スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

BRIAN BLADE & THE FELLOWSHIP BAND

久しぶりに鳥居みゆき以外の話題を。
昨夜、ジャズ方面の友人たちと一緒に、東京丸の内のCOTTON CLUBへBRIAN BLADE & THE FELLOWSHIP BANDのライブを聴きに行きました。
仕事場から歩いて会場に着くと、まだ開場30分前だというのに早くも長蛇の列。しかもかなり客層が若く、どう見ても通常のジャズクラブの客層と違います(笑)。ブライアン・ブレイドは、ジャズファンの間ではかなり有名ですが、それ以外の人たちにはさして知られていないはず。本人には悪いのですが、はっきり言ってこれは予想外でした。いったいどうしたんだろう?
予定より少し押して開場。客入れが始まる前に坊主頭の店員がマイク持って諸注意の説明をしたのですが、これがあまりに長くてうんざり。「どうだ、おれって喋りがうまいだろう?」とでも言いたげな得意げな様子で滔々と喋り続け、センス皆無の寒いギャグまで入れてウケを狙う始末。自己満足オナニーでしかない勘違いマイク・パフォーマンスはいりません。要点だけ簡潔に言ってほしい。
ようやく入場して席につき、30分ほどしてから開演。メンバーは以下のとおり。

Brian Blade(ds)
Melvin Butler(sax)
Myron Walden(sax,b,cl)
Jon Cowherd(p)
Roland Guerin(b)

僕はちょうどブライアン・ブレイドの背後の席だったので、彼の動きがよく見えました(左足だけシンバル・ケースとモニタースピーカーに隠れてよく見えず)。
彼はいわゆるテクニカルな「うまい」ドラマーではなく、叩くときのフォームも相当に独特です。というかはっきり言って「変」。しかし、出てくる音が妙に格好いいのです。いわゆるジャズ・ドラムの定石フレーズがほとんど顔を出さず、普通なら出てこない音を、普通なら入らないタイミングで、普通じゃない瞬発力をもって叩き込んできます。ルーディメントなどのパターンを流れに合わせて組み合わせていく、というのではなく、共演者の出す音に反応して本能のままに打ち込んでくる。予定調和にならないんですね。だから誰にも真似ができない。その意味では(現在の)ポール・モチアンを連想させるところがあります。
ただ、このバンドでは、ブレイドの力量が他のメンバーに比べて突出しており、他メンバーのほうが彼の叩き込んでくる音にさらに反撃できるレベルではないため、ガチでやり合えているかというと「否」であるように感じました。彼が本気を出せる相手は結局、ウェイン・ショーターなどといった「巨匠」クラスになってしまうのでしょう。
参考までに、以下にTHE FELLOWSHIP BANDの映像と、ウェイン・ショーターのバンドで叩くブレイドの映像とを貼っておきます。後者はバンドの中での音によるコミュニケーションがおそろしく濃密で、全体の緊張感がまるで違いますね。「怪物」とも「魔物」とも呼ばれるショーターを相手にブレイドがガチ勝負を挑み、ベースのジョン・パティトゥッチなど、ふだんチック・コリアなどとやっている時とはまったく違う表情で必死に食らいついているのがよくわかります。





関連記事
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : ジャズ ブライアン・ブレイド

comment

Secret

ブライアン・ブレイド

はじめまして。
鳥居みゆきファンで2,3ヶ月前からこのブログを読ませていただいてるものです。

わたしの大好きなバンド、ヒートウェイヴのフロントマン、山口洋さんのダイアリーの、ブライアン・ブレイドに関する記事を読んだばかりだったので、この記事、とてもびっくりしました。
私自身はジャズを熱心に聴く人間じゃないので、全く存在は知りませんでしたが、Youtubeの映像を見たりして、ブライアン・ブレイドの魅力に圧倒されておりました。

この人と山口さんがコラボレイトするなんて!と興奮が抑えきれません。

参考までに(勝手ながら前述のダイアリーをURLに貼っておきます)

ではでは、失礼しました。

私はロック畑なので、そこを踏まえてもらって・・・ブライアン・ブレイドは、スカしたテンプレジャズマンとは明らかに違っていてカッコいいですね。アート・ブレーキーの後継者って感じ?違う?違うか。
THE FELLOWSHIP BANDも、ザッパのグランド・ワズーみたいでいいですね。気に入りましたので、CD探してみまーす。

>>青い人様
いらっしゃいませ。いつもお読みくださりありがとうございました。
リンク先見ました。どうやら同じバンドの前日のステージを見に行ってたようですね。書いていることはとてもよくわかります。
アメリカのミュージシャンって、少なくともジャズ畑の場合は、レコード会社を通さず直接連絡取ったほうが話が早いことが多いです。山口さんが近いうちに彼と一緒に演奏できたらいいですね。

>>眼球譚様
アート・ブレイキー的な要素はあまりありませんが、でも昨今幅を利かせているヨーロッパ系のただ綺麗なだけの「ジャズ」とは大きく違いますよね。
このバンド、実はジャズだけじゃなく他のジャンルの要素も入ってたりします。つい最近3枚目のアルバムが出たばかりなのでぜひどうぞ。

残暑きびしき中、Jazzのクールな音は良いですね。ぶるさんの紹介を読み、実際に音を聞くとテクニシャンではあるが、基本、魂で叩くタイプの人のようですね。高木美保さんに聞いてもらいたい。(笑)ウェインショーターはさすがに知っていました。しかし、ウェザーリポートの時とは随分と違った佇まいで驚きました。これからも定期的にjazzについて教えていただければ幸いです。

>>Dan Nagay様
おっしゃるとおり、ブライアン・ブレイドは高い技術はちゃんとと持っているのですが、技術で圧倒するタイプのドラマーではありませんね。
ウェイン・ショーターは、ウェザー・リポートの時期のほうがむしろ特殊です。特にジャコ・パストリアスが入る前後あたりからはバンドのスタイルが変わったせいもあってあまり目立たなくなっています。でも、ウェザー・リポートの初期の頃(ベースがミロスラフ・ヴィトゥスだった時代)は即興性が高く、ショーターの占める比率も大きいですよ。
プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。