スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

鳥居みゆき@GETライブ#18

日テレプラスの「大爆笑!!サンミュージックGETライブ」#18のアンコール放送で鳥居みゆきのネタが放送されました。
今回のネタは、おそらくYahoo!動画「サンミュージックお笑いライブTV (現在は終了)」で2007年2月23日~2007年5月30日に公開されていた「私の病名は…」と思われます(収録は2006年7月11日)。O.ヘンリーの短編小説「最後の一葉」をベースに「死」と「被害妄想」に関するキーワードをちりばめたもので、放送禁止用語を連発したりなどということはしていませんが(あ、でも何箇所かカットされてる?)、かなりブラックで「苦い笑い」です。mixiでは、先日の彼女の単独ライブのことをニュースで知り「不謹慎だ」などと日記で非難した人がずいぶんいたようですが、その手の連中にはこういうのは絶対わからないでしょうね。そういう手合いってまだまだ多いんだなあ、といささか暗澹たる気分ではあります。この件については筒井康隆の断筆事件の際にさんざん議論されたと思っていたのですが。その意味では「空飛ぶモンティ・パイソン」のような不謹慎極まりない笑いを40年も前に、しかも国営放送で堂々と放送したイギリスはやっぱり凄いと言わざるを得ません。知的成熟度のレベルが違います。
それから、今回特筆すべきなのは彼女の衣装。いまの「まさこ」の白装束のルーツがこれなのでしょうか。となると、彼女自身「まさこ」=「入院患者」という発想があったことになります。この時点ではまだ「多毛症」はいないようですが…。以前コメントへのお返事でも触れたとおり、今の「まさこ」の中にあるイノセントさを象徴する装置として「多毛症」が機能していると僕は考えているのですが、その観点から、いつごろから「多毛症」が登場するようになったのかというのは非常に興味深いです。
それにしても、あの「ドナドナ」ってもうこの時やってたんですね(笑)。

さて、今日はこのあと少しジャズ評論の原稿を書いてから「東京腸捻転」に出撃です。鳥居みゆきがどんなネタをやるのか楽しみです。



関連記事
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 GETライブ

comment

Secret

うわ。こういう被害妄想ネタも定番化してほしいなあ。でもやっぱりテレビじゃやりにくいかなあ。うーん。イライラ。

こんなネタもあったんですね。初めて見ました。
堕天使とまさこの中間みたいな感じでしょうか?
ここでドナドナをやっているってことは、髭ナイトの時は即興ではなかったんですね・・・。う~ん、すごいなこの人は。

芸に対しては、一つ一つ良く考え、慎重に進めていく鳥居さんが、どのようにしてマサコという飛躍を成し遂げたのか、興味のあるところですが、これはおぉという感じですね。
原型は出来上がりつつある、特に、芸人面接からはもうそんなに遠くないという感じです。カットだらけで特に後半が意味のつながりの悪いところもありますが、貴重な映像だと思います。

死をテーマに創作する事が不謹慎なら

>単独ライブのことをニュースで知り「不謹慎だ」などと日記で非難

 鳥居さんが死を真剣に見つめているからこそ、死の本質から目をそらす『葬儀』という儀式・形式をもネタにして笑い飛ばすのだし……、というのはファンゆえの贔屓目でしょうか。
 いやスミマセン、ライブ見てないのについ妄想で擁護してしまいました。でも非難している連中も、中身見ないで妄想で悪口垂れ流しているんだから、擁護も妄想で十分ですよね。(だめ?)

 mixiでのその手の感想日記は僕も一件読みました。それは要約すると「死をネタにしてるから不謹慎」というものなのですが……、少しでも自分が普段触れている創作物に思いを馳せれば、よほど想像力の欠如している人でも「おかしい」と気付きそうなものなんですけどねえ。こういう事言う人って、『私の死亡記事』とかも、ヒロインが死んじゃうお涙頂戴な映画も、不謹慎だと糾弾するんでしょうか。

単独ライブの不謹慎云々は単純に情報を得やすくなったから、そこらじゅうで色々な反応が起こるということで、ある意味今の社会では当たり前の現象として受け流すのが良いのかなと最近思い始めました。「地上波でやった」とかなら分かりますが。

冷静に考えれば私だってネットが発達する以前はそんなに情報は得ていなかったので反応しようにも出来ませんでしたし、今は情報が多いからこそ思うことも増えたような気がします。で、多すぎて1つ1つを深く掘り下げられないからそれぞれに感情をぶつけるだけの人が多いのかなと・・・・・

ただ、今の「不祥事何でも見境無しに袋叩き&KY文化」が、実は無言の圧力による言論統制であるということは一瞬でも冷静に考えれば分かると思うので、それだけはちゃんと理解して欲しいですよね。

やたら騒ぎ立てる皆さんは、戦時中の日本みたいになって欲しいんですかね~? 特高警察復活?

で、田舎者の私としてはライブ見られて羨ましいという結論です(笑)

>>ふみお様
地上波ではやっぱりきついでしょうねえ…。見当違いのクレーム入れる視聴者とかいっぱいいそうだし。

>>季節はカニ様
まさにちょうど過渡期のように見えますね。冒頭の楽屋での彼女の喋り方は「芸人面接」にかなり近くなってますし。
それにしてもドナドナ…(笑)。

>>Dan Nagay様
上でも書いてますが、楽屋での喋り方はもう「芸人面接」に近くなってますね。この後どの時点で多毛症が出てきたのか、ものすごく興味があります。

>>じゅ・げーむ様
死をネタにしているから不謹慎、というのは実に馬鹿らしい話ですよね。実に気持ち悪いです。
そんなことを言う人は、映画「お葬式」なんかも糾弾するんでしょうか。

>>O.K.D様
ネットによって情報を得やすくなっただけでなく、個人がダイレクトに、かつ手軽に意見を発信することもできるようになったというのも大きいと思います。しかも匿名でできる。それにはいい面もあるのですが、今は悪い面のほうが強く出てしまっているような気がします。こういう時こそ個人の知性と成熟が必要なのですが…。
プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。