スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

鳥居みゆき@「めちゃ×2イケてるッ!新春スペシャル」

鳥居みゆきが「めちゃ×2イケてるッ!不景気をぶっ飛ばせ!!お年玉開運スペシャル」に出演しました。
彼女が出たのは「新春シンクロSP」のコーナー。ハリセンボンオアシズと一緒に登場しました。水着姿ですが、ぱっと見では水着と言うよりも陸上競技の短距離走用ウェアという感じですね。どうやら鳥居みゆきをフィーチャーしようという構成だったようで、登場シーンからしてCMまたぎだったし、最初の決めポーズも彼女が中心になっていたし、その後もメインでイジられて大いに目立っていました。福澤朗アナから連続で振られたのも、画面では「アドリブ」と出ていましたが、アドリブだったのはあくまで振るためのフレーズで、振られること自体は台本指定でしょう。カメラがちゃんと彼女の真横に寄ってましたからね。まあ、福澤アナの振りに素直に応えた彼女に対し、矢部浩之が「鳥居さん、素直はいいけど、全然面白くなくなってる」と言ったのに結構本気で凹んでいるようでしたけど。でも中国代表という設定だった彼女が最初「ダンボール」と答えたのを誰も拾わなかったのもどうかと(苦笑)。
そのあと結局氷水に落とされたわけですが、そこまでは良かった。鳥居みゆきが(たぶん)いったん上がろうとして氷の上に多毛症を忘れたのに気づき、うまく取れず大騒ぎするというのも良かったと思います。ただ、最後にまたも旦那ネタを出してきたことで、全部帳消しになりましたね。特に写真の部分。その前の矢部っちの振りは台本の可能性が大ですが、写真がまた出るのは知らされていなかったのか、そこでは彼女、本気で嫌がっているように見えますね。演技だったとしたら別の意味で凄いですが。
ひとが公にしたくないプライベートをネタにして、当人が嫌がったり動揺したりするのを見て(つまり、無理矢理に相手を引きずりおろして)笑いものにするなどというのは、そこらの酔っ払いの下卑たヨタ話と同じレベルです。つまり、はっきり言ってこんなのはド素人レベルの笑いに過ぎません。金はたくさんかけてるけど、肝心の中身はアイディア皆無の素人レベル。おまえらそれでもプロかと。
これはもう鳥居みゆき云々とはまったく関係ない話で、前にもちょっと触れたように、僕が10年ほど前にいちど日本のテレビに絶望した原因のひとつでもあるのですね。裏返せば、ギョーカイにはいまだにそんなのが笑いだと勘違いしている連中が生き残っているということでもあり、だからこそ見過ごせないわけです。こういうことは案外ギョーカイの中にいる人間には見えなくなっているのかも知れないので、視聴者の方から声を大にして言わないといけないと思うのです。結局、最終的にそういうものを見せられるのは視聴者なのですから。
やれやれ、せっかく途中までは悪くなかったのにねえ…。



関連記事
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 めちゃイケ

comment

Secret

同感!

ぶるさんの意見に激しく同感です!

プライベートを暴露してそれを笑いにするなんざ論外です!
本当に小学生レベルです。

でも僕が気になるのは、番組で旦那さんの写真を用意している時点で事務所(鳥居さんのマネージャー)には許可(確認)を取っているのでしょうか?

ロンハーの『鳥居みゆき24時』の時にも思いましたが、
サンミュージックの芸人の扱い方(マネージメント)にも問題があるんじゃないか?と僕は思っています。

写真のくだりは必要なかったですよね
それまでの絡みで充分面白かったですし…
昔からめちゃイケスタッフは、他の番組では出来ない事をやりたがるというか、業界的な意味での「手柄」を欲しがるところがありますよね

No title

はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいてます。

私も終盤の写真は不快感を感じました。

テレビという制約の中でのことなので多少は仕方ないと思う部分もありますが、流石にこれは酷すぎます。

小学生のいじめレベルの笑いをお笑い番組で堂々と放送するのはやはり業界の中は風通しが悪いってことなんでしょうね。

No title

あんたら気色悪っ!

