スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

ようやく「R-1ぐらんぷり2009」を見ました

ようやく「R-1ぐらんぷり2009」のフル映像を入手したので、最初から通して全部見ました。以下、順番に擬似リアルタイムの感じで感想を書いていきます。

夙川アトム
ずきあかのチャンネー。うーん、やっぱり笑えなかったなあ。こういう「異言」は、普通の言葉と対比させて使わないと単調になってしまうんですよね。しかし堺正章、ドンバ(=バンドマン=ミュージシャン)出身者だから懐かしいのはわかりますが、その点数はないと思う(猛爆)。

・、岸学
ジャック・バウアーの「突撃!隣の晩ごはん」。正直、時間を持たせることができてなかったような気が。サバイバルステージの時のネタはもうちょっと面白かったのですが…。しかしマチャアキ、その点数は(ry

バカリズム
地理の先生。大爆笑。これは凄い。どこからこんな発想が出てくるんでしょうか。しかも後半になると、発想がさらにたたみかけるように過激になっていくし。これは彼のフリップ芸の名作「トツギーノ」を超えたかも知れません。もちろん、ネタだけでなく演技も素晴らしい。高得点も納得です。しかし清水ミチコの100点はやりすぎでは…(苦笑)。いや、面白かったのは確かなのでいいんですけど。

ここで堺正章、得点付けを失敗したことを白状。おいおいおいおい。

エハラマサヒロ
キャラ的にはあべこうじと若干かぶってるような気が(笑)。歌も楽器もうまく、わかりやすく楽しいステージですが、頭ひとつ抜け出るほどではないかなあ。…と思ったら、え、バカリズムよりも得点が上?っつーか当人がいちばん驚いてるような気がするんですが…。

・サイクロンZ
音楽+ダンスによる動きネタ。パントマイムに近い感じですね。動きのキレがよく、選曲もなかなかで最初は「おっ」と思いましたが、同じ形式の繰り返しなので4曲目あたりからは先が読めてしまったというか。でも悪くはないです。

鳥居みゆき
予想どおりネタは「こっくりさん」。いつもよりかなりテンポが遅いかな?ひとつひとつの言葉や動作をはっきり出すことを強く意識しているように見えます。説明的なフレーズや動作もあちこちに付け加えられているあたり、ゴールデンアワーの視聴者と審査員に絶対に自分の表現を伝えるぞ、という強い意志を感じました。小ネタもけっこう変えてきてますね。ジェンキンスはしっかり残ってましたけど(笑)。最後、暗転する瞬間の刻々と変わっていく表情が凄かったです。しかし得点は思ったほど伸びず。でも、全体的に見て、僕はよかったと思いました。得点は伸びなかったものの、しっかりと彼女らしさを出してやり切ったと思います。「まさこ」しか知らない人たちにとっては充分に衝撃的だったのではないでしょうか。それだけでも決勝に出た意味はあったと思います。
審査員の江川達也のコメントも、けっこう核心を突いていたと思います。構成がものすごくしっかりしていることもちゃんと指摘していたし、ギャグが力技で云々というのも、彼女の芸が圧倒的な力でその場をまるごと自分の世界に引きずり込むものであることを考えると、ある意味その通りだと思いますし。キャラ発言はちょっとヒヤッとしましたが(苦笑)、鳥居みゆき、すかさずうまく返して笑いに持って行ってましたね。っつーか、その江川達也とのやりとりを含むネタ後のトークが面白すぎるんですが(笑)。

・鬼頭真也
本の紹介。彼のピン芸は初めて見ましたが、これ、本好きには辛抱たまらんネタですね(笑)。逆に言うと、紹介される本の内容を知らない人には面白さがさっぱりわからないかも。その意味ではけっこう見る人を選ぶかも知れません。滑舌と発声がものすごく綺麗なのは本職が役者だからでしょうか。

COWCOW山田與志
テニスの得点係。大爆笑。バカリズムのネタも凄かったけど、これも凄かった。奇しくも同じフリップ芸ですが、方向性は違っていてこちらもすごく面白かったです。フリップの使い方の可能性を極限まで拡げた感がありますね。「間」も素晴らしい。…え、これでもエハラマサヒロより得点が低いの?なんでなーん(←違

あべこうじ
いつものようにマイク1本の漫談。昨年はすべってましたが(ネタ終わった瞬間に悔しそうな顔してましたね)、今年は面白かったです。聞いた覚えのあるネタなのですが、「R-1リターンズ2008」でやったものだったかな?なんだかんだ言ってやっぱり華がありますね。ああ、でもまたもエハラマサヒロには届かず。

中山功太
時報ネタ。「R-1リターンズ2008」でやったものですね。基本的にはあるある系一言ネタですが、時報の音が聞き手の緊張感を高める役割を果たし、皮肉な一言で鋭く落とす。それを繰り返すことで独特のグルーヴを生み出していたように思います。最後の締めの一言は笑いつつもゾッとしました。なかなか良かったです。…あっ、エハラマサヒロの得点を超えたぞ。それなのに本人が最初気づいてない(笑)。

