スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

Remembering 9.11

書こうかどうしようか迷ったが、やっぱり少し書いておくことにする。

2001年9月11日当時、僕はアメリカに本社のある外資系企業に勤めていた。本社はマンハッタンではなかったがその近くであり、それにマンハッタンにも大きなオフィスがあったり多くの顧客があったりしたので、一夜明けた翌日、面識のあった本社の同僚に片っ端からメールを打ちまくったのを覚えている。幸い、僕の直接の友人・知人たちは全員無事だったのだが、しかし本社勤務のアメリカ人の同僚が2名(その家族を入れると3名)命を落とした。ひとりは仕事で世界貿易センタービルにおり、あの崩壊に巻き込まれて亡くなった。もうひとりは女性で、休暇だったのだろうか、5歳くらいの自分の子供とアメリカン航空77便に乗っており、ペンタゴンに突っ込んでその生涯を閉じた。事件後しばらくは、東京のオフィスでも「テロの標的になるのではないか」とかなりピリピリした空気が流れていたように記憶している。
また、いま勤めている会社も実は9.11と無関係ではない。ニューヨーク・オフィスが入っているビルは世界貿易センタービルとは大きな通りひとつ隔てただけという至近距離にあり、あの崩壊で外壁に損傷を受けたと聞いている。昨年出張したときに実際に見たが、窓から外を見るとすぐ眼下にグラウンド・ゼロが広がっているという位置なのだ。しかも、子会社のオフィスが世界貿易センタービルにあり、2名の社員が亡くなっている。

あれからまる7年が経った。あの事件を境に、世界の成り立ちは決定的に変わった。いや、それまでは表舞台に出て来ていなかったまったく別の価値観が、大きく前面に出てきただけなのかも知れない。あのテロリストたちは決してあの日突然ぽっと出てきたわけではないのだ。そして世界はその後、少しでも良くなったのだろうか。そもそも「良くなる」とはどういうことなのだろうか。万人にとって「良い」あるいは「善い」と認識されうるものなどあるのだろうか。
いま、人類に必要なのは「哲学」なのだろうと思う。宗教ではない。宗教は決して人類を幸せにはしない。9.11だって結局はその問題に突き当たる。どの宗教がいいとか悪いとかいう問題ではない。どの宗教も多かれ少なかれ争いや略奪や殺戮を生み出してきた。
人類はそろそろ宗教を「卒業」すべき段階に来たのではないだろうか。そして、一刻も早く宗教に代わる哲学を確立しなければならないのではないかと真剣に思う。盲目的に何かを「信じる」とか何かに「縋る」のではなく、自分たちで理性的に考えて哲学を作り出さなければいけないと思うのだ。難しいとは思うけれど。

関連記事
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 世界貿易センタービル 哲学 宗教

comment

Secret

>>自分たちで理性的に考えて哲学を作り出さなければいけないと思うのだ。

何かにすがりたいのが人間なのでしょうか。
理性的にって本当にむずかしいのでしょうね。

人間はたくさんの忘れてはならない歴史を知っているくせに
愚かな出来事を繰り返しますね。
そして愚かな出来事をカリスマのようにとりあげてしまうことがある。

このコメントに私はなんの結論も書けないけど、
ぶるさんが迷いながらここに書いてくれたことが
伝わってきました。
書いてくれてありがとうございます。

さすが鳥居の理解者ですね。
などと言うと不謹慎にとられてしまうかも知れませんが、本気でそう思います。
実は読み始めた時に、鳥居みゆきのファンからだけは、つまんない話聞きたくないなって思ったのです。
私が危惧してのは、テロが一方的に悪で、被害者が一方的に被害者のような意見の事です。
または悲惨な現実を嘆くだけで、現実を直視しないで何も知ろうとせずに美しい言葉だけを並べるとか・・・。
哲学によって良い社会というのは面白いですね。
しかし、こと幸せの話になると、幸せとは存在するモノではなく、感情だという哲学を持つ私としては難しいと思いますが。
いずれにしろ、鳥居みゆきファンに対して私の抱いている妄想を壊さずに、さらに膨らませて頂けた事に感謝いたします。
戦争。なくなったらいいですね。