No title

おじゃまします。記事の後半部分ですが、同意です。
ところで、ナイティナインを筆頭に笑いの才能が皆無ですね。本人たちも自覚してるでしょうが。
吉本の笑い自体は、上方文化の洗練に対して出てきた裏文化(カウンターカルチャー)だと思うのですが、日の目を見るどころか本家を駆逐するほどにもなって、目もあてられません。

同感です

こんにちはいつも拝見させていただいております

大変同感です!
ぶるさんはいつも温かい目で書かれる方なのに、
今回怒っていらっしゃいますね(笑)
でも同感!!私は昨日怒りまくっていました(笑)

久しぶりにめちゃイケを見て、めちゃイケに失望しました。
あんな番組でしたっけ?
あれははっきりいっていじめです。
しかも、ハルさんが書かれているように小学生レベル!
あれのどこが「笑い」になると?
誰も笑いに変える力を持っておらず、あの場に「笑い」のプロは一人もいませんでしたね。

本気で嫌がっている鳥居さんに対し、誰もフォローすることすら出来ず、オチもなく映像垂れ流し。
彼女がDVDの会見の時にテレビが嫌だと言っていましたが、
まさかめちゃイケが原因かなとも疑ってしまいます。

一人の芸人を潰す気でしょうか?
愛がなく、使い捨て感が否めません。

現在のお笑い業界に久しぶりに疑問を持ちました。

私も10年ほどテレビ(というかお笑い)から遠ざかっていました。
理由は「本物」がいないからです。
しかし、去年鳥居さんが流星のようにテレビに現れ、鳥居さんみたさに戻ってきました。


鳥居さんはダウンタウン松本さん以来の天才だと思っています。
(あくまで私個人の意見なので、松本ファン、アンチ松本さん、ごめんなさい)
その天才を生かすも殺すも周り次第なんですよね。
みんなで笑いものにするなど言語道断!

今がいかに実力の無い
内輪笑いのコネ(先輩の)芸人が多いかが分かりました。
これでは10年前とレベルが変わっていない
いやむしろ、テレビ慣れしたずるがしこい芸人が増えた気がします。


ぶるさんのテレビ業界、お笑い界における見解をもっとお聞きしたいと思いました

No title

2ちゃんにさらされてますよ?

通りすがりですが。
あなたたちは、低脳なPTAですか。それともお馬鹿なBPOですか。
鳥居さんのファンなのは分かりますが、鳥居さんは
ああいうことをされるのを分かって芸人になってるはずです。
今までも芸人さんはみんな同じ様な道を通ってるし、
鳥居さんもそれを知ってると思いますよ。
芸人である以上ああいうことはされ続けます。
本人が嫌なら芸人を辞めるなり仕事を断るなりするでしょうし、
それ見るのが嫌なら見なきゃ良い話です。
同じ考えの人がいれば、必然的に視聴率が下がり番組は終わりますから。

プライベートを売りにしない芸人は鳥居さん以外にも沢山いますよね
今でこそオープンになりましたが、結婚当初の陣内や藤井は話を振られても笑いに変える事が出来ませでしたし
庄司や麒麟の川島も最近になってプライベートネタが解禁になったくらいですし

プライベートをネタにするかしないかは芸人さん個人の「主義」の話ですから
「芸人は全てを晒すもの」的な考えはナンセンスですよね(笑)時代遅れです
ハイタッチやウェブたまを見ても、その事をネタにするつもりがないのは分りますし
バナナマンやケンコバは、鳥居さんの様子を見て結婚話を広げようとはしませんでしたからね
ウェブたまスタッフも結婚ネタでいじるのをそこで止めたし…


今回番組批判するとやたらと叩かれちゃいますが、鳥居さんのファンだからというより元々嫌いなんですよね(笑)めちゃイケの安易な芸人いじりが(笑)
アイドル視や特別視、PTA云々じゃなく元々笑えない、ただそれだけですね
ナイナイも加藤も有野も好きですが番組は嫌い。これは仕方がない事です

No title

>>いいやん様
なんか、芸人はプライベートを晒して笑いを取るのが当然、という風潮が定着してしまっているのがおかしいですよね。まあ、そういう芸風の人が自分で勝手にやるのは別にいいですけど、それがデフォルトになってしまって誰もがそうしなければならないような空気が出来上がり、嫌がる人の姿を見て笑いものにするというのは何かおかしいと思います。
事務所に関しては、正直わかりません。写真をどこから調達したのかも正確にはわかりませんし。

>>ハル様
「手柄」ですか。確かに前からけっこう無茶をやる傾向の番組ではありますが…。その貪欲な心意気そのものはいいんですけど、やり方が間違っているような気がします。

>>ぷらねら様
風通しが悪いというか、悪い意味で「慣れてしまった」のではないかと。感覚が麻痺しちゃってるんですよ。
まあ、近年は純粋にネタで勝負するお笑い番組が増えてきているので、こういう状況が改善されるのではないかと少し期待しているのですが。

>>名無し様
はあ、そうですか。

>>alban様
ナインティナイン自身は、決して才能がないわけではないと思います。昔、漫才主体でやっていた頃はけっこう面白かった記憶がありますし、バラエティでも自ら身体を張って本気でバカをやる企画などは悪くないと思っています。なぜああいうことをやってしまうんだろう?

