこんな発想は出てきませんから。

素朴な疑問ですが、こんな番組、本当にまだ人気あるんですか?芸人にとっても視聴者にとっても、存在意義がまるでない低レベルの番組なんですが。僕自身、ずいぶん前に見なくなっており、今回、鳥居みゆきが出るというので実に久しぶりに見たんですよね。存続しているのが不思議です。



関連記事
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき エンタの神様 お笑い 芸人 五味一男

comment

Secret

あ゛~、これは、「まさこ」発狂前のネタのコラージュでは(「堕天使」とかでやってた)。でもこれって鳥居みゆき本人にしてみたら、作家にとっての「デビュー前の黒歴史原稿」みたいなもんじゃないかなあ。ヤバイねたを自主規制したというより、Gyaoとかとの差別化をはかって、「うちの局は『まさこ』以外のネタで勝負させるもんね~。他の番組とは違うんだもんね~」とやりたかったのかな。ま、結果として、彼女が今自主的にやっているネタがどれほど魅力的かを再認識させる結果だったと言えましょう。エンタなさけなす。

>>ふみおさん

なるほど、昔のネタをリサーチして貼り合わせてたんですね。

しかしそれこそ彼女にとってはもう通り過ぎてしまった過去のものだし、ましてその間に芸風というかキャラ設定が変わってるわけで、いくら自分のネタとは言え今さらやるのは相当やりにくいんじゃないかなあ。

いずれにせよ、芸人を下手にコントロールしようとするエンタは駄目ですね。

あなたは本当に真実を知らずに

「思い込み」だけで決め付ける

いわゆる「自分はレベルが高いとうぬぼれている馬鹿ですね」

私は4年も前から鳥居さんのファンですが、

今回のネタは鳥居さんのオリジナルが、

ほとんど忠実に行われています。

もっと勉強してから語って下さい。

エンタを批判すればなんでも支持されると思ったら大間違いですよ。

>>多田健二さん

辛辣なコメントありがとうございます。というか、その名前、いいんですか?まさか本人ではないでしょうし、勝手に芸能人の名前を騙るのは法律上いかがなものかと思いますが。



私は確かに鳥居みゆきのファン歴は短いですし、いわゆるギョーカイの人でもないので、まだ知らない部分は多々あります。その点についてはご指摘のとおりです。

後学のために、あなたの豊富な知識とあなたがご存知の「真実」に基づいた、思い込みがいっさい入っていないあなた自身の今回のエンタに関するご意見を、オープンな場所で披露していただきたいと思います。ぜひ読んでみたいので、よろしくお願いします。

>>ぶるさんへ

誤解しないで欲しいのは私が

「エンタファン」でもなんでもないって

ことです。

そしてお笑いに関しても特に詳しい訳では

ありません。

ただの鳥居さんファンです。鳥居さんには

「まさこ」の他に「堕天使」「巫女」「ミチコ」など様々なバリエーションがあります。

そして鳥居さんは決して「エンタ」の言う

ことは聞かないと思います。

だから、エンタを批判することが実は芸人そのものを批判している場合もあるということを

理解してください。



P.S本名かどうかは伝える義務はないと思いますが、「多田健二」がカウカウの芸人だと

初めて知りました。





うーん 日本の番組はわかりにくいわあ

うるるんとか 好きでしたけど

>>多田健二さん

私も鳥居みゆきの芸にそういうものがあるのは承知しています。ただし昔のものはリアルタイムで見ていないこともあり、すべてを追うことは当然できません。

ただ「鳥居さんは決して「エンタ」の言うことは聞かないと思います」というのも、あなたの憶測に過ぎないのではないでしょうか。その意味では、私もあなたもやっていることは同じようなものだと思います。

ちなみに、私は分野は違いますが芸能関係と接点を持っていたことはあり、売るために本来やりたいことと違うことをさせられた人たちを実際に見ています。



>>アイナハイナさん

いやあ、この番組はちょっと異質かも知れないですけどね。

ただ、日本のテレビは確かに変なところがいっぱいあると思います。バブルのときにすっかりおかしくなったと僕は思っているのですが。

はじめまして。

私はここ数ヶ月ではありますが鳥居みゆきにすっかりハマっている者です。地上波でも見れる場合はほとんどチェックしていましたが、エンタだけはどうも納得がいかず、鳥居みゆきをよく知らない友人相手にいろいろと愚痴ってましたので、ぶるさんの分析?を読んでかなりスッキリしました。



実は私もプロデューサーに無理矢理キャラ&ネタを変えられたと思い込んでいたのですが、確かに真相は判りませんね。そこで、たぶん頭のいい彼女のことだから「エンタ用の鳥居みゆき」はこんな感じって判断してやったのだと思う事にしました。エンタで定着キャラ作ると潰れるまで使われるというイメージが(私には)あるので、それも良い選択肢かなと。



私も鳥居さんは自身で進化していく人だと思ってますので、一喜一憂せずに長いスパンで見てみることにします。(希望を言えば、「まさこ」のようなキャラで細く永く?いってほしいのですが…。)

>>艦長代理さん

コメントいただきありがとうございます。

そうですね、確かにエンタで下手に「まさこ」で押し切っちゃうとかえってまずかったかも知れませんね。

真相は当事者にしかわかりませんし、現実にもう終わっちゃったことなんで今さら何を言ってもあんまり意味はないのかも知れませんが、どういう形であれメジャーな番組に出たということで、プロフィールの賑やかしとしては役に立つのではないでしょうか(笑)。

4月に出るDVDが楽しみです。テレビではできないネタをやるそうですし。

僕もエンタは生理的にだめです。
五味氏という人が仕切っているのは、サイゾーにも書いてあったので、この人の感覚は、自分とは真逆なんでしょうね。
ただ、そういうことは世の中に沢山あることなので、いちいち気にするより、目に入らないように(もしくは感覚スイッチをoffに)してやりすごすことにしています。
ところでぶるさんは、perfumeもお好きなのでしょうか?とすると僕とかなりかぶります。

>>タンジ様
エンタはまあ、ああいうものということで(笑)。もう長くは続かないんじゃないかと思いますが。
perfumeは、噂はちらほら聞いているのですが、実はまだよく知りません。

>perfumeは、噂はちらほら聞いているのですが、実はまだよく知りません。

 そうでしたか失礼しました。去年末に出たsingleが「ポリリズム」というタイトルだったので邪推してしまいました。

>>タンジ様
いえいえ、僕はドラムも叩くので、ポリリズムはとても身近なのですよ。
perfumeも機会があったら聴いてみます。
プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。