いつも楽しく拝見させていただいております。鳥居みゆき関係だけですけど^^

宗教観は人それぞれだけど、僕と同じような考えを持っている方がいらっしゃってちょっと嬉しいです。

何1,000年も続いてきた宗教から果たして人間は卒業できるのか・・?
小さき信仰を淘汰し勢力を拡大してきた現在の宗教はこれから先どうなっていくのか、生きている間に大きな変化がありますように・・・。

子供の頃21世紀には統一政府が実現し戦争の無い未来都市で暮らしているという話を何度も聞いたような気がするんですが
いったいどうなってしまったんでしょう。
こういう話題について語ること、これもまた鳥居みゆきだと思っています。(鳥井さんは私はお笑い芸人だから楽しく笑ってくれれば良いというかもしれませんが)彼女のやっていることは、まさに既成概念に対する?の投げかけで、最良の鳥居みゆきの芸の前では今まで私達が当然と信じていたものが悉くなぎ倒されていきます。その結果私達はどうしても自分の頭でもう一度色々なことを考え直さざるを得なくなる。私もぶるさんに同意です、新しい時代のための思考様式・行動様式は是非必要だと思います。そうしないと鳥居さんの芸をゆっくり見ることもままならなくなりそうです。

困難な問題ですね。

下しおかれる「慈悲」のような、上に立った立場での「援助」も、その発端は「善意」であるだけに、その方向が誤ると始末に悪いですね。

世界を同一の価値観で治めようとすると、その地域や地方で独自に発達した価値観と大きな相剋を生み出します。理想の世界観そのものが違う場合、その理想と理想との狭間で人の心は揺れ動きます。
成功者にとってはアメリカの価値観はナニモノにも代え難い理想なのですが、失敗者となってホームレス生活をしている人には、現在のアメリカの「理想」が、個人の理想とつながるのは実に難しい。

問題は才能のある人についてはその才能を適切に評価すること、才能が無くても努力する人には、その努力に見合った評価がなされる事でしょう。

問題は才能を発揮する場所もなく、それを伸ばす機会も与えられず、努力する場すら持てない人、国や地域の差、更に国の中でも親の収入などによって存在するという点です。そうした不遇な人はこの世の中には山のようにいて、その人たちの憤懣をエネルギーにテロが起きるという現状です。

私は公平な世界は求めませんが、才能や努力が正当に評価される公正な世界の実現こそが、実は重要なのではないかと思うわけですが、それには既得権を得た人達がその既得権を手放さなければならぬ場合も生じてくるわけで、その軋轢が、別のテロの温床となる可能性もあるわけで・・・。

う~ん、頭が痛く悩ましい問題ですねぇ。

例えば、「これこそが答えだ!」と思えるような思想でも、それを他者に、または他集団、他国家に押し拡げようとすると、それはこれまでの悲劇の発端と同じ構造になるので、なんとも皮肉なものですね。

まず、いままであまり疑われもしなかったことを疑ってみる。
そもそも、国家とは、戦争とは、民族とは、はたまた愛とは、正義とは、宗教とはいったいなんなんだ?
それらを今一度考えなければならない、そういう時代にとっくに入ってきてると思います。
そういう意味で、今の人類に必要なものは「哲学」である、という意見にはとても賛成できます。

こういう意見に対して「えらそうなこと言いやがって」と多かれ少なかれ思う心理も人間の根本心理なんですよねぇ。

ほんとに難しいこと極まりないんですが、絡まった紐をひとつひとつ解きほぐすかのごとく、地道に取り組むしかないのかもしれません。

では、失礼しました。

>>あかつき様
確かに人間には何かに縋りたいという部分があるのかも知れません。例えば、そういう人間の弱い部分を突いてバブル崩壊後の日本で急速に突出してきたのがオウムでだったわけですし。同様の例は歴史上、宗教にかぎらず政治的なものも含めて(ヒトラーがいい例です)世界各地にあったと思います。しかし、人が常に理性を保つことは難しいことなんですよね。

>>むぅ様
おっしゃるとおり、人には「感情」というものがあります。そして「幸福」というものを感じるのは確かに「感情」の部分だと思います。ただ僕は、そういう幸福な感情を味わうことができるようにするためには、人は理性と意志の力で努力することも必要だろうと考えています。