>>名無し様
怒っているというか、「またか」という感じですね。現在ではもはやプライベートを切り売りして笑いを取るのがデフォルト、という状況になってますが、これってかなり異常なことです。他の国のコメディもいくらか知ってますが、こういうのって日本だけのような気がします。他国だと引きずりおろすにしても対象はむしろ強者であり、弱い立場の者を突き落としてさらに棒で打ってそれを笑いものにする、という陰湿なのはほとんど日本特有のような…。

>>名無し様
みたいですね。アクセス解析見たら2ちゃんねるからのアクセスがありました。別に構わないですけど。

>>バズ様
ええと、あなたの言われていることもすべて憶測ですよね?
それから、他の芸人がやっているから鳥居さんもやらなければならない、というのも理解できません。なぜ違っていてはいけないのでしょうか?そういう状況自体が僕には気持悪いです。
ちなみに、PTAもBPOも僕は大嫌いです。彼らの言う「良識」も、ピントがかなりずれていると考えています。

言わせて下さい

いつも拝見させてもらってます。

が、今回のぶるさんの記述ならびにコメントには大変不快な気分にさせられました。
鳥居みゆきが大好きなことはみなさんと同じですが、ナイナイそしてめちゃイケも大好きな私としては、みなさんの意見には同意しかねます。
今回で二度目の出演でしたが、二回とも鳥居さんの新たな魅力を引き出してくれたと思うのですが・・・。
私は写真のくだりも楽しく見ることができましたし、旦那ネタもベタな天丼でめちゃイケらしいと思いました。しっかり春菜で落ちましたし。

ただ、人それぞれ笑いにも好き好きがあるでしょうからめちゃイケ流の笑いがみなさん受けつけなかったということなんでしょう。
私も普段見ない番組も鳥居さんが出るからという理由だけで見ることが多々あります。ちなみに私はロンハーでのいじられ方は好きではありません。(格付けはおもしろかったけど)

脳波ポリリズムは鳥居ファンの人が結構見ていると思いますが、多数の人が目にする場でめちゃイケだけひどい言われようだったので、感情的になっていろいろ書きなぐってしまいました。めちゃイケ以外の時だったらこんなコメントすることはなかったとは思いますけど、少なくともめちゃイケに悪意はないし、むしろ武藤敬司のプロレスLOVEならぬ鳥居みゆきLOVEをめちゃイケから感じました。鳥居さんを核に面白い番組に仕上げてくれたと思っています。

以上です。

No title

>>ハル様
プライベートを晒さない芸人、まさにその通りです。それを言えば、タモリもまだ若手の時代から一貫してそうですよね。芸とプライベートとの間にきっちりと一線を引いています。
他の方へのコメントでも書きましたが、ほんと、みんながプライベートを切り売りしなければならないなんてナンセンスですよ。これは本文でも書いたとおり、鳥居さんがどうこうというのはまったく関係ありません。10年(以上)前に、本文で書いたのと同じ主旨のことをすでに考えていましたし、友達とも普通に話していましたから。僕の考えは当時から少しも変わっていません。たまたま今回、鳥居さん絡みで浮上してきただけのことなんですよね。
僕もナインティナインは決して嫌いじゃないのですが、めちゃイケはどうも駄目ですね。どうしてああなっちゃうんだろう。

>>ぶるさん
そうじゃなくて、まず前提として鳥居さんがある程度芸人という職業を知っていることがあります。
なぜならば自分の一生を決める就職ですから、芸人についてなにも分からず芸人になるなんてありえないと僕は思ってます。
で、芸人という職を詳しく知るためにはやはりテレビのバラエティで芸人が私生活をいじられたりするのを見てると思うんです。
それを見てるというのに芸人になっているということは鳥居さんにある程度の覚悟があるからではないかと・・・
確かに憶測に近い部分はありますが、
鳥居さん自身、あのキャラをテレビでやるというのは相当な覚悟があると感じますし、
芸人という職に対しての認識が甘いとは思えないんです。

