スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

鳥居みゆき、三たび「エンタの神様」に出演か

番組の公式サイトの予告映像によると、どうやら鳥居みゆきが次回の「エンタの神様」に出るようです。3度目の出演となりますね。
映像を見るかぎりでは彼女、また「みちこ」の格好をして(させられて)います。先月、サンドウィッチマンの富澤たけしのブログ「名前だけでも覚えて帰ってください」にこの格好で登場していましたが、もしかしたらその時が収録だったのかも知れません。
しかしなぜこの期に及んで「まさこ」ではなく「みちこ」なんでしょうね。ネタの内容的には同じだし、何よりGyaoで自ら語っていたとおり、鳥居みゆき本人が「まさこ」で出たがっていたのに。もし他の番組との差別化を図りたいのなら、それこそまだ地上波ではどこも取り上げていない「妄想結婚式」や「こっくりさん」の路線で行くべきだと思うのですが。五味プロデューサー、いったい何をしたいんでしょう。リスクは取らずに視聴率だけは取ろうということなのでしょうか。

そんなわけでちょっと気分がくさくさするので、ラサーン・ローランド・カークの怒涛の演奏でも聴くことにします。まあ、フリージャズの要素も入っているので、鳥居みゆきのフリートークと共通点がないわけではないですが(←かなりこじつけw)。
ちなみにこれは1975年のDown Beat Poll-Winners' Showでの演奏です。他の登場人物も(分かる人は分かりますが)超豪華です。実は僕、このショウの映像をフル・バージョンで持っているのですが、本当に凄いです。DVDにならないのかなあ。
では、カークが演奏中に息継ぎを何回しているか数えながらごらんください(笑)。



関連記事
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 エンタの神様 ローランド・カーク ジャズ

comment

Secret

ははっ。まあそんなにクサクサしないで下さい。
ぶるさんは巫女姿は嫌いですか?私は嫌いじゃないので背景は気にせず見ようかと思います(^_^)v

でも「みちこ」ってエンタのためのキャラなんスかね?初めて見たのはGETライブ#33の映像ですが、この時はエンタ用のプロトタイプだったのかも知れないなー。

確かに鳥居みゆきとImprovisation Jazzはかなり近似値にありますね。
制御の外にある音感や触感、意図的なアイロニー、ダダ的アプローチなどはヨーロッパフリーのそれに近いかも。プラマイ0だね。

>>米のよしだ様
いや、巫女姿そのものは嫌いじゃないですよ。気に入らないのは、それを彼女が自分の意思ですすんでしたのではなさそうだからです。
これ、エンタのためというわけではないと思います。たまたまエンタのリサーチ部隊がGETライブか何かで「みちこ」を見ていたのではないかと。

>>プラマイ0様
そうですね、アメリカと言うよりはヨーロッパでしょうね。日本でも渋さ知らズあたりは近いかも。

破壊の上に成り立つ構築

はじめまして。いつも楽しく拝見しております。
youtubeで「カンニングの恋愛中毒」を観てすっかり鳥居さんにはまりました。
現在のお笑いの主流はダウンタウン以前/以後で語られることも多いのですが、
彼女はその潮流の土手っ腹に風穴を開けたような気がします。
彼女がのいるこいる師匠を見て「こんなことやってもいいんだ」と思ったように、
彼女を見て同じようなことを感じた人がたくさんいると思います。
もちろん彼女以上に過激また個性的な芸人はいくらでもいるでしょうが、
それをテレビ(地上波)というメディアにおいて上手くいやっている人はなかなかいないでしょうね。

彼女を音楽に例えると(フリージャズのことはよくわからないのですが)、
ロックでいえばパンク/ニューウェーブだと思います。
だけどその手のジャンルにありがちな軽薄さが感じられるわけでもなく、
また低技巧がゆえに「アバンギャルド」という言葉に逃げがちなわけでもなく、
むしろフランク・ザッパ、キャプテン・ビーフハート、またジェスロ・タルなどと
同じような匂いを感じます。
彼女はお笑いにおける「トラウト・マスク・レプリカ」を独りで作り上げようとしているのかもしれません。

あ、それはそうと鳥居さん、Friday(立ち読みなので誌名失念)で紹介されていましたね。
小中学当時のぽっちゃりした写真が何点か紹介されていました。
旬の芸人を興味本位で取り上げた感も無きにしも非ずですが、
記事の内容は好意的な感じだったと思います。

長文失礼しました。

>>Rodoriguez様
いらっしゃいませ。いつもお読みくださりありがとうございます。
彼女のような、根源的な無意識の部分にダイレクトに刺さって来るような笑いは今までの日本ではなかったと思います。というか、彼女の他にできる人はそうそういないのではないかと。これは才能や資質の問題で、努力でどうにかなるものではないと思います。ワン・アンド・オンリーの存在じゃないでしょうか。音楽で言えば、確かに僕も彼女にザッパのようなものを感じます。
フライデー、出てましたね。ここまで来たらもう大江戸線とは言えないですね(笑)。
プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。