スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

「鳥居みゆき24時!! シーズンⅡ」@ロンドンハーツ

「ロンドンハーツ」で夏に続いて2度目の鳥居みゆき密着企画「鳥居みゆき24時!! シーズンⅡ」が放送されました。
今回も前回同様、いくつかの検証ポイントを設けた上でさまざまな角度から彼女を観察するという企画で、「西麻布交差点で外国人に英語で話しかけられたらどうするか」「携帯メールはどんな文面なのか」「健康診断ではどんな反応をするのか」「2シーター車内隠し撮り」「恋愛相談を受けたらどう対応するか」「石田純一が週刊誌に撮られたのと同じ泥酔ゴロ寝状態でいるのに遭遇したらどうするか」という6つのポイントが設定されていました。
逃げるとやはり建物のくぼみに行ってしまうところ(爆)、彼女のメールの絵文字にはちゃんと法則性があること、健康診断で血を見て満面の笑みを浮かべるところ(笑)、「ハッピーマンデー」の冒頭部分を思わせるCTスキャンの光景、相変わらず小林マネージャーが大活躍(爆)の車内トークなど、見どころはたくさんあったのですが、個人的には「恋愛相談を受けたらどう対応するか」の部分がもっとも興味深かったです。前にも書いた記憶がありますが、やはり彼女、世の中の制度とか常識などというものに対して常に根源的な疑問を感じながら生きているのだろうと思いますね。もっと言えば、そういうものをまったく信じていないのではないかと。その意味では彼女は本質的にアナーキストであり、また、ものすごくまともであるとも思います。
今回は、前回のような大がかりなドッキリはありませんでしたが、それでも充分に見ごたえがあったと思います。石田純一の部分はいらなかったかも知れないけど(苦笑)。最後に「鳥居みゆきはひょっとして天使?」とありましたが、確かに彼女を見ているとなぜか元気が出てくるのは事実ではあります。まあ、正確には堕天使と言うべきなのでしょうが(爆)。しかし「次回は愛を込めて落とし穴を?」ってのはどういうことなんでしょうかおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎり

それにしても最初の検証で出てきた白人の中年カップル、日本語がまったくわからないという設定のはずなのに、鳥居みゆきが「私はこっちなんで…」と言ったのに対して「No, I know, but...(いや、わかってるけどさ…)」と普通に相手の言った内容を理解している返しをしているんですが(猛爆)。



関連記事
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 ロンドンハーツ

comment

Secret

いやー、素晴らしかったですね。
心を病んでいる自分が彼女を見ていると
癒されるのは何故だろうと思い続けて来ましたが、
やはり彼女は天使なのです。
それを教えてくれた(解明してくれた)
ロンハーありがとう!!!
機嫌がいいとおにぎりなのは何故だろう。
普段食べられないお米が食べられるくらい
機嫌がいいってこと?
恋愛相談でもそうでしたが、常に彼女は何か
(余人には計り知れぬ)を考え続けている感じですね。
そういう意味で全てにおいて安易に乗っかるのではなく一つ一つの意味を考えている、本当に真面目でまともな人なのだと改めて思いました。

「No, I know, but..」
は、びっくりですよね←笑
分かってるし!!って思わず突っ込みいれたく
なりました。 笑v-521v-521
「次回は愛を込めて落とし穴を?」
ってことは次回を期待しても
いいのでしょうか?
楽しみです♪

やっぱりこの人の核は、成長を拒んだかのような幼児性かな、と。
一般的には成長に従って矯正されていったり忘れ去られていくような部分が、鳥居さんの中ではとても生き生きしてるんだと思います。だからそれを見てかわいらしいと思ったり、自由さや無邪気さに解放感を覚えたり。
そういうところと、ひねりのきいた知性や場を読める敏感な感受性が同居してるってとこが鳥居みゆきの面白さなんですが。

確信しました。この放送での彼女の言動が全て演技ではないとするならば、間違いなく彼女はアレですね。(御免なさい。色々誤解を招く恐れがあるのではっきりは言えません。)
先回の「24時」の時までは演技の可能性も捨て切れなかったですが。
家族、親族に数人彼女の仲間がいるのでわかります。
所謂天才とか異端児とか言われる人に多い、アレです。
(私の身近にいる人々は決して天才ではありませんが。)
ナポレオン、信長、ヒトラー、アインシュタイン、野口英世、黒柳徹子、NASAにもたくさんいるそうです。
彼女の過去から現在まで一貫して存在する悩みが推測できるようになりました。
余計に応援する気持ちが高まりました。
ごめんなさい。分かる人にしか分からない言い方で。でも個人的にはさらにさらに親近感を感じてます。