あと、鳥居さんがあの芸をやらなければならないということではなく、
芸人という職を選んだ以上あの程度の芸をさせられる覚悟はあるのではないかという考えです。

No title

>>ss様
好き嫌いという話になると話はそこで終わってしまいますが(笑)。
他の方へのコメントにも書いたとおり、ナインティナイン自体は僕は決して嫌いじゃありません。それに、本文でも書いたとおり、今回のめちゃイケで鳥居みゆきが大きくフィーチャーされていたのも認識しています。嫌なのはただ一点、「芸人だから」というのを免罪符にして、当人がオープンにしたくないプライベート部分を、わかっていてわざとそこをつつき回すというやり方です。これは何度も書いているとおり、鳥居みゆきだからとかめちゃイケだからとかそういうレベルの話ではなく、誰であれどの番組であれ、やるべきことではないと僕は考えているのです。ご理解ください。

>>バズ様
それもやっぱり憶測ですよね。
彼女がどれくらい「テレビで売れたい」と思っていたのかなんて、当人以外にはわかりません。また、芸人になった当初と、結婚を決めた後とで考えが変わっているということもあり得ます。
ただ、あちこちでの今までの言動から判断すると、明らかに彼女は世間のいろいろな「常識」や「お約束」に対して根本的な疑いを持っています。だから、テレビで芸人がプライベートを切り売りするのが普通、という風潮に対しても「本当にそうなのか?」という疑問を抱いていたとしても不思議ではありません。
まあ、これも憶測ではありますが。
だから、ここで僕が書いたことは、あくまで「お笑い」に対して僕自身が昔から考えていたことです。今回たまたま鳥居みゆき絡みで浮上してきたというだけのことです。その点ご理解ください。

No title

私もぶるさんに同感です。
何でこんなに嫌がることをするのでしょうか。
鳥居さんを見ててこれほど悲しい気持ちに
なったことは無いです。
芸人さんがプライベート晒して笑いをとらなくては
いけないというルールは無いでしょう。
めちゃイケが普段どんな番組なのかは
知りませんが、これは頂けないです。

No title

ほとんどぶるさんが言ってほしい事を言ってくれてます。
ま、ボクも含めてちょっと熱くなり過ぎな気もしますが。
今回ハリセンボン春菜の存在は大きかったと思います。
鳥居さんも番組側も彼女の最後のオチのつけ方に助けられたように思います。彼女の機転が無かったらと考えるとゾッとします。

No title

>ま、ボクも含めてちょっと熱くなり過ぎな気もしますが。
ごめんなさい。言葉抜けてました。“ぶるさん個人が”というわけでなく、ボクを含めて皆がちょっと熱くなり過ぎかもといいたかったのです。
この大騒ぎは却ってゲスな作家を喜ばすだけのような気もするし。
というわけでこの話題に対するコメントはこれで止めときます。

No title

芸人がプライベートネタで笑いをとるのが駄目なのか?
お前はどんなバラエティならいいんだ?
PTAやBPOやお前みたいなアホがバラエティを駄目にしてるんだよ。何でもなかんでもケチ付けるだけのお前みたいなクレーマーがお笑い好きには一番迷惑なんだよ。
芸人はいじってもらってなんぼだろ?嫌がってる様を本気に捉えてるお前の感性がズレてると思うよ。

なんかすみませんでした。
これは、「あなたの考え」なんですね。
僕にはあなたが「鳥居さんの考え」を代弁しているかの様に聞こえたので。

僕は笑いを提供するものとしてぶるさんに反論してきました。
ここからは僕の考えです。
ぶるさんと僕だけでなく一人一人笑いの意味が違います。
だから、笑いに正解はないと思います。
あのくだりでも笑った人は笑いました。
みなさんはテレビをテレビの中だけの世界として独立していますか?