>>ttcvb様
いつもお読みいただきありがとうございます。
本当に人類が宗教から卒業できるかどうかは正直わかりません。宗教を一切持たない民族っておそらく地球上にはありませんし、それぞれの文化とも密接に繋がってますから。何か変化があるとしても、100年単位の話になるかも知れません。

>>Dan Nagay様
そういえば昔のSFではそういう「理想」の姿がよく描かれていましたね。
まあ、当時は「冷戦」という目に見える対立構造があり、多くのものごとは単純な二項対立で語ることができた時代だったと思います。しかし現在では状況ははるかに複雑になっており、絶対的なものは消滅し、すべてが相対的に関係づけられるようになっています。したがって今、従来の思考の枠組みをいったん壊し、新しく作りなおしていく作業がどうしても必要だと考えます。現在はまさにその組み換え作業が行なわれている真っ最中なのではないでしょうか。
そう言えば鳥居さんの笑いも、既存の枠組みの破壊→組み換え作業そのものであるかも知れませんね。

>>たまどんさん
結局は突き詰めれば「善」と「悪」の問題にぶち当たると思うのですよ。これはともに哲学上の大命題ですから、そう簡単に答えが出るものではないでしょうし、もしかしたら永遠に出ないかも知れない。
それに、おっしゃるとおり、本当に全人類に普遍的な哲学が確立できるのかということもあります。過去数百年、数千年にわたって各地に根付いてきた文化や価値観を無視することはできないし、また、さらに個々の人間にもそれぞれ異なる「感情」や「欲望」があります。
しかし、ユングを持ち出すまでもなく、人類には普遍的な部分も確かにあると思います。そこをどのように抽出していくのか。結局は個別戦にならざるを得ないのかも知れません。こういうことをトップダウンでやることはかえって危険ですし。しかし、個別戦をひとりでも多くの人間が実行していくことによって、全体として底上げがなされ、少しでも良い方向に進んで行けるのではないか。それを推し進めて行けば、公正な社会も実現できるのではないか。そんなふうに考えています。いささか理想論かも知れませんが。

>>青い人様
そう、どんな価値観であれ、他に無理矢理押しつけたりすると、これは悲劇のもとになりますし、現実に今もなっていると思います。
おっしゃるとおり、まずは既存の概念に対して疑問を持ってみることから始めるべきでしょう。既存の概念の多くは現在の世界の状況にうまく対応できなくなってきていると思います。まずは疑って、そして必要なら作り替えていく。そういう作業をひとりでも多くの人間が始めなくてはならない時期に来ていると考えます。

今のご時世、宗教からはお金の匂いしかしません。

善悪って、決めるの難しいですね。それぞれの立場から変わりますから…。
私自身はアメリカアンチです(笑)

皆が大好きな信長さまも、秀吉さまも、家康さまも、やっている事は大量殺戮。人を殺しても英雄として奉る、教科書の不思議。
人類の歴史とは、戦争の歴史。

人間に『欲』がある限り、戦争は終わらないと思います。
本当に面倒くさい生き物。

わたしは貝になりたい。なんつって(笑)

宗教は阿片だ

はじめまして。よく訪問させてもらっています。
私も「鳥居インフルエンザ」に感染した者です。面白いだけでなく、なぜか彼女のトークには癒されてしまいます。不思議です。

さて、管理人様、あなたは「いま、人類に必要なのは「哲学」なのだろうと思う。宗教ではない」とおっしゃる。しかし、そもそもその「人類」に、たとえばアフガンの人々は入っているのだろうか? 阿片を必要とする世界の現状を放置したまま、形而上学流の止揚をもとめるのは理性の詐術ではないか。

宗教を克服すべきという考えは、西欧の啓蒙主義の時代にすでにあったと思います。しかし、西欧(+アメリカ)ですら克服はされていないでしょう。ある歴史的局面で、社会経済的な下部構造の変化にともなって世俗化を強いられただけです。これは現象としてそうなったということで、人々の理性(哲学)が主導して世俗化したのではない。

極度の経済的不均衡が世界の現実としてあるのを無視して、安全保障上の脅威として立ちあらわれてから絆創膏をはるように対応してももぐら叩きゲームのプレイヤーのような振る舞いしかできない。経済的不均衡、資本の集中とその外部の排除、そこに諸国家の国益が絡みあう現実、それらに対する処方箋を哲学がもっているとはとても思えません。不均衡の是正を根気強く模索するしかないのではないでしょうか。すくなくともそのあいだ阿片が必要とされるのが現実であって、むしろ不要なのは救済の処方箋を示しえると考えてしまう理性、「哲学」ではないでしょうか。