…というわけで、いやあ、がっつり見ました。バカリズムとCOWCOW山田與志は残念だったなあ。この2人のいずれかが優勝してもおかしくなかったと思います。あと、残酷ですが、ストレートに決勝に上がった芸人と敗者復活で上がってきた芸人との力の差がはっきり出たようにも思います。

なお、先ほどさる筋から風の噂に聞いたのですが、鳥居みゆきは今回、決勝進出者に選ばれるとはまったく思っていなかったとのこと。そして決勝戦では、緊張はしたけど本当に楽しかったらしいです。なんだかほっとしました。



関連記事
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

tag : 鳥居みゆき お笑い 芸人 R-1ぐらんぷり

comment

Secret

ご本人が。

楽しかったのなら、それで満足です。
また、ちょっと泣けてきた。

私、鳥居さんと同い年なんですけど、
見てるとなんだか、お母さんみたいな気分になるんですよね…。

なんでなんで~なんでな~ん?

>緊張はしたけど本当に楽しかった

なんか安心しました(^。^;)
よかったよかった(;_;)

No title

ろまにぃさんと同じく、ネタを楽しみつつも
母の様にハラハラしてました。
「よっしゃ、ジェンキンス入った!!」とか
「吉田に向かってよーし!!」、
挙げ句の果てに終わって「やりきったーー!!」
と画面に向かって叫んでいた私(恥)。
ほんと、ご本人が楽しんでくれてたなら点数なんて見なくていいです。

No title

読みやすいレビューでした。これからも評論しちゃってください。楽しみにしてます。

No title

ぶるさんこんにちは

風の噂情報有難うございます!
鳥居さんは楽しかったんですね☆


なんだかほっとしました。
ありがとうございます!!

No title

予選の頃から言ってますが、本人は今回のR-1で勝ち負けや点数よりも、鳥居さんの事をマサコでしか知らない人達にも自分のコント芸を見せられることに喜びを感じていたのでしょうね。
もちろん彼女の場合、ネタに関していろんな制約があったとは思いますが、それでもマサコ以外の芸をやり続けてゴールデンタイムの決勝という舞台に立てたことのほうが大きいのでしょう。
いつもより緊張してたようにも見えましたけど、大きな失敗もなくなんだかホッとしちゃいました。
ネタの後のトークではダントツ1位でしょう。
エンディングでショックが隠せないバカリズムやあべこうじ等とは対照的に、楽しそうにピョンピョンしてる鳥居さんが面白かったです。

No title

>>ろまにぃ様
確かに、鳥居さんを見ているとなぜか保護者目線になってしまうところがあります(笑)。
終わったあとの楽屋裏の写真が出演者のブログに出てましたけど、実際、鳥居さんいい顔してましたよね。

>>毛虫様
ほんと、僕もなぜかほっとしましたよ。

>>たまなか様
わはははははははは。まるでその光景が目に見えるようです(笑)。
いやもう、ほんと得点とか順位とかどうでもいいですよね。鳥居さんが「いや、見なくていいです」と言ってたのはけっこう本音だったのでは。

>>AGAの費用とか治療のブログ様
お読みくださりありがとうございます。あんまり「評論」しているつもりはないんですけど(笑)、職業病でついつい評論しちゃってることも多いです。今後ともよろしくお願いします。

>>にゃお様
どういたしまして。ほんと、僕もほっとしましたよ。

>>coolhandluke様
まあ、そもそも勝ち負けとか決勝進出とかそういうことを本当に狙っていたのなら、予選で「死刑執行人」とか「水子供養」はやらないと思います(笑)。
出演者のブログに出ている、終わったあとの表情も良かったですよね。
プロフィール

ぶる

Author:ぶる
大学時代にアメリカのど田舎に留学し、ジャズを中心にあらゆる音楽を聴き、酒と煙草と本と香水とNYと南フロリダとブルックス・ブラザーズと前のめりなお笑いを愛し(ただし最近ちょっと酒のほうは弱くなってきたかも)ある時は会社員、ある時はドラマー、ある時は音楽評論家、ある時は翻訳家といろいろな顔を持つ♂です。

太古の昔、パソコン通信の時代から「ぶる」というHNで活動しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のキーワード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
iTunes Weekly Chart
おすすめ楽器
BOSEオンラインストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
リンク
ブログリンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 お笑いブログへ 人気ブログランキング
スポンサーリンク
アニメイトオンラインショップ

シマンテックストア

マカフィー・ストア

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC スカイ・クロラコラボパソコン

デル株式会社

 iTunes Music Store(Japan)

Sony Music Shop

HMVジャパン







パイオニアオンライン

お役立ちリンク
おことわり
当サイトの動画は、YouTubeなどの動画共有サイトから定められた方法で転載したものです。 動画に対するお問い合わせは、各サイトへ直接お願いいたします。
ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
当ブログオーナーの執筆・翻訳書
おすすめコーヒー豆
Yahoo!オークション
おすすめ書籍
おすすめBD/DVD
おすすめアニメ
おすすめゲーム
おすすめ音楽
おすすめ食料品
おすすめコスメティック
おすすめファッション
MoMA store
MoMAオンラインストアジャパン
ブログ内検索
RSSフィード
Add to Google/ My Yahoo!
Add to Google
My Yahoo!に追加
By FC2ブログ
無料blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。