私も一言・・・

「芸人」さんであれば、何をされてもいいのでしょうか?
鳥居さんは、プライベートを切り売りしなくても、
笑いに変えられる力をお持ちです。

あの番組は鳥居みゆき個人を笑いものにしました。
彼女は駄目な理由を言いたげでしたが、それも言えず、苦しそうな顔をしていました。
あれは、彼女の一存で決められる事ではなく、本当にダメだったんだと痛感しました。

あの場に誰かいてくれてくれていたら違っていたのではないかと思いました。
(サンミュージックの竹山さん、小島さん、はたまた、岡村さんなど)

No title

何か炎上してますね(^^;)。
私自身今回の『めちゃイケ』については見逃したので(前回は見た)何とも言えないのですが、ちょっと似た事を考えていたのでこの機会に発言します。
若手芸人のコント番組を見ると、所謂アドリブによる笑いが中心になってるように見えるんですね。それも「お前、昨日合コンでお持ち帰りしてただろう~」なんて台本と関係ない暴露話をして、絡み相手が素で焦る様を見て笑うとか、まあ低レベル極まりないアドリブで。何か作る方も観る方も「ま、コントだからね」って意識でいるような気がします。やはりどうもこの国では“コメディ”が一段下のもの、として見られているとしか思えない。私も芸人の“素”が見える瞬間の面白さはあると思うし、“作り込んだ笑い”こそ至上だ、なんて思想もありませんが、何かイライラする事が多いんですよね。こんな程度で面白がんなよ、って言うかね。

あと“芸人はいじってもらってナンボ”ってのもある程度賛成ではあります。しかし、例えば上島竜兵が熱湯風呂に入れられて悶絶する様を笑うのと、人が嫌がるプライバシーを晒して笑うのは全くの別物だと思いますね。全然違う(前者は私も大好き)。これは通じない人には通じない話なのかも知れません。

No title

>>まな様
自分からプライベートを晒したり、それに対するリアクションを売りにしているような芸風の芸人なら別にいいんですけどね。そのへんをちゃんと考えていない杜撰な作り方は、やっぱりちょっとどうかと思いますね。

>>coolhandluke様
確かにあそこでハリセンボン春菜が咄嗟に力技で収めなければ、ただの修羅場になってまるごとオクラになった可能性もあったと思います。
しかしあれ、最後はもう出演者のアドリブ任せなんでしょうかね。はっきり言ってどうしようもないグダグダに見えるんですが。

>>流水様
私が本文やコメントで書いたことをきちんと読みましょう。芸人がプライベートネタで笑いをとるのが駄目だなんて意味のことは一言も言っていませんよ。そういう芸風の芸人が自分でやるとか、相手がそういう芸風だとわかっていていじる分には全然OKですし、どんどんやればいいと思います。しかし、それを芸風の違う、プライベートと芸との間にはっきりと一線を引いているタイプの芸人にまで押し付け、素を暴くと称して引きずりおろして笑いものにするなどというのは違うだろう、と言っているのです。
そして、芸人はいじってもらってなんぼ、というのも、一見正しそうに見えますが、間違っています。これこそ、いつの間にか芸人同士のいじりいじられによる笑い、それもしょうもない飲み屋のヨタ話レベルのプライベート暴露合戦によるものばかりになってしまった日本のバラエティ番組の弊害の最たるものです。それ以外に何もないのかと。
私の言っていることはBPOやPTAの言っていることとはまったく違います。自主規制や放送コードや良識なんか糞食らえです。西麻布ヒルズ大好きな人間がBPOやPTAと同じわけないでしょう(笑)。私はただ「仮にもプロなら、弱い立場の人間を引きずりおろして笑いを取るような安易な素人レベルの笑いに走るな」と言っているだけなのです。
あと、クレーマー呼ばわりされるのは心外ですね。じゃあ、視聴者はただ与えられるものを唯々諾々と黙って甘受しろというのかと。冗談じゃないですよ。そういう人はよく「だったら見なければいい」と言いますが、見なければ駄目かどうかはわかりません。そして、駄目と思ったら駄目と言うのが当たり前です。そういうことを堂々と表で言うのが憚られるなんて実に気持ち悪いです。反吐が出ます。
あなたは汚い言葉で私のことをアホ呼ばわりし、感性がズレているとこき下ろし、「お笑い好き」の意見を代弁しているかのように私を罵倒しておられますので、さぞ古今東西すべての笑いに通じ、世のお笑い好きの人たちのことも芸人のこともギョーカイのことも裏側まですべて知り尽くしており、笑いに対する素晴らしい感性もお持ちなのでしょう。後学のため、あなたの豊富な知識と経験に基づいて、あなたの考えるバラエティ、あなたの考える笑い(=世の「お笑い好き」の人々の考えるバラエティ・笑い)をぜひともお教えいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

