スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

鳥居みゆき24時@ロンドンハーツ

鳥居みゆきが「ロンドンハーツ」の特別企画「鳥居みゆき24時」で、大々的にフィーチャーされました。
基本的には前の寝起きと同様に古典的なドッキリ企画で、その分、仕掛ける側のバランス感覚や技術がヘボだと目も当てられなくなるのですが、いやあ、これは凄かったですね。6つのポイントを設定したうえであらゆる角度から彼女を捉え、「素をえぐる」と称して彼女の言動を徹底して観察しいじり倒しながらも、しかし実際には彼女のイメージを壊すことは絶対にせず、むしろ細かいところまで的確に拾って、彼女がおいしくなるようしっかりと生かしています。最後の偽CMの水攻め+落とし穴2連発も、ロンドンブーツ淳が彼女をちゃんと「芸人」として扱い、本気でドS炸裂させてぶちかましているのがわかるので、見ていても不快感を感じません。この扱いは「芸人・鳥居みゆき」としても喜ぶべきことではないでしょうか。
全体としてこの番組、「鳥居みゆきってやっぱりかなりアブくて普通じゃない、でもすごく真面目な面もあるし、決して馬鹿というわけでもない、それに何より面白い」という、彼女にとっては理想的と言ってもいいポジティブなイメージを打ち出すことに成功したのではないでしょうか。それに、目立たないもののよく見ると多毛症もちゃんといい仕事をしています。実に目配りの利いた素晴らしい作りだったと思いますね。寝起き企画とあわせて、ロンブー淳をかなり見直しました。この人、タダモノではありません。
それにしても、青木さやかもコメントしてましたが、マネージャーの毛林、いやもとへ、小林さん、ほんと「お父さん」って感じですね(笑)。それに、鳥居みゆきに日々鍛えられてますから、もしかしたら下手な芸人よりもフリートークが上手いんじゃないかという気も(爆)。そうそう、小林さんの2シーター(これたぶん本来は彼の私物なんじゃw)で移動しているときの風景が明治通りとか代々木公園裏とか六本木など僕自身もそこそこ車で走っているところだったり、ナンパ部分の撮影場所がやはり僕もよく出没している渋谷の丸井前だったりなど、「あー、あそこだあそこだ」という楽しみもありました。まあ、これはいささか個人的な楽しみですが。



関連記事
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 ロンドンハーツ ロンドンブーツ 青木さやか

comment

Secret

ロンブー淳

お邪魔します。私の同僚の弟が業界人なんですが、その弟さんの話によるとロンブー淳は番組の企画会議にも積極的に参加して出演者をどうおいしく活かすかに関してすごく頭を使っているそうなんです。それがほんとだと今日感じました。豆知識です。ではでは

 いつも鋭いコメント、拝読しています。今回も、的確な番組評でした。

 それにしても、鳥居さんほど「素」と「キャラ」が話題になる芸人って、あまり例がないように思います。究極のキャラ芸人ということでしょうか。
 「キャラ芸人」というと、軽い印象がありますが、遡れば、チャップリンだって、キートンだって、キャラ芸人でした。日本でも、植木等や渥美清は、それぞれのキャラをひたすら演じきっていたわけで、芸人の本道なのではないかと思います。

 で、これだけ演じきれている鳥居さんは凄いなぁ……と、結論はそこに行きついてしまうのですが、何というか、「芸人面接」以来の道のりが思い出されて、笑いながら感無量になるという、稀有な体験をしたもので、頭がまとまらないまま書きこんでしまいました。
 

地球が漏れちゃいましたね~っ♪

そして、鳥みぃ自身も地球の容量を超えて漏れちゃった、
潤しき癒しの天然水ですねっ♪♪

今回のロケ地は、ハッピーマンデーの浅草仲見世に続いて、鳥居ファンにとっての観光スポットになるかもしれませんね(笑)。だれか、マップ、作ってくれないかなー?あーあ、上京してぇなー。

>>鳥居あつかい注意様
情報ありがとうございます。やっぱりそうなんですか。深く納得しました。
僕自身は業界の人ではないので、もちろんそういう内幕は実際に見たことはないのですが、ロンハーは完全にロンブー淳のカラーが全開になっているように見えるので、たぶんそうなんだろうなあと想像していました。

>>らっこ様
ありがとうございます。
鳥居みゆきの場合、キャラ芸人というか、どんな時も常に何らかのキャラクターに憑依しているというか(笑)。
「芸人面接」当時、自分で多重人格だと言ってましたが、あながち「設定」ではないのではないかという気がします。

>>ぺろんちょ様
漏れましたねえ(爆)。
いやでも、確かに彼女を見てると、ときどきふっと癒されるように感じるときってありますね。何なんでしょうね、これって。

>>匿様
わはははははは。「鳥居みゆきがナンパから逃れようとして走りこんだ渋谷の丸井の横にあるくぼみ」とか、「鳥居みゆきがケーキをものすごい勢いで食べた喫茶店」とか(笑)。あの喫茶店、どこなんでしょうね。

「私はお笑いの世界にいるよ。」これ、鳥居さん自身の発言でしょうか、それとも曲つながりでスタッフが持ってきたのでしょうか。どちらにせよ、この言葉、芸人鳥居みゆきの在りようを端的に表していてグッときました。今いる、ここにいる。(この時代を貴方たちと共に生きている。)こう言い切ってくれる、あるいは感じさせてくれる表現者は、なかなかいるものではありません、幸せです。落とし穴2連発、これを見てうらやましいと思わなかった芸人はいないでしょう。これぞ、お笑い世界の”最恵国待遇”扱い。周囲がいかに鳥居さんを高く評価しているかが分かります。これだけおいしくイジッてもらえれば鳥居さんとしても”ありがてぇ~”以外の言葉は無い訳で、そんな彼女の昂揚した心地良い雰囲気がこちらにも伝わり、私も”ありがてぇ~”、そして視聴率も高かったそうで”ありがてぇ~”皆が”ありがてぇ~”のハッピーマンデーならぬハッピーチューズデイだったと思います。

>>Dan Nagay様
確かに、最後にそのフレーズが入ったことで、全体がビシッと締まった感がありました。それまでのいろいろな要素が全部有機的に絡み合って、その一言に全部収斂していくというか。ある意味、最強のオチですよ。
彼女について語る上で、このフレーズは非常に重要なキーワードになるかも知れませんね。
プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。