そうですね。
アレですよ。
常人じゃありえない・・生まれつきの天才ですよ、彼女は。

>>たまなか様
確かに、彼女は決して健康的ではないにもかかわらず、どういうわけか見る者を癒すところがあります。不思議な人です。
彼女は彼女なりの価値観やモラルの体系を自分の中でしっかり構築してきたのだと思います。だからブレない。その意味では、彼女は何も変わったことや奇を衒ったことなど何もしていないわけで、至極当たり前のことをしているだけなんですよね。

>>ゆう様
やっぱりあそこは突っ込みどころですよね(笑)。ちゃんとわかってんじゃん、って(爆)。
「鳥居みゆき24時」、シーズンⅢは充分にあり得ると思いますよ。

>>一樹様
僕は、鳥居さんのベースにあるのは、自分の感性や価値観やモラルに愚直なまでに正直なところなんだろうと思います。たぶん、彼女はそのようにしか生きられないのでしょう。世間的にはそれは「幼児性」と言われるのかも知れませんが、見方を変えればそれは「個性」に他なりません。そして自分の個性を武器に矛盾に満ちた社会をひとり突き進んでいく彼女の姿に、見る者は共感を覚えるのではないでしょうか。

>>coolhandluke様
言っている意味はわかります。まあ、心理学や精神医学の世界は概念的な定義の問題にすぎないという部分もまだまだあり(最近になってようやく脳生理学という「科学」と結びついてきたようですが)、実際のところどうなのかはよくわかりませんけどね。
個人的には、以前なら「個性」と捉えられていたような要素が「病気」と定義され、治療・矯正の対象になってしまうというのは、あまりいいことだとは思っていません。

>>N様
確かに、真似してできるというものではありませんよね。鳥居さんの真似は誰にもできないと思います。

>>ぶるさん
いえ、ボクも現時点で大人になってしまっているアレの人たちを基本的にどうこうすべきだとは全く思いません。
そもそも大人になってからでは、まずどうにもできないものですので、言っても本人が何も困ってなければ大抵認めません。いまだ診断できる専門医も少ないし、「病気」ではないので根本的には治るものではないし。
ただ、本人や身近な人々が今もその特徴によってひどく悩んでいるとすれば、そのメカニズムを少しでも知ることでかなり日々の生活が楽になる場合があるということです。
この件で家族のために本や各施設で勉強したら、実はボク自身もいくらかその傾向があることに気づき、現実的に生活上の問題を多少改善できたという経験があります。
・・・ちょっと熱くなりすぎました。
この話題、これまでにしときます。御免なさい。表示していただかなくても結構です。

前作に比べてとか色々あるのでしょうが、鳥居ファンにとっては一時間、鳥居みゆきを見られるという至福の時間を送れることにまず大感謝です。内容的にも私は楽しみました。確かに落とし穴や水かぶりといった大きな仕掛けがなく地味に見えますが、内容的には落ちてないと思います。特に印象的だったのは、私もぶるさん同様に、既成概念に対する鳥居さんの疑義をとなえる姿勢、そして鳥居みゆきは天使ではないかとの指摘です。あれだけいわゆる不謹慎といわれるネタを取り上げながら、私が鳥居さんから受け取るのは大いなる癒しなのです。不思議ですね。さて、番組の作りからも、そして視聴率からも次回作が作られるのはほぼ必至の情勢ですね、凄く楽しみに待ちます。

>>coolhandluke様
鳥居さんの場合は、お笑いをやることが結果的にセラピーのような役割を果たしているのだと思います。同様のことは、表現活動をする人には多かれ少なかれ見られますね。

>>Dan Nagay様
そう、鳥居さんはネタは不謹慎でヤバいし、間違っても健康的とは言えないのに、なぜか見る者に癒しを与えるところがあります。ちょっと今までにないタイプの芸人だと思います。

プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。