>>Rin様
お金と宗教というのは太古の昔から縁の深いものですけどね。聖職者が欲望に負けて蓄財や贅沢に走ったというケースはそれこそ腐るほどありますし。
やっぱり欲望が最大の敵なのかなあ。でも人間の欲望が文明・文化の推進役であったのも否定はできないと思うのです。難しいですね。
ちなみに僕自身は、アメリカに住んでいたこともあって、アメリカは決して嫌いではありません。ブッシュは反吐が出るほど嫌いですが(苦笑)。っつーか、知り合いのアメリカ人にもブッシュが好きだという人は誰もいないんですけど(笑)。アメリカにも良いところもあれば悪いところもあります。いや、どの国でもどの民族でも同じです。「アメリカだから」などというような先入観はできる限り持たないようにと心がけています。

>>anton様
いらっしゃいませ。お読みいただきありがとうございます。
僕の書いた「人類」ですが、もちろんアフガンなどの人たちは入っています。そうでなければ何の意味もありませんよね。
前のコメントでも触れましたが、カギは「欲望」、特にカネに対する欲望なのかも知れません。タリバーンにしても、結局はカネ儲けのためにケシ栽培を事実上容認していたわけですし。しかし、カネは宗教のかわりにはなれません。アメリカが失敗したのは、カネ、つまり経済にあまりにも傾きすぎたからではないでしょうか。いみじくも昨日、アメリカのカネの象徴のひとつとも言えるリーマン・ブラザーズの破綻がありましたが。僕は、そういった欲望をコントロールし、宗教の矛盾を克服できる普遍的な価値観を提出できる可能性を持っているのは、最後は哲学しかないのではないかと考えているのです。そしてその哲学は、案外ものすごくシンプルなものであるような気がします。
まあ、実際にはそこまでたどり着くまで数千年かかるかも知れませんし、あるいは永遠に辿り着かないかも知れませんが。思想としては何とか確立できたとしても、それを実行に移すのはさらに難しいです。

資本至上主義の世の中では現実に役に立たないと思われている哲学が
人類最後の砦だとしたら皮肉ですね。

ぶるさんのおっしゃるように
当たり前だと思っていることに疑問を持つ
ここが第一歩な気がします。

幸せという定義をまず疑ってみることが
幸せへ一歩前進することに繋がるかもしれません。
マスメディアのよくやる幸せの定義の押し売りがまかり通ってしまうのが現実ですが。


原理主義的な思想を捨て寛容さを身に付ける。
とても難しいことです。
憎しみの連鎖は断ち切れないんでしょうか?

>>マックイーン様
哲学というのは、自然科学まで含めていままでにあらわれた人類のすべての知的財産の発祥元であるとも言えるように思うので、僕にとってはあまり違和感はありません。
「憎しみ」などの「感情」もきわめて難しい問題ではありますが…。

ていねいなご返答、ありがとうございます。

遅レス失礼します。

誰かが言う「善悪」って結局相対的な物でしかないんでしょうね。善無くして悪は存在し得ないし、悪無くして善は存在し得ない。

特に宗教は、それを信じる人達に絶対的な正義を与える物だと思うので、確かに克服すべき問題なのかもしれませんね、絶対的な正義など有り得ないのだと。

私の座右の銘は「正義は正しいのだろうか?」です。

あと、私もブッシュは大嫌いです。

>>O.K.D様
そう、世間で言う「善悪」の価値観って、あくまで相対的なものなんですよ。絶対的なものじゃない。だから、時代とともにその境界線は移動しているのです。
その中で敢えて普遍的な価値観(あるいは、価値観は絶対ではない、という普遍的な認識)を提出できるとしたら、もっとも可能性があるのが哲学だろうと思っているのです。
ブッシュ、アメリカ人からもあれだけ嫌われ馬鹿にされているのに、なぜ2期も務められるのかさっぱりわかりません(苦笑)。ほんとに僕のまわりにはブッシュ支持者なんてひとりもいないんですが。
プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。