>>バズ様
そうです、これは私の意見です。私は鳥居さんではないので当たり前ですよね。
笑いの意味が一人一人違うのはその通りだと思います。あれで笑った人ももちろんいるでしょう。ただ、私はあれを駄目だと思ったから正直にそう言った、それだけのことです。
また、テレビに映った世界は、本来はひとつの独立した虚構世界ですが、同時に擬似現実でもあると思います。だから使い方によってはかなり危険なツールだと私は考えています。

>>にゃお様
前にも書きましたが、確かにいま、芸人なら何をされても文句は言えない、という変な風潮が、特にテレビではまかり通っています。だから「笑われる」「笑いものになる」という笑いが中心になっていて、見ていて痛々しいと思ってしまうことがよくありますね。

>>ピザー様
いやいや、このくらいなら炎上とは言わないでしょう。
実際アドリブかどうかはわかりませんが、「so shat?」な笑いが幅を利かせているのは確かですね。芸人の飲み屋のヨタ話レベルのプライベート暴露なんてまさに「だから何?」だし。
上島竜兵の熱湯風呂の例え、まさにそのとおりです。あれはあれで全然OKなんですよね。彼はあれが「売り」なんですから。また、自分のプライベートを利用したネタ(往々にして自虐ネタ)が売りの芸人も少なからずいますし、それも何の問題もありません。それが彼or彼女のスタイルなのですから。しかし、プライベートと芸との間にはっきりと一線を引くタイプの芸人もいる。なぜテレビだというだけで、わざとそういう芸人のプライベートまでも抉ることが許されるのか、僕にはさっぱりわかりません。

No title

いつも拝見しております。

めちゃイケの中には売れてる芸人を出演させ、スベラそうとする空気を作るという笑いがあります。いじられてナンボの芸人さんもいます。スベリ芸の方もいます。その場合は大変ハマります。本人もそれを望んでいるので、大変面白いです。ますだおかだの岡田はそのタイプです。

しかし、鳥居みゆきはそのようなタイプではありません。
不器用に屈折していることからも分かる通り、素直で傷つきやすく、単純に芸をしたいという芸人だと思います。
難しいことだと思いますが、出る番組を選んだ方がいいと思います。
本気で傷ついて叫んでいたので、イジメにしか見えませんでした。
それをおいしいと思う芸人ではないからです。
めちゃイケが悪いわけでも鳥居みゆき悪いわけでもないと思います。
番組の笑いの志向と芸人の志向の相性の問題ではないでしょうか。

おもったんですけど。

プライベートを晒さないっていう「芸風」なんじゃないんですか、鳥居さんは。
隠してるプライベートを暴かれて動揺する様なんて、芸人としてはかなりおいしいとおもうんだけども。嫌な割にあの慌てっぷりは、あまりにわざとらしいというかいかにも芸人!って気がしましたけども。
だいたい「かわいそう」なんて言われるのは芸人にとって、ってか特に鳥居さんにとっては一番嫌なんじゃないですかねえ。
プライベートネタでいじられようがビンタされようがSTF食らおうが、真顔で気持ち悪い擁護されるより、指差されて笑ってもらったほうが鳥居さんよろこぶとおもうんですけども。

以上2ちゃんの顔ヲタの意見でした。

No title

>>tanbi様
その通りだと思います。確かにこの番組、芸人をスベらせようという悪意のようなものを感じますし、それを「オイシイ」という芸人もいるでしょう。まあ、個人的にはスベリ芸も嫌いなんですけどね。なんか前もって保険をかけてるような気がして、セコいと感じてしまうのです。
いずれにせよ、おっしゃるとおり、鳥居みゆきは純粋にネタだけできればいい、というタイプです。つまり「虚構」に生きる芸人であるわけで、プライベートとか「素」などという「現実」はお呼びじゃないんですよね。めちゃイケのような番組はどういう番組かはもうわかっているわけですから、ブッキング時点で可能なかぎりその手の番組は落とすべきかも知れませんね。

>>2の住人様
確かにこれは彼女の「芸風」です。芸風というのはすなわちその人のポリシーですよね。そして、ポリシーと「設定」とは違います。「芸風」と「設定」とを混同していませんか?
ちなみに、私は鳥居みゆきのことを「かわいそう」だとは思ってませんし、それにすでに書いたとおり、鳥居みゆきだからどうこうというレベルの話ではありません。また、どういう風に笑って欲しいか、というのも、芸人によって違うと思います。今回のようなイジられ方を「オイシイ」と思い喜ぶ芸人もいるでしょうが、みんながそういうわけではないし、また、みんなが「オイシイ」と思わなければいけないなんてこともないと思うのです